ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 芸能人の家族


    後藤 久美子(ごとう くみこ、1974年3月26日 - )は、日本モデル、タレント、女優。愛称はゴクミ。東京都杉並区出身。スイス・ジュネーブ在住。オスカープロモーション所属。 くま幼稚園、区立大宮小学校、区立大宮中学校、多摩大学附属聖ヶ丘高等学校卒業。小学校5年生
    24キロバイト (3,063 語) - 2019年10月16日 (水) 14:21



    (出典 news.nifty.com)


    どっちかと言うとアレジだね。

    1 牛丼 ★ :2019/10/27(日) 21:47:03.01 ID:L83d4PIQ9.net

      後藤久美子の娘・エレナの“姿”に衝撃の声「スナックの外国人ママww」

     元F1レーサーのジャン・アレジと女優・後藤久美子の長女でモデルのエレナアレジ後藤が10月24日、都内で行われた『harper by Harper's BAZAAR × CR Japan』1周年記念パーティーに登場した。

     エレナは膝上20センチはあろうかという超ミニの黒ワンピース姿を披露し、会場を沸かせたが、残念ながら反響のほとんどが、美しさよりも“圧倒的な存在感”だと話題になっている。

    《エレナってゴクミの娘だよね。むしろ、親に見えるんだけどw》
    《ん、ゴクミの娘じゃなくて叔母さんだよね?》
    《ほとんど叶姉妹と言ってもいい。ハーフは劣化早過ぎ》
    《これはヒドいわ。スナックの外国人ママだろww》
    《オバケかな。よく人前に出られるわ》
    《ペタジーニの奥さんかな》

     など、ネット上では、とても22歳とは思えない立派な“貫禄”に驚きの声が上がった。

     「親の七光で日本の芸能界に入ったエレナですが、身長は156センチと低く、寸胴なスタイルから、モデルの適性など端からありませんでした。加えて、演技も未経験だったことから、ゴクミの“親バカ”ぶりを非難する声が上がっていましたね。本人は演技の勉強をして女優になりたいと考えているようですが、ハーフタレントの宿命か、すでに初々しさのカケラもなく、完全なオバサン顔になっているため、役どころも難しいでしょう」(芸能記者)

     パーティーには木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,も参加していたが、こちらは真っ赤なドレス姿で登場し、会場からは「完全に服に着せられている」と、いつものように辛らつな意見が漏れていた。

     「普段ならKōki,もたたかれていたでしょうが、今回は同じ2世タレントのエレナがあまりにヒドかったため、矢面に立たずに済んだようです。会場には他に、安藤美姫や剛力彩芽、美保純、平子理沙、森星らが登場しましたが、モデルの森以外は完全に寄せ集めのメンバーにしか見えず、ミーハーな芸能ファンの盛り上がりとは裏腹に、すっかり冷めた様子の観客も見受けられました」(同・記者)

     エレナにしろKōki,にしろ、ゴリ押し2世タレントに辟易している人たちの声は、まだまだ本人たちには届きそうにないようだ。

    https://wjn.jp/sp/article/detail/8387352/


    (出典 paragon-style.com)


    【【後藤久美子の娘】エレナの“姿”に衝撃の声「スナックの外国人ママww」】の続きを読む


    NHKでNFLなどの解説を務める輿亮はフロンティアーズの副部長である。 なお、チアリーディングチーム『フロンティアレッツ』のメンバーには、俳優の土屋太鳳・土屋神葉姉弟の姉で2015年度に富士通に入社した土屋炎伽(つちや ほのか)がいる。 2018年4月21日更新。 2018年4月21日更新。 川崎フロンターレ ^ チーム概要
    14キロバイト (528 語) - 2019年6月16日 (日) 17:46



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    新しいミスコンなんですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/11(水) 20:35:05.57 ID:GYNGD3kY9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    女優・土屋太鳳(24)の姉で会社員の土屋炎伽(つちや・ほのか/26)さんが11日、
    都内で行われた『2019ミス・ジャパン 日本大会』の最終選考会に出場。6月に行われた東京大会でグランプリを獲得し東京代表として本戦に参加。見事、初代グランプリに輝いた。

    『ミス・ジャパン』は、国内のミスコンテストの決定版として、今年から新しく開催する年間のページェント。ファイナリストは、9月3日から1週間の合宿を経て、きょう11日の日本大会に出場した。
    グランプリには賞金1000万円が贈られ、1年間にわたり公式イベントやチャリティー活動に参加する。今年は地方大会を勝ち上がったファイナリスト41人が出場した。

    土屋さんは1stセッションでは、和を基調とした模様の入った衣装で登場。客席に向かって満面の笑みを見せた。1stセッションを通過すると、
    黒をベースとした水着で、同時開催されている『ミスター・ジャパン』の候補者と堂々とウォーキングした。

    最後の質疑応答では、日本が世界に誇れる部分を聞かれ「技術」と回答した土屋さん。
    続けて「日本は国土が小さく、資源も少ない中で、様々な工夫が施され、優れた技術者のみなさまがいらっしゃいます。これを世界に広めていきたいです」と答えていた。

    審査は、1stセッションでカジュアルウェアを着てウォーキング。
    そこでTOP16が決まり、2ndセッションの水着ウォーキングでTOP5が決定。その後、ドレス審査と質疑応答を経て、初代王者が決まった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17067775/
    2019年9月11日 20時23分 オリコン


    (出典 asobigokoro.mokichang.com)



    (出典 news.matomemato.me)


    【【土屋太鳳の姉・炎伽さん】『ミス・ジャパン』の初代グランプリに】の続きを読む

    このページのトップヘ