ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > プロレスラー


    風間 ルミ(かざま ルミ、本名:斉藤 ルミエ〈さいとう ルミエ〉、1965年11月28日 - 2021年9月21日)は、日本の元女子プロレスラー、元女子シュートボクサー、タレント。東京都台東区出身。 高校生でキックボクサープロデビューを果たし、1985年、シュートボクシング(SB)のシーザー武志会長
    9キロバイト (1,011 語) - 2021年9月22日 (水) 06:02



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    ご冥福をお祈りいたします。

    1 記憶たどり。 ★ :2021/09/22(水) 12:40:13.10

    https://news.yahoo.co.jp/articles/99a34aa5d622407f212ed8de4ae614d0c2744bc7

    ジャパン女子プロレス、LLPWなどで活躍した元女子プロレスラーの風間ルミさん
    (本名斉藤ルミエ)が死去したことが22日までに分かった。55歳だった。死因は不明。

    風間さんは1982年にキックボクサーとしてデビュー。シュートボクシングを経て、
    86年にジャパン女子プロレスに入団した。活躍はリングだけにとどまらず、歌手としてもデビューした。

    92年にはLLPWを旗揚げし、社長兼レスラーとして団体をけん引。
    2002年に引退を表明し、03年8月に格闘生活21年、レスラー生活17年のピリオドを打った。

    引退後は芸能活動を再開すると同時に、飲食店の経営や、講演活動、コーチ業などを行っていたという。
    昨年11月には自身のユーチューブチャンネルを開設し、工藤めぐみらとの対談模様や近況報告をアップしていた。

    だが風間さんのツイッターには8月30日に「久々にジワジワきている子宮内膜症の痛み。
    この痛みのため、全く何も手をつけられません」と投稿され、翌31日には「痛みは薬でおさまっているけど、
    今回はかなりの月経過多で貧血。買い物に行こうとしたんだけど、クラクラして動けない」
    と体調不良だったことを明かしていた。

    亡くなった風間ルミさん

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    9月5日にピザを食べた話を投稿後は更新されていなかった。


    (出典 www.netoff.co.jp)


    【【訃報】元女子プロレスラーの風間ルミさん死去。享年55。8月末に“持病”ツイート】の続きを読む


    木村 (きむら はな、1997年〈平成9年〉9月3日 - 2020年〈令和2年〉5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダムに所属し、芸能活動においてはWALKに所属した。母は元女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年
    31キロバイト (4,317 語) - 2020年7月2日 (木) 14:03



    (出典 www.newsweekjapan.jp)



    1 Time Traveler ★ :2020/07/04(土) 20:56:58.59 ID:Y30bzudp9.net

     フジテレビの人気リアリティー番組「テラスハウス」に出演し、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷の末に22歳で亡くなった女子プロレス選手の木村花さんの母響子さん(43)が4日、取材に応じた。時折涙もにじませながら、花さんが急*る直前に「(相手を)ビンタしろとスタッフからあおられた」と語っていたことや、SNSに誹謗中傷を書き込んだ人たちへの思いを語った。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

     花さんは、響子さんが20歳の時に出産。花という名は、「呼びやすく、みんなにかわいがられそう」と名付けた。生後3カ月ごろからシングルマザーとなり、女手一つで育ててきた。幼少の頃から、響子さんの友人たちが集まった場では、人の輪の真ん中で踊り出す子だった。「にぎやかな性格で、みんなにかわいがってもらいました」

     インドネシア人を父に持つ。小学校に入ると、「インドネシアに帰れ」といじめられた。学校から泣いて帰ってくることもあったが、不登校にはならず、通学しつづけた。中学校、高校では、ダンスやモデル、アイドル活動に興味を持った。響子さんは、花さんが「やりたい」と言うことは全力で応援した。自身も女子プロレス選手だった響子さん。「15年間の現役生活、欠場せずに頑張って試合してきたのは、花のために頑張りたいという気合が原動力でした」

     花さんがプロレスに興味を持ち始めたのは、高校生のころ。アクション女優になりたいという思いから、次第に夢はプロレスラーへ。18歳でデビューした。「すごく向いていると思ったし、一生懸命打ち込める居場所ができて良かったなと、安心しました」

     昨秋からのテラスハウスへの出演は、「女子プロレスを広めたい」という思いからだったという。「『テラハを見て、初めて女子プロを見に来ました、というお客さんがいた』とうれしそうに話していました」

     だが、昨年末には家族にも「やめたい」と漏らすようになった。試合もある日常の中で、夜遅くまでの撮影はスケジュールに無理があったことに加え、ネット上の誹謗中傷も気…

    この記事は有料記事です。
    残り1806文字(全文2656文字)

    https://mainichi.jp/articles/20200704/k00/00m/040/162000c


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【木村花】死の直前に『テラスハウス』スタッフから「相手をビンタしろ」と煽られたことを明かしていた】の続きを読む


    木村 (きむら はな、1997年〈平成9年〉9月3日 - 2020年〈令和2年〉5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダム所属、芸能活動においてはWALK所属。母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年
    26キロバイト (3,480 語) - 2020年5月27日 (水) 22:53



    (出典 erimakee.com)


    契約を解除した理由を開示して欲しいですね。契約解除しているから関係ないと、冷たい世の中ですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/28(Thu) 06:04:57 ID:Z9Km0oxH9.net

     27日に打ち切りが発表された恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の出演者で、23日に死去した女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さん(享年22)とマネジメント契約をしていた芸能事務所「WALK」は27日、公式サイトで木村さんとのマネジメント契約を3月末で終えていたことを明らかにした。

     同社は公式サイトで「木村花さんに関するご報告」として、「弊社がマネジメント業務を受託しておりました故木村花さんについては、ご本人のお申し出により、本年3月末日をもって、弊社との間の契約を合意により解消しております。したがって、木村さんのご事情については、弊社としてコメントを差し控えさせていただきますこと、何卒ご理解賜りたく存じます」と報告した。

     木村さんは昨年9月から「テラスハウス」に出演。3月31日にNetflixで配信された番組内の行動をめぐり、インターネットで激しい誹謗(ひぼう)中傷を受けていた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/27/kiji/20200527s00041000332000c.html

    ★1が立った日時:2020/05/27(水) 23:02:53.89

    前スレ
    木村花さん、3月末に芸能事務所とマネジメント契約を解消していた [Time Traveler★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590588173/


    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【【木村花さん】3月末に芸能事務所とマネジメント契約を解消していた★2 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む


    髙田 延彦(たかだ のぶひこ、1962年4月12日 - )は日本の男性元プロレスラー、総合格闘家、タレント、実業家。本名及び旧リングネームは髙田 伸彦(たかだ のぶひこ)。神奈川県横浜市泉区(旧:戸塚区)出身。血液型はA型[要出典]。 レスリングと格闘技の道場「高田
    33キロバイト (3,942 語) - 2020年4月20日 (月) 12:02



    (出典 i.daily.jp)


    高田さんに1票、でも、怒りは、不甲斐ない政府に向けましょう。

    1 jinjin ★ :2020/05/05(火) 19:03:07 ID:643oeLi19.net

    高田延彦が中傷リプに怒
    「権力者がやってる事に納得出来なきゃ批判するのは当たり前」


    元格闘家でタレントの高田延彦が5日、ツイッターに新規投稿。コロナ禍における政府の対応を批判した投稿に対して、
    政権擁護的な立場の人から中傷的なリプを受けている状況に「時の権力者がやってる事に納得出来なきゃ批判するのは当たり前」と反発した。


    高田は「人の思想を右だ左だ勝手に決めんな!昔から俺には特定支持政党は無し!選挙投票には必ず行ってるがその都度決めて投票してる」とした上で、
    「時の権力者がやってる事に納得出来なきゃ批判するのは当たり前、これは国民に与えられた権利よ」と訴えた。

    今回の投稿には「国民どうしで叩きあって分断しあっても権力側にとって都合がいいだけ」
    「有名人が政治的な発言をしないのは日本特有です」「ネトサポも富裕層や上級国民じゃないんでしょ?」等の反響があった。


    高田は4日の投稿で、雇用調整助成金の支払いが目詰まりになっている状況を受けて「10を超える提出書類の多さ、内容の複雑さで心が折れてしまい諦める人もいる。
    まさかソコ狙いじゃないよな!もちろん詐欺犯罪防止はわかるが、すべてにおいて優しさの欠片すら感じないリーダーだ」と指摘している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00000105-dal-ent


    (出典 news.mynavi.jp)


    【【高田延彦】中傷リプに怒「人の思想を右だ左だ勝手に決めんな! 権力者がやってる事に納得出来なきゃ批判するのは当たり前」】の続きを読む


    ザ・デストロイヤーさん死去 | 2019/3/8(金) 7:42 - Yahoo!ニュース
    力道山やジャイアント馬場のライバルとして知られる伝説の覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤー(本名リチャード・ベイヤー)さんが7日(日本時間8日)、亡くなった。享年88歳 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    デストロイヤー 破壊する者。破壊者。 ザ・デストロイヤー -元プロレスラー。 英語で駆逐艦のこと。 デストロイア - ゴジラシリーズに登場する怪獣。 デストロイヤー (小説) - ウォーレン・マーフィーとリチャード・サピア合作によるアクション小説シリーズ。 デストロイヤー (釣り竿) -
    1キロバイト (140 語) - 2018年12月12日 (水) 06:52



    (出典 teamfullswing.ocnk.net)


    ご冥福をお祈りします。

    1 シャチ ★ :2019/03/08(金) 15:49:04.22 ID:kt+09smS9.net

    3/8(金) 12:15配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000049-dal-ent

     日本でプロレスブームを巻き起こした立役者でもある覆面レスラーのザ・デストロイヤー(本名・リチャード・ベイヤー)さんが7日(日本時間8日)に亡くなったことが分かった。
    88歳。息子でプロレスラーのカート・ベイヤー氏が自身のフェイスブックで明かした。1973年から79年まで放送された日本テレビ系「金曜10時!うわさのチャンネル!!」で
    長らく共演した歌手の和田アキ子は「デスは『うわさのチャンネル』で一緒にがんばった同志みたいな存在です」と偲んだ。

     和田は所属事務所を通じコメントを発表。「悪役レスラーだったのに、そのキュートなキャラクターでお茶の間の人気者になり、
    一時代を築いたことは本当にすごいと思います」と振り返り、「ご自宅に何度もお呼ばれして、家族ぐるみのお付き合いをさせていただきました」と悲しんだ。

     和田がデビュー40周年を記念して米・ニューヨークのアポロシアターでライブを行った際も「普通にチケットを買ってきてくれていて、
    アンコールでお花を持ってステージ近くに駆けつけてくれた時はビックリしました。本当にうれしかったです」とデストロイヤーさんの温かい人柄も紹介。
    最後に会ったのは2年半前の雑誌の対談だったといい「昔話に花が咲いて、とっても楽しい対談でした」と懐かしんでいた。

     和田とデストロイヤーさんは「金曜10時!うわさのチャンネル!!」で共演。せんだみつおも交えた掛け合いが話題となり、人気番組に発展した。
    デストロイヤーさんがゲストに4の字固めをかけ、悶絶させるシーンも話題となった。


    (出典 art17.photozou.jp)


    【【デストロイヤー】和田アキ子「デスは同志みたいな存在」 デストロイヤーさん死去に悲しみ】の続きを読む

    このページのトップヘ