ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 元芸能人


    渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年〈平成6年〉3月26日 - )は、日本の元女優、元歌手である。女性アイドルグループAKB48の元メンバーで、愛称はまゆゆ。埼玉県出身。プロダクション尾木(業務提携:Mama&Son)に所属していた。身長156 cm。血液型はAB型。
    190キロバイト (26,650 語) - 2020年8月16日 (日) 19:19



    (出典 i.pinimg.com)


    接触しているのかしていないかもハッキリしませんのであしからず。また、復帰して欲しいと思います。

    1 47の素敵な(ジパング) (9段) :2020/08/23(日) 03:08:43 .net

    元AKB・渡辺麻友“誰も知らない辞めた理由”を回想本で公開!? - まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/129069

    今、一部の出版社が、芸能界を引退した元『AKB48』の渡辺麻友さんに接触を図っているという。
    去る6月1日、渡辺さんの所属事務所が突然、彼女の芸能界引退を発表。その背景はいまだナゾとされている。

    「所属事務所とは話し合いを重ねたようですが、引退を回避する方法はなかったというのです。
    彼女は辞めることしか考えがなく、それがただ1つの選択だったそうです。引退ありきの話だったようです」(芸能ライター)

    渡辺さんは昨年9月まで、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にも出演。その演技力は高く評価された。
    しかし、放送終了後、完全な休業状態。全く仕事に関する情報を発信しなかったことから、ファンも「おかしい」と騒ぎ出した経緯がある。

    「渡辺さんはほとんどSNSをやりませんでした。5月31日に引退のあいさつをツイッターに書いたのが最後の仕事だったのでしょう。
    CMなども今年3月ですべて終了。事務所としては引き留めるスベもなかったとみられます」(同・ライター)

    所属事務所は「健康上の理由」ということをコメントし、具体的な話も発表することはなかった。

    「渡辺さんはAKB時代からスキャンダルもなく、正統派アイドルを貫いた。本人の辞める気持ちが固いために、その意志を尊重したのだと思います。
    ただ、渡辺さんには辞める前から健康不安が伝わっていて、それを事務所も考慮したのでは」(アイドル雑誌編集者)

    渡辺さんは精神的に病んでいたという一部週刊誌報道も出ていた。

    「ストイックな性格で内にこもるタイプ。現場でも思い詰めたような表情で、1人黙っていることもママありましたね」(同・編集者)

    この渡辺さんに今、一部出版社が急接近。書籍の出版を試みているという。

    「渡辺さんは何のメッセージも出さずに辞めたので、回想本の企画を打診しているようです。
    交渉は難航しているみたいですが、でも、なぜ辞めたのかの本音の部分は聞きたいですね。確率は五分五分だと聞きます」(芸能書籍編集者)

    本当に最後ならば、ぜひとも何か語ってほしいものだ。 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured


    (出典 data.smart-flash.jp)


    【【元AKB・渡辺麻友】“誰も知らない辞めた理由”を回想本で公開!?  一部の出版社が、芸能界を引退した渡辺麻友さんに接触中】の続きを読む


    尾形春水(おがた はるな、1999年2月15日 - )は、日本のYouTuber、元歌手、元アイドルであり、元モーニング娘。の12期メンバーである。愛称ははーちん。イメージカラーはシーブルー。 大阪府出身。血液型A型。身長160cm。元アップフロントプロモーション所属。
    18キロバイト (2,030 語) - 2020年7月24日 (金) 00:34



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    アイドルってひねくれてるね。

    1 征夷大将軍 ★ :2020/08/09(日) 10:59:11 ID:CAP_USER9.net

    元モーニング娘。の12期メンバーだった尾形春水さん。卒業後、YouTubeチャンネル「Haruna Ogata」に投稿した、アイドル時代の過激なダイエット経験を語る動画が話題に。一時は35キロまで痩せてしまい、リバウンドして60キロとなった経験を自身の失敗談として明かしていた。激しいダイエットに至った経緯や、プロ意識があるからこそ生まれるアイドルとしての葛藤を語ってもらった。

    ■「私を太らせるためやん!」過激ダイエットで疑心暗鬼になったアイドル時代
    ――尾形さんが実践したダイエットは「炭水化物は毒」「食べる量は紙コップ1個分」などという極端なものでしたが、ご自身で改めて振り返ってみて、どう思いますか。
    【尾形】すごく危険やったなあと思います。体重も半減して。それだけ必死にアイドルをやっていたんだとも思うけど…。メンバーやスタッフさんなど、いろんな人が心配して助けようとしてくれて、ご飯に誘ってくれたのに、「私を太らせるためやん!」と思っちゃって、全部断っていました。私はグループの中でとにかく何かの1位になりたくて、細さで1位になろうと思っていたのに、他の人に1位をとられたら困るじゃないですか。メンバーは結局、ライバルやから、メンバーの言葉は全く刺さらなくて。

    ■ファンや家族を心配させないために…手作りご飯や甘いモノを”食べたアピール”していた
    ――お母さんが来たときは、手作りのご飯や甘いモノも食べていたと動画で語っていらっしゃいました。それは、心配させないようにという思いからだった?
    【尾形】お母さんに対してだけじゃなく、ファンの方たちにむけても、ブログで「食べてます」アピールをしていたんですよ。「食べてるけど、痩せちゃう」みたいな、かよわい女の子になりたかったのかな(笑)。差し入れでいただいた物を、写真だけ撮ってブログにのせて、「美味しそうでした」なんて不思議なコメントつけて、「ほんまに食べてんのかなあ」とファンの人を困惑させたこともありました(苦笑)。生理が止まって、お母さんに「食べてないのにこんなに痩せるんやったら、なんかの病気ちゃうか」と血液検査に連れていかれたこともありましたが、結果は全然問題なくて。
    ――親御さんはどうおっしゃっていますか。
    【尾形】親は私が高校1年生で上京したときに、「自分のもとからいなくなっちゃった」と言っていたんですよ。だから、卒業した日に「おかえり。私たちのもとに戻ってきてくれたね」と言われたのが印象的で。へたに口出しすることもできんし、アイドルのこともわからへんし、親は心配だと感じてはいても、何も言えなかったんじゃないかと思います。
    ――ファンに言われて一番うれしかった言葉、一番嫌だった言葉はそれぞれ何ですか。
    【尾形】パフォーマンスを褒められることがあまりなかったから、嬉しかったのは、パフォーマンスを見てくれての言葉ですね。逆に嫌だったのは、「健康的になったね」とか。私にはそれが「太ったね」という言葉に聞こえて、「自分が一番わかってるから!」と思いました。また、少しリバウンドしてから「今くらいの体型がちょうど良いよ」とも言われたけど、自分では細い状態に満足していたから、そう言われると「違うのになあ」と思っていました。
    ――動画では「太っているときも痩せているときも、極端なときには人の言葉が信じられなかった」とおっしゃっていましたが、なぜそういった思考回路になったのだと思いますか。
    【尾形】極端なときは、のめり込み過ぎている状態だから、今さら人に何か言われても変えられない状態になっていたんだと思います。ちょうど新メンバーが入った時期で、“推し変”(自分が推すメンバーを変えること)した人が結構多かった時期とも重なるんですよね。
    ――“推し変”ってどこでわかるんですか。
    【尾形】握手会で自分の列に並んでいた人が別の子の列に行ったとかもありますし、コンサートだとTシャツやキンブレ(キングブレード。ペンライト)の色でもわかりますし。それと、私の場合はめちゃめちゃエゴサしてたから、Twitterのプロフィール欄に推し歴で「はーちん(尾形の愛称)→〇〇」みたいに書いてあるのを見ると、新メンバーが入ったタイミングで、私自身が太って自信を持ってステージに立てていなかった時期と重なっていて、「あ、あの時期や」とわかっちゃうんですよね(苦笑)。違う子のところにいっちゃったんだって…。

    紀伊民報2020.8.9(文字数制限のため一部抜粋)
     https://www.agara.co.jp/article/74921

    h
    (出典 resize.blogsys.jp)


    【【尾形春水】アイドルのダイエット、体重半減した自分には「周囲の言葉は刺さらなかった」】の続きを読む


    島田 晴香(しまだ はるか、1992年12月16日 - )は、日本の元アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKの元メンバーである。同チームでは副キャプテンを務めた。静岡県熱海市出身。元フレイヴ エンターテインメント所属。 2009年 9月20日、AKB48 第六回研究生(9期生)オーディションに合格。
    27キロバイト (3,038 語) - 2020年7月23日 (木) 10:41



    (出典 pbs.twimg.com)


    お久しぶりです。

    【【島田晴香】 花火キャスターで芸能界復帰w】の続きを読む


    小川 満鈴(おがわ みな、1993年3月3日 - )は、日本の元子役、元ジュニアアイドル、元タレント、著作家。東京都出身で、血液型はAB型。 赤ん坊の頃から5歳頃まで子役やキッズモデルをしていたが、両親の離婚を機に一度引退。9歳の時にスカウトされ10歳でジュニアモデルとして芸能界に復帰する。
    12キロバイト (1,072 語) - 2020年7月29日 (水) 00:41



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    芸能って言葉の意味からして労働者ではない。

    1 ヨーロッパオオヤマネコ(東京都) [US] :2020/07/31(金) 08:54:48 BE:437895487-2BP ID:xzusMuvR0●.net

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ある弁護士の方が、どのアイドル事務所も*すぎる、というパワーワードを使ってお名前や本を売ろうとしていますが、
    これ、正直経験者から言いますと「わかってないな」の一言です。

    考えていただきたいのですが、「どこの事務所も*すぎる」ということは、言い換えれば、それが普通の業界だということなんです。
    それを一般の会社とか社会理念と比べようとするから違和感が出てしまう。
    そもそも比べるものじゃないんですよ……。

    https://ameblo.jp/ogawamina/entry-12614424834.html


    (出典 koneko2222.up.seesaa.net)


    【【小川満鈴】「芸能事務所は全てブラック企業。どんな世界にもルールがあるのは当たり前」】の続きを読む


    渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年〈平成6年〉3月26日 - )は、日本の元女優、元歌手である。女性アイドルグループAKB48の元メンバーで、愛称はまゆゆ。埼玉県出身。プロダクション尾木(業務提携:Mama&Son)に所属していた。身長156 cm。血液型はAB型。
    189キロバイト (26,531 語) - 2020年7月13日 (月) 21:45



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    芸能界って怖いんですね。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/07/21(火) 07:45:35 ID:CAP_USER9.net

    コロナ禍のなか、多くの女優が事務所から独立した。SNSが発達した時代だからこそ、個人でも活動できることを示した形だ。
    そんななか、アイドル界で一時代を築いた元AKB48の渡辺麻友さん(26)が一線を退いたことに衝撃が走った。

    渡辺さんは数年にわたって体調が優れないことから、「芸能活動を続けていくことが難しい」と事務所に対して申し入れたという。
    女優としても、NHK朝ドラ「なつぞら」で好演していただけに、残念な結果となってしまった。

    「AKB時代はストイックすぎるほど、正統派のアイドル像を追求していました。ファンに夢を見せるアイドルである以上、ノースキャンダルを貫いた。
    あまりにも完璧なアイドル像を求めるため、アンドロイドやサイボーグと評されたこともあったほど。
    そんな渡辺さんが芸能活動を続けていけないというのだから、相当の深刻な事態だったようです」とアイドル誌編集者。

    「普段の生活から、自分を律していました。グループ内でも食事に行くことはほとんどせず、仕事が終わるとまっすぐ家に帰るというまじめさ。
    スキャンダルを狙おうと、多くの週刊誌がマークしていましたが、結局何も撮ることはできなかったほどです」とも。

    そんな彼女が最終的に芸能界を去ることになったのは、メンタル面で疲弊したことが大きい。

    「急死した女子プロレスラーの木村花さん同様、長年、SNSで誹謗(ひぼう)中傷に苦しんでいました。
    AKBでトップに立ち、ファンを喜ばせた一方、アンチも抱えることになってしまった。

    彼女自身、エゴサーチ(自分自身のことをネット検索すること)をすることが多く、自分への批判を目にして、思い悩んでいたそうです」とスポーツ紙記者。

    さらには、こんな話もあるという。

    「熱狂的なファンによるストーカー行為にも悩んでいたそうです。自宅周辺で、何度も同じファンに遭遇することがあったようで、
    一度は接触されそうになったともいわれています。アンチもそうですが、ファンも逆に熱狂的すぎるとタレントを追い込んでしまうのです。
    ファンとつながってしまうだらしないアイドルも存在しますが、まじめな彼女はそんなことができるわけもなかった」とも。

    芸能界は大切な人材をひとり失ってしまった。
    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/200721/enn2007210001-n1.html


    (出典 news.nifty.com)


    【【渡辺麻友】ネットの誹謗中傷とストーカー行為に悩んでいた日々】の続きを読む

    このページのトップヘ