ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:社会 > 問題


    ば、半年後まで続くような週1回以上のいじめ事例は半分以下で、一般的イメージとは異なり、いじめる生徒・いじめられている生徒は短期間で入れ替わっており、固定的な「いわゆるいじめられっ子(いじめられやすい子供)」や「いじめっ子(いじめやすい子供)」も存在しないとさ
    111キロバイト (16,222 語) - 2021年11月21日 (日) 10:37



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    周りの人の協力が必要です。

    2 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/25(木) 07:44:08.80

    >>1
    チッ
    愛知県と愛媛県の区別もつかねーの?


    (出典 Youtube)



    (出典 img.sirabee.com)


    【【社会】愛媛県で中学生が同学年の生徒を刺し逮捕 いじめられていた趣旨の供述】の続きを読む


    近年、日本では少子化が大きな社会問題となっているが、その理由のひとつに独身の増加が挙げられる。日本では婚外子を避けようとする傾向が強いので、生涯を通じて独身でいれば、子供を成すことは難しい。そのため少子化が進んでいる。 また、2011年の独身男女意識調査(インテージ)によれば、独身女性の夫婦別姓支持率は7割近くにも達する。そ
    7キロバイト (1,018 語) - 2021年4月15日 (木) 14:00



    (出典 e-venz.com)


    外国人がいるよ。

    1 ボラえもん ★ :2021/08/15(日) 17:09:26.46

    ■未婚化の要因「男余り現象」とは?
    前回の記事未婚化の原因を「イマドキの若者の草食化」のせいにするおじさんへのブーメランで、日本の生涯未婚率(50歳時未婚率)について書いたが、
    未婚化の要因として、別に人口構造上の問題がある。それが、「男余り現象」である。残念ながら、日本には、現在どうがんばっても結婚できない男が340万人もいる。

    未婚男性と未婚女性の人口差分を年齢別にもとめた表を見ていただきたい。

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    15歳から74歳まで、すべて未婚男性人口の方が多いことがわかる。
    75歳以上で男女逆転するが、それは悲しいかな、未婚男性の方が生涯未婚のまま先に寿命が尽きてしまったからである。

    全年齢合計で340万人も未婚男性の方が多い。
    20~50代に限定しても300万人、20~30代でも145万多い(2015年国勢調査)。
    つまり、日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても340万人の未婚男性には相手がいないということになる。
    もっとも、未婚女性の全員が結婚するわけではない。実際にはもっと多くの男性が余るという計算になる。これが、「男余り現象」というものである。

    どうして未婚男性の方が多くなってしまうのだろうか?

    これは、ひとつには、出生時男女比による。
    明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05で、男児の方が多く産まれる。
    1年間5%ずつ男が多く産まれ、それが40~50年継続すれば、それくらいの差分となって表れるわけである。

    しかし、かつての明治以前の時代は、特に、男児の乳児死亡率が高く、結果として成人男女比はほぼ同数に落ち着いていた。
    医療の発達によって男児の乳児死亡率が下がれば、当然「男余り」という状態が発生することになる。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20210814-00252946

    ★1が立った時間:2021/08/15(日) 14:08:25.52
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1629011470/


    (出典 moryosan.net)


    【【社会】結婚したくても、340万人もの独身男性には相手がいない「男余り現象」の残酷】の続きを読む


    東京オリンピック(とうきょうオリンピック) 開催・開催予定 1964年東京オリンピック - 1964年に開催された第18回夏季オリンピック。 東京オリンピック (映画) - 1964年開催の東京オリンピックに関する記録映画。 1964東京オリンピック (テレビ番組) - 1964年開催の東京オリンピックに関するドキュメンタリー番組。
    1キロバイト (151 語) - 2021年2月5日 (金) 09:41



    (出典 www.yomiuri.co.jp)





    だよね。

    1 Egg ★ :2021/05/29(土) 08:45:30.30

    国民の怒りがピークに達している。現在、東京や大阪など9都道府県に緊急事態宣言が出ているが、政府は来月20日まで延長する方針。28日夕方にも正式決定する見込みだが、怒りの矛先は東京五輪に向けられている。

     五輪に関しては、すでに世界中から開催を疑問視する声が飛ぶ。複数の世論調査では国民の約6割が「中止」を求めており、医学界で最も権威ある専門誌の米「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」は東京大会の新型コロナウイルス対策に欠陥を指摘する論文を掲載。それでも国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委、政府らは〝強行開催〟の姿勢を崩さない。

    27日にはIOCのトーマス・バッハ会長(67)が世界のアスリートを対象にしたIOCアスリート委員会主催フォーラムで「自信を持って東京に来てほしい」と相変わらずブレない姿勢だ。

     その一方で、政府は依然として国民には自粛要請。飲食店や映画館は通常営業ができず、小中学校や公立高校では運動会、修学旅行などが中止となっている。前述の〝バッハ発言〟により、SNSでは「学校行事は中止でなぜオリンピックは開催?」「五輪は4年に1回、修学旅行は一生に1回」「アスリートの夢より子供たちの夢を優先させて」との声が噴出。残り2か月を切った開幕に近づくほどに反五輪ムードが加速している。

     日本国民の怒りの声は〝ぼったくり男爵〟に届いているのだろうか。

    東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/680ceaa5061af30a375ad72813c7d005a5063550

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    【【東京五輪】<国民の怒りがピーク!>「学校行事は中止でなぜオリンピックは開催?」「五輪は4年に1回、修学旅行は一生に1回」】の続きを読む


    カシオ計算機株式会社(カシオけいさんき、英: CASIO COMPUTER CO., LTD.)は電卓、電子辞書、電子楽器、時計などを扱う日本の電機メーカー。本社所在地は東京都渋谷区本町1-6-2。東証第1部上場(証券コード6952)。通称カシオ(CASIO)。 「カシオ
    27キロバイト (3,260 語) - 2021年2月2日 (火) 06:38



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    おかしい人が増えましたね。

    1 ばーど ★ :2021/03/24(水) 18:22:01.29

    CASIO社長「パワハラ音声」
    【音声動画】
    (出典 Youtube)


    「レベルが低すぎんだよ、バカじゃねぇの。上期中に*でも終わらせてください。そもそも、あなたのこと信用できないんですよ。いま、みんなの前で信用できる言葉で私を説得してください」

    その音声データには陰湿なパワハラ発言がいくつも収められていた――。

    冒頭の発言をしたのは、大手電機メーカー『カシオ計算機株式会社』社長の樫尾和宏氏(かしおかずひろ)(55)だ。管理職の50代男性社員がこう告発する。

    「その発言があったのは、去年の春に行われた10人以上の執行役員らが参加する社長と人事部の打ち合わせの場でした。問い詰められているのは人事部課長のAさんです。社長に無茶な要求をされ、休日も働きづめで仕上げた資料にケチを付けられている場面です。

    彼が事情を説明しかけると、社長が遮(さえぎ)ってまた攻撃するんですよ。挙げ句の果てには、『ふざけてんじゃないよ。人事部総取っ替えだよ』と、脅すように言い捨てました。2時間以上に及ぶ会議の中で、Aさんを長時間責め続け、反論の余地すら与えなかったんです」

    30代エンジニアが続ける。

    「労働組合にはAさんだけではなく、10件以上の社長によるパワハラ被害が報告されています。社内がこんな体質なので、社員のモチベーションも低く、多くの優秀な若手エンジニアが去っていきました」

    パワハラを受けたAさんは会議から数日後、社内の公益通報窓口に被害を文書で報告。監査委員会が調査を開始したが、状況が改善することはなかったという。営業職の40代男性社員が話す。

    「社内では創業者一族である社長の発言力が絶大なんです。現社長は前会長の息子で、創業者の甥(おい)に当たります。役員たちはイエスマンで、パワハラの現場にいても見て見ぬフリをして何も言うことはありません。

    Aさんは社長から『あなたが来れば、いじめますけど』と追い詰められ、結果うつ病を罹患し、休職状態です。調査はウヤムヤなまま、何事もなかったかのように終了しました。今年1月に、パワハラ問題をめぐり団体交渉も始まりましたが、議論は平行線のままです」

    今年2月頃には、音声データと被害男性(Aさん)が提出した通報文書が社内に拡散し始めたという。樫尾氏はその事実を知りながらも、いまだにパワハラについて公式になんの説明もしていない。解決する気はあるのだろうか。3月8日、都内の自宅から出勤する樫尾氏を直撃した。

    ――樫尾社長の言動で心身に不調をきたした社員が増えていると聞いています。

    「あの、ちょっとあらためまして……」

    ――カシオは日本を代表する企業ですよ。

    そう本誌記者が述べると、樫尾氏は向き直り、取材に応じた。

    ――団体交渉が行われているそうですが、パワハラはあったんでしょうか。

    「基本的には全部処理は終わっています。一部だけ切り取られているし、過剰に書かれている部分もあります。謝って、その後のフォローもしました」

    ――人事部以外の部署からもパワハラの訴えがあったと聞きますが。

    「ないです。断言できます。現場サイドと事実がすれ違っているんだと思います。なかには過激な人がいるんですよ」

    取材中、樫尾氏から「説明したいので、会社に来てください」と申し出があった。あらためて連絡すると会社に招かれるどころか、本人ではなく役員から次のような回答書が1通、メールで届いた。

    〈当社と当社労働組合との間で、現在、団体交渉が行われていることは事実でありますが、当社としては誠実にこれに対応しております〉

    前出の50代男性社員に事実関係を確認したところ、次のように話した。

    「Aさんは現在、社長と会うのを拒否しています。公式に謝罪もしていないし、フォローもなかったと聞いています。今も再三にわたり、組合は説明と謝罪を求めていますが、社長はこれまで2回行われた討議の場に出席すらしていません。

    次の団体交渉は日程すら決まっていません。まったくもって解決済みと断言できる状況ではないです。 会社を変えるためには創業者一族に会社から去ってもらうほかない、とストライキも辞さない段階まできています」

    社長のパワハラで揺れる『CASIO』。樫尾氏の進退が問われている――。

    3/24(水) 11:02配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c04530b24b98b9e4d5405d149f8591083aac9b2f

    ★1:2021/03/24(水) 17:00:19.67
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1616572819/


    (出典 www.casio.co.jp)


    【【FRIDAY】「バカじゃねぇの。上期中に死んでも終わらせて」カシオ社長のパワハラ音声入手 労組には社長による被害報告が10件以上】の続きを読む


    事態となった場合、政府対策本部本部長(内閣総理大臣)は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」を行う。新型インフルエンザ等緊急事態宣言は、新型インフルエンザ等緊急事態措置を実施すべき期間(2年以内、1年以内の延長可能)、新型インフルエンザ等緊急事態
    61キロバイト (8,901 語) - 2021年3月5日 (金) 12:13



    (出典 www.gifu-np.co.jp)


    商売の仕方変えましょうよ。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/03/06(土) 10:13:19.04

    「延長するなら支援を」 飲食・観光、打撃続く 緊急事態


    緊急事態宣言が首都圏4都県で2週間延長される。

    花見や送別会、春休みといった書き入れ時を控えたタイミングでもあり、
    飲食店や観光業界のショックは大きい。▼1面参照
    https://www.asahi.com/articles/DA3S14823263.html




    (出典 dol.ismcdn.jp)


    【【緊急事態宣言】 飲食店 「延長するなら支援を」】の続きを読む

    このページのトップヘ