ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。

    カテゴリ:スポーツ > 相撲


    貴ノ岩、巡業先宿舎で付け人に暴力…協会発表
    日本相撲協会は5日、幕内の貴ノ岩関(千賀ノ浦部屋)が巡業先の福岡県行橋市内の宿舎で、付け人の弟弟子(24)を殴る暴力事案があったと発表した。貴ノ岩関は相撲協会の事…
    (出典:社会(読売新聞))


    貴ノ岩 義司(たかのいわ よしもり、1990年2月26日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で千賀ノ浦部屋(入門時は貴乃花部屋)所属の現役大相撲力士。本名はアディヤギーン・バーサンドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Адъяагийн Баасандорж、ラテン文字転写:Adiyagiin
    50キロバイト (7,487 語) - 2018年12月5日 (水) 09:05



    (出典 res.cloudinary.com)


    押さえがきかなかったんでしょうね

    1 ひろし ★ :2018/12/05(水) 17:36:33.60

    12/5(水) 17:31配信

     大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が、冬巡業中に付け人に暴行を加えていたことが5日、分かった。日本相撲協会が5日午後、発表した。関係者によれば昨日、自身の付け人に暴行した。昨年10月、元横綱・日馬富士関から頭部を負傷させられ加害者となった貴ノ岩だが、今度は加害者となった。協会では今年10月に「暴力決別宣言」を出したばかりで、貴ノ岩には厳罰処分が下る可能性が高い。

     貴ノ岩は17年10月25日夜から26日にかけ、鳥取県内での酒席で、元日馬富士関から暴行を受けて頭部を負傷した。当時の師匠で元横綱の貴乃花親方(現花田光司さん)が10月末に鳥取県警に被害届提出。同11月になり暴行が発覚したことで大問題となり、元横綱は責任を取り引退した。

     貴ノ岩は2場所全休して今年の春場所から復帰するなど暴行の被害者として世間の注目を集めたが、今度は加害者に。弱い立場である付け人に手を出した事実は重く、処分は避けられない状況だ。

     貴ノ岩は今年の秋場所後の10月、当時師匠の貴乃花親方が、貴ノ岩への暴行をめぐり日本相撲協会の調査が公正中立ではないとして退職し部屋を閉鎖したため、元貴乃花親方の兄弟子に当たる元小結・隆三杉が率いる千賀ノ浦部屋に転籍していた。直後の11月に行われた九州場所では部屋の小結・貴景勝が初優勝。新生・千賀ノ浦部屋にとっては明るいニュースとなったが、貴ノ岩の暴行は弟弟子の快挙に水を差すだけではなく、暴力決別に動いていた相撲協会にとっても大きなダメージとなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010001-spht-spo


    【【貴ノ岩】付け人に暴行 日本相撲協会が発表】の続きを読む


    元横綱の輪島さん死去 黄金の左、「輪湖時代」築く
    元横綱の輪島さん死去 黄金の左、「輪湖時代」築く  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    輪島 大士(わじま ひろし、1948年(昭和23年)1月11日 - 2018年(平成30年)10月9日(死去報道日))は、石川県七尾市出身で花籠部屋所属の元大相撲力士、第54代横綱、全日本プロレス所属の元プロレスラー、元タレント。本名は輪島 博(わじま ひろし)。血液型はA型。大相撲時代は身長185
    64キロバイト (7,742 語) - 2018年10月9日 (火) 03:27



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    この時期になくなるとは…。お悔やみ申し上げます。

    1 ストラト ★ :2018/10/09(火) 10:37:19.72

    大相撲の第54代横綱で、北の湖とともに輪湖時代を築いた輪島大士氏(本名・輪島博)が死去したことが9日分かった。
    70歳。石川県出身。

    輪島氏は、金沢高、日本大学と相撲部で活躍。
    大学時代には2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。
    日大卒業前の1970年、花籠部屋に入門し、同年1月場所に幕下付出で初土俵。
    幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入りし、4場所の十両を経て、初土俵から1年で新入幕を果たした。

    1972年9月場所後に大関昇進、大関4場所目の73年5月場所を全勝優勝とし、場所後に横綱に推挙され、初土俵からわずか3年半で横綱へ上りつめた。

    輪島氏は81年春場所で引退。花籠部屋を継承したものの、金銭問題などで85年12月に日本相撲協会を退職した。
    その後はプロレスラーに転身。
    13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況が続いていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000093-spnannex-spo


    【【訃報】大相撲の元横綱・輪島こと輪島大士氏が死去 70歳】の続きを読む

    このページのトップヘ