ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > スケート


    本田望結、黒の衣装で梅田リンクを初滑り
    本田望結、黒の衣装で梅田リンクを初滑り  Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)
    (出典:Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社))


    本田 (ほんだ みゆ、2004年6月1日 - )は、日本の女優、タレント、フィギュアスケート選手。京都府京都市伏見区出身。テアトルアカデミーを経て、オスカープロモーション所属。兄はフィギュアスケート選手の本田太一、姉はフィギュアスケート選手の本田真凜。妹は子役であり、フィギュアスケーターでもある本田紗来。
    37キロバイト (4,844 語) - 2018年11月17日 (土) 04:41



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    大きくなりました。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/16(金) 18:54:39.01 ID:CAP_USER9.net

     女優でフィギュアスケート選手の本田望結(14)が16日、大阪・キタのグランフロント大阪うめきた広場に17日オープンする特設アイススケート場「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」で初滑りを行った。

     今季のエキシビション用の楽曲をアレンジした独自プログラムに合わせ、大勢の観客が見守る中でダンスを披露。5年連続での抜てきに、「すごく楽しく滑らせて貰いました」と満足そうな表情を浮かべた。

     今年に入ってから身長が7センチ伸びて1メートル58になったことも告白。成長痛はなく、かえって「ジャンプも安定した」という。体重も増えたというが、こちらは数字は明かさず、「お母さんが管理してくれているから大丈夫」と力を込めた。

     女子フィギュアスケート界では2歳年上の紀平梨花(16)が先日行われたNHK杯で優勝したが「普段から一緒に練習しているし、大好き」と祝福。自身も23日から始まる全日本ジュニア選手権を控えており、「自分は自分の演技に集中するだけ」と話した。


    2018年11月16日 17:14
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/16/kiji/20181116s00041000259000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【フィギュアスケート】本田望結 身長1m58に成長!全日本ジュニアへ「自分の演技に集中を」】の続きを読む


    紀平梨花がGPデビュー戦で優勝 フィギュア・NHK杯
    紀平梨花がGPデビュー戦で優勝 フィギュア・NHK杯  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    Aクラス N - ノービスクラス J - ジュニアクラス ^ 日本スケート連盟による強化紹介 - 紀平 梨花 ^ 3回転半の紀平梨花「N高」進学 関大拠点に北京へ日刊スポーツ2018年4月1日 ^ 新星・紀平梨花、両親の全力サポートが生んだトリプルアクセル ^ フィギュアスケート日本女子ファンブック2016
    18キロバイト (991 語) - 2018年11月10日 (土) 09:51



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    新星あらわる明るい話題はいいですよね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/10(土) 18:37:53.80

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)は3回転アクセルを2本決めるなど、完璧な演技で154.72点をマークし、合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。SP2位の宮原知子(関大)は合計219.47点で2位、三原舞依(シスメックス)は合計204.20点で4位だった。

     先に魅せたのは紀平だった。8番滑走で登場した紀平は冒頭の3回転アクセル―2回転トウループを着氷させると、続く単発の3回転アクセルを決めた。中盤以降も持ち前のジャンプで力を発揮し、3回転を次々に着氷。完璧な演技を披露し、ガッツポーズを炸裂させた。合計224.31点をマーク。GPデビュー戦の16歳が衝撃的な演技を披露し、広島に大きなどよめきが沸き起こった。

     宮原は最終滑走で登場。SPでエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)と0.09差の2位につけていたが、フリーも躍動した。冒頭のジャンプからミスもなく、中盤の3回転ループも綺麗に着氷。持ち前の表現力で会場を惹き込むと勢いに乗り、最後まで安定感のある演技でまとめた。先に高得点をマークして暫定首位に立っていた紀平には届かず、惜しくも2位となった。


    11/10(土) 18:31配信 THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00043127-theanswer-spo


    【【フィギュアスケート】16歳・紀平梨花、衝撃のGPデビューV! 3A2発で5位から大逆転 宮原知子と1、2位独占】の続きを読む


    本田の演技=スケートアメリカ
    本田の演技=スケートアメリカ  時事通信
    (出典:時事通信)


    本田 (ほんだ まりん、英語: Marin Honda, 2001年8月21日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2015年ジュニアグランプリファイナル3位。 京都府京都市伏見区出身。血液型はA型。
    39キロバイト (2,692 語) - 2018年10月22日 (月) 03:34



    (出典 i.pinimg.com)


    なんか大きくなってる。

    1 アルテミス@ ★ :2018/10/19(金) 17:58:44.30 ID:CAP_USER9.net

    フィギュアスケートの今季のグランプリ(GP)シリーズ初戦となるスケートアメリカが19日(日本時間20日)、米エバレットで開幕する。今季から米国に拠点を移した女子の本田真凜(まりん、JAL)が登場する。

     「今は本当にスケートだけ。スケートに対する考え方も変わったんじゃないかな、と思います」。18日の公式練習後、練習嫌いで知られる本田が自らの変化を強調した。

     今春から、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央らの指導経験があるラファエル・アルトゥニアン・コーチから教わる。ジャンプの跳び方やジャンプ前後のステップを大幅に変えたといい、公式練習でもアルトゥニアン・コーチと何度も話し込みながら3回転ジャンプに挑んだ。「たくさんジャンプの練習をしてきて、ちょっとずつ、考えなくても体が動くようになってきた」と手応えを口にする。

    https://www.asahi.com/articles/photo/AS20181019000757.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000058-asahi-spo
     

    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【米国で変わった本田真凜】 「今は本当にスケートだけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ