ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。

    カテゴリ:スポーツ > スケート


    高橋 大輔(たかはし だいすけ) 高橋大輔 (フィギュアスケート選手) 高橋大輔 (シンガーソングライター) 高橋大輔 (サッカー選手) 高橋大輔 (アナウンサー) 高橋大輔 (探検家) 高橋大輔 (声優) 玉飛鳥大輔 (大相撲力士) の本名
    591バイト (35 語) - 2018年2月9日 (金) 12:59



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    D1SK☆nisinihon FS

    (出典 Youtube)


    おめでとうございます。そして、ありがとう。

    1 ひかり ★ :2018/12/25(火) 00:09:53.97 ID:CAP_USER9.net

    ◆フィギュアスケート 全日本選手権 最終日(24日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)

     男子で6年ぶりの表彰台となる2位に入った10年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)は、19年世界選手権(3月、さいたま)の代表を辞退した。

     5季ぶりに現役復帰した高橋は、全日本選手権の最終組(SP上位6人)を目指して取り組んできた。高橋は「僕自身、すごく迷ったところではある。
    やはり、気持ちとしてもし選ばれるなら行きたい気持ちは山々な部分はあるけど、世界と戦う覚悟がもちきれなかったというところも大きな理由。今まで世界の
    トップと戦って、世界と戦う難しさ、精神力の必要とされるところとかを経験している。その覚悟を持てないのに、選ばれたからといって出るべきではない」
    と決断の理由を説明した。

     32歳の高橋は全日本選手権を目標に、5季ぶりに現役復帰。今大会ではショートプログラムで2位発進するなど、存在感を示していた。「32(歳)で
    この先希望があるかといったら、ないと思う。日本を引っ張っている選手、若い選手が世界選手権の舞台を経験する必要性の方が大きいと感じた」と、
    後進の活躍を願う思いも明かしていた。

     男子の世界選手権代表は羽生結弦(24)=ANA=、全日本選手権を3連覇した宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=、3位の田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=。

     女子は全日本選手権を制した坂本花織(18)=シスメックス=、2位の紀平梨花(16)=関大KFSC=、3位の宮原知子(20)=関大=。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000147-sph-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【高橋大輔】全日本2位も世界選手権の代表は辞退「世界と戦う覚悟がもちきれなかった」】の続きを読む


    坂本 花織(さかもと かおり、英語: Kaori Sakamoto, 2000年4月9日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル種目)。兵庫県神戸市出身。血液型はB型。シスメックス所属。 主な実績に、2018年平昌オリンピック個人戦6位・団体戦5位各入賞、2018年四大陸選手権優勝、
    31キロバイト (1,611 語) - 2018年12月23日 (日) 13:13



    (出典 upload.wikimedia.org)


    おめでとうございます。嬉しいですね。

    1 豆次郎 ★ :2018/12/23(日) 21:52:18.84 ID:CAP_USER9.net

    坂本花織が逆転初V「点数には満足です」

    12/23(日) 21:23配信
    <フィギュアスケート:世界選手権代表選考会兼全日本選手権>◇23日◇東和薬品RACTABドーム◇女子フリー

    SP2位の坂本花織(18=シスメックス)がフリー152・36点、合計228・01点で逆転初優勝を飾った。来年3月に開催される世界選手権の代表切符も手にした。

    グランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(16=関大KFSC)はフリー155・01点、合計223・76点で2位。大会5連覇を狙ったSP首位の宮原知子(20=関大)はフリーで146・58点、合計223・34点で3位。

    ▽坂本花織の話 (優勝の)今は全然実感がなくて、いろんなジャンプがいつもの勢いがなくて上位はないかなと思っていたので、初めて(合計で)220を超えて(フリーで)150が出たので点数には満足です。(最終滑走は)鼓動が聞こえるくらい緊張していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00426799-nksports-spo

    ★1がたった時間:2018/12/23(日) 21:14:27.81
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545567267/


    【【坂本花織・フィギュア】坂本花織が逆転初優勝 宮原のV5阻止 紀平は逆転ならず】の続きを読む


    宮原知子、最高のステップ 緊張に勝って5連覇へ好発進 - 朝日新聞
    21日、フィギュアスケート全日本選手権・女子SP1位) 会場を包む地鳴りのような歓声に、大会5連覇を狙う宮原知子(関大)は演技後、女王らしく穏やかな笑みで応えた。
    (出典:朝日新聞)


    宮原 知子(みやはら さとこ、英語: Satoko MIYAHARA, 1998年3月26日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル種目)。京都府京都市中京区出身。左利き。血液型はB型。 主な実績に、2018年平昌オリンピック個人戦4位・団体戦5位各入賞、2015年世界選手権2位・2
    120キロバイト (5,232 語) - 2018年12月21日 (金) 14:49



    (出典 www.jiji.com)


    やっぱり実力があるんですね。

    1 真実は一つ ★ :2018/12/22(土) 02:22:56.53 ID:CAP_USER9.net

     フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、5連覇を目指す宮原知子(関大)が完璧な演技を披露し、76.76点で首位発進した。

     平昌五輪代表の坂本花織(シスメックス)が75.65点で2位、三原舞依(シスメックス)が72.88点で3位。12月のグランプリ(GP)ファイナルを制した紀平梨花(関大KFSC)は代名詞の3回転アクセルの転倒が響いて68.75点。5位から逆転Vを目指す。

     フリーは23日に行われる。

    <全日本選手権女子SP全結果>

    1位 宮原知子 76.76点
    2位 坂本花織 75.65点
    3位 三原舞依 72.88点
    4位 樋口新葉 72.63点
    5位 紀平梨花 68.75点
    6位 横井ゆは菜 66.27点
    7位 川畑和愛 64.66点
    8位 青木祐奈 63.72点
    9位 山下真瑚 62.94点
    10位 細田采花 61.41点
    11位 長縄和奏 60.14点
    12位 白岩優奈 59.99点
    13位 松原星 59.27点
    14位 竹野比奈 58.14点
    15位 大庭雅 57.08点
    16位 荒木菜那 56.32点
    17位 本郷理華 55.93点
    18位 本田真凜 52.75点
    19位 十倉日和 51.98点
    20位 三宅咲綺 51.41点
    21位 籠谷歩未 51.09点
    22位 中塩美悠 50.86点
    23位 渡辺倫果 50.47点
    24位 永井優香 49.59点
    25位 竹内すい 47.79点
    26位 磯邉ひな乃 47.69点
    27位 佐藤伊吹 46.75点
    28位 新田谷凜 44.81点
    29位 加藤利緒菜 41.99点

    12/21(金) 20:52配信 THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181221-00046628-theanswer-spo

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545394953/


    【【宮原知子・フィギュアスケート】女王の貫録! 76.76点で全日本選手権V5へ首位発進 坂本が2位、紀平は5位から逆転Vへ】の続きを読む


    大島由香里と別居中の小塚崇彦さん 妻の妊娠中に「自宅不倫」か - livedoor
    大島由香里との別居を報じられている小塚崇彦氏についてFLASHが伝えた。2016年の暮れに知り合った女性と、自宅のマンションで関係を持ったという。大島は当時妊娠6 ...
    (出典:livedoor)


    小塚 (こづか たかひこ、ラテン文字:Takahiko Kozuka, 1989年2月27日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。 主な実績に、2010年バンクーバーオリンピック8位、2011年世界選手権2位、2008年GPファイナル2位、2010年全
    54キロバイト (3,155 語) - 2018年11月20日 (火) 13:03



    (出典 arukunews.jp)


    やっぱり有名人は自宅で浮気するのが一番安心なんですね。

    1 Egg ★ :2018/12/17(月) 16:19:44.60

    本誌直撃に小塚は…

     離婚に向け別居していることが報じられている、元フィギュアスケート日本代表の小塚崇彦氏(29)と元フジテレビの大島由香里アナ(34)夫妻について、小塚氏に2年前から親密な女性がいたことがわかった。

     2人の関係を知る知人に話を聞いた。

    「彼女はユミさん(仮名)と言って、愛知県で働く25歳の女性です。

     ユミさんが小塚さんと知り合ったのは、2016年の暮れ。名古屋市内の飲食店で、お互いグループで隣の席で飲んでいて意気投合し、赤ワインで盛り上がった。

     結局最後は、男女2対2で小塚さんのマンションに行って、酔ってその日のうちに関係を持ったそうです」

     2016年の暮れといえば、大島アナは妊娠6カ月。小塚氏と大島アナは2016年2月に結婚していたが、しばらくは別居婚を続けていた。

     出会ってから、小塚氏はユミさんをたびたび呼び出して飲むようになった。

    「会うのは月に1、2回。一緒に飲む人には『友達』と言っているけど、気づく人は気づいてました。飲んだ後は、いつも小塚さんの自宅マンションに行っていたそうです。

     ユミさんは『家には赤ちゃんの服や、ベビーベッド、ぬいぐるみや、奥さんの化粧品まである。年賀状が置いてあったりもする』と話していました」(前出の知人)

     大島アナは、2017年4月に長女を出産。その年いっぱいでフジテレビを退社し、2018年1月から、小塚氏の実家から約300メートルの距離にある名古屋市内の高級マンションで同居を始めた。

     それでも大島アナの留守を狙って、小塚氏は夫婦の部屋にユミさんを呼んでいた。

    「さすがに気が引けたのか、夫婦のダブルベッドではなく、別の部屋にある小塚さんのシングルベッドを使っていたそうですが。小塚さんは、ユミさんの使った洗面台やトイレなどを、後できれいに掃除していたそうです」

     だが、前出の知人によると、いまはもう、小塚氏とユミさんは会っていないという。

    「今年の6月ごろが最後ではないでしょうか。あることでケンカをして、それっきりだそうです。もともと、ユミさんのほうは、小塚さんと付き合っているつもりはなかった(笑)。それでも2人の関係を後悔していたようでした。小塚さんのほうは、懲りてないでしょうね」
     

     小塚氏に連絡し、この件についてメールで回答を求めたが、返信はなかった。12月15日、東京・二子玉川で行われたスケートイベントに出演を終えた小塚氏に声をかけたが、記者の呼びかけには一切応じず立ち去った。

    2018年12月17日 7時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15752337/


    【【小塚崇彦】大島由香里アナの妊娠中に「自宅」で不倫】の続きを読む


    トゥクタミシェワ、セクシーCAでエキシビ艶舞 トゥクタミシェワ、セクシーCAでエキシビ艶舞
    …フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで女子3位となったエリザベータ・トゥクタミシェワ(21=ロシア)が9日(日本時間10日)、カナダ・バンクーバーの会場でエキシビションに出演した。キャビン…
    (出典:スポーツ総合(日刊スポーツ))


    エリザヴェータ・セルゲーエヴナ・トゥクタミシェワ(ロシア語: Елизавета Сергеевна Туктамышева, ラテン文字転写例:Elizaveta Sergeyevna Tuktamysheva, 1996年12月17日 - )は、ロシアのフィギュアスケート選手(女子シングル)。愛称Liza(リーザ)。
    43キロバイト (1,669 語) - 2018年12月9日 (日) 11:05



    (出典 i.daily.jp)


    確かにセクシーを通り越してやらしいですね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/11/11(日) 17:12:00.62 ID:CAP_USER9.net

    2018.11.11.
     エキシビションでセクシーな演技を見せるエリザベータ・トゥクタミシュワ

    (出典 i.daily.jp)



     「フィギュアスケート・NHK杯」(11日、広島県立総合体育館)

     上位選手によるエキシビションが行われ、女子シングル3位で、GPファイナル進出を決めたエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=は、過激な内容で話題のプログラム、ブリトニー・スピアーズの「トキシック」を披露した。
     キャビンアテンダント風の胸もとが開けた衣装で登場。「皆さん、コンニチワ。この飛行機の機長のエリザベータ・トゥクタミシェワです。この飛行機はサンクトペテルブルク発広島行きです」と、
    トゥクタミシェワ自身の日本語のアナウンスが流れた。クリムキンイーグルとともに上着を脱ぎ捨て、下着のような衣装になると、会場は興奮のるつぼとなった。
     SP首位の段階から「あれはNHK的にセーフなんだろうか」と、公共放送の冠大会での披露を不安視する声もあったが、無事完遂した。

    https://www.daily.co.jp/general/2018/11/11/0011811077.shtml


    【【フィギュアスケート】公共放送には過激?トゥクタミシェワ妖艶エキシビ無事完遂】の続きを読む

    このページのトップヘ