ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > ボクシング


    肉体改造で進化した亀田和毅の挑戦!
    肉体改造で進化した亀田和毅の挑戦!  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)


    亀田 (かめだ ともき、1991年7月12日 - )は、日本の男性プロボクサー。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。元WBO世界バンタム級王者。協栄ボクシングジム所属。日本人選手として初めてWBO世界王者となった。マネージャーはアル・ヘイモン。トレーナーはかつてユリオルキス・ガンボアと井岡一翔を指
    40キロバイト (5,027 語) - 2018年11月11日 (日) 01:22



    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/11(日) 18:01:03.58 ID:CAP_USER9.net

    亀田3兄弟の三男・亀田和毅(協栄=27)とスペインのアビゲイル・メディナ(30)によるWBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦(11月12日・後楽園ホール)の前日計量が11月11日、都内で行われた。
    3年ぶりの世界戦に向けて「いい練習ができた」と繰り返してきた和毅の肉体は、彫刻の石像で表現されるような無駄もなく筋肉が浮き出る仕上がりぶり。
    「今回、過去最高に仕上がった。何も言い訳するところもないです」と自負する絶好調ぶりをアピールし、一発で計量をクリアした。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    身体を見れば、今回の調整が完璧だったことが分かった。「61キロから始めた」減量も「そこまできつくなかった」と、55.2キロ(リミット53.52~55.34キロ)まできっちりと絞りきった。
    腹筋をはじめ、盛り上がる筋肉は肌つやもよく、初めてスーパーバンタム級に合わせた調整も問題なく進んだ。

    約3年ぶりの世界戦は、亀田一家の期待、「亀田家大復活」を遂げるための一戦だ。
    前日の調印式でも「全部を背負って」と一家を代表して久々に日本で世界戦のリングに立つことに、気持ちも高まっている。
    メディナとは計量後、長くにらみ合うシーンがあったが、余裕の笑みも見せ「明日、あいつを倒したらチャンピオンになれますからね。
    気合は入りますね。自分のボクシングをやれば絶対に勝つ」と、改めて必勝宣言した。

    階級を上げたことで持ち前のスピードにパワーも加わったと、世界のベルトに自信を見せる和毅と亀田陣営。グローブを高々と突き上げる瞬間は、刻一刻と迫っている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15579280/
    2018年11月11日 13時48分 AbemaTIMES


    【【ボクシング ・亀田和毅】まるで彫刻!亀田和毅バッキバキの仕上がり 世界戦前日計量で「過去最高に仕上がった」】の続きを読む


    村田諒太、判定負けで防衛失敗 WBAミドル級
    村田諒太、判定負けで防衛失敗 WBAミドル級  日本経済新聞
    (出典:日本経済新聞)


    村田 (むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本のプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。現WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である。
    77キロバイト (9,843 語) - 2018年10月21日 (日) 04:49



    (出典 www.nikkei.com)


    負けちゃった。ボクシング協会のせいではないので悪しからず。

    1 THE FURYφ ★ :2018/10/21(日) 14:31:20.29

    「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(20日、ラスベガス)

    WBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米国ラスベガスのパークシアターで開催され、
    王者・村田諒太(32)=帝拳=が0-3(110-118、109-119×2)の判定で同級3位・ロブ・ブラント(28)
    =米国=に敗れ、2度目の防衛に失敗した。

    スピードを生かしたジャブで積極的に仕掛けたブラントが右アッパーを当てるなど好スタートを切る。時折笑みを
    浮かべる村田はガードを固めて前進し、ブラントを後退させようとする。

    3回から前進してペースをつかみかかった村田は5回に連打で挑戦者の動きを止めるが、ブラントもそこから
    持ち直す。ジャブで距離を保ちながら、軽いながらもスピードあるパンチを的確に返した。結局、最後まで
    ブラントの動きは落ちず、村田の強打が火を噴くことはなかった。

    ジャブを重視するラスベガスのジャッジは3人とも大差でブラントを支持。勝てばゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との
    東京ドームでの防衛戦計画なども浮上していたが、まさかの陥落で水泡と帰した。

    村田の通算戦績は16戦14勝(11KO)2敗。ブラントは25戦24勝(16KO)1敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000077-dal-fight

    ★1:2018/10/21(日) 13:43:24.56

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540097004/


    【【WBA世界ミドル級王者・村田諒太】ロブ・ブラントに大差の判定で敗れ王座陥落★2】の続きを読む


    井上尚弥、衝撃の強さに世界が震撼 「ビースト」「現実離れ」「PFP1位かもしれない」
    井上尚弥、衝撃の強さに世界が震撼 「ビースト」「現実離れ」「PFP1位かもしれない」  スポーツナビ
    (出典:スポーツナビ)


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。ホリプロとマネジメント契約。 第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者
    79キロバイト (10,479 語) - 2018年10月7日 (日) 13:06



    (出典 funontheark.com)


    70秒ってすごいですね。

    1 ( ´∀`) ★ :2018/10/07(日) 21:42:22.45

    井上尚弥、戦慄の70秒、秒殺KO勝ちでW日本新! 具志堅超え世界戦7連続KO

    パヤノはプロ21戦目で初のKO負け

    井上尚弥【写真:荒川祐史】
     ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。衝撃のKO勝ちを収めた。デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。パヤノはプロ21戦目で初のKO負け。五輪にも2度出場。豊富なキャリアを誇る難敵ドミニカンを一蹴した。これで世界戦のKO勝利は国内単独最多の11度目。世界戦連続KOも「7」に伸ばし、「6」で並んでいた具志堅用高を上回った。

    【画像】この体なら“死角なし”も納得!? 「前鋸筋がハンパない!」とファン大興奮…井上が公開した決戦前日の“バッキバキボディ”の実際の写真

     まさに秒殺だ。右ストレート一閃。パヤノが大の字に転がった。衝撃のKOシーンに会場にはどよめきが渦のように広がった。

     クルーザー級とスーパーミドル級で行われたシーズン1は賞金総額50億円以上と言われたメガトーナメント。そのシーズン2が開幕。世界王者4人が参戦するWBSSバンタム級の栄えあるオープニング試合。世界120の国と地域で生中継される世界的にも注目度の高い1戦で、井上が衝撃を走らせた。

     まさにモンスターの異名にふさわしい勝利だった。スーパーフライ級時代は強すぎるがゆえに対戦相手に避けられ続けた。さらに階級を上げてのバンタム級デビュー戦も6度防衛中のWBA王者ジェイミー・マクドネル(英国)に112秒で勝利。伝統的に強豪がそろうバンタム級でも、その名を世界へ強く印象付けた。

     そんな中での世界一決定戦。井上は優勝候補の大本命として名を連ねた。米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングでも7位に入る軽量級屈指のスター。WBSSのカレ・ザワーランドプロモーターも「彼をリングに招くことができたのは最高の名誉」と話していた。主催者サイドにとっても、目玉中の目玉だった。

     圧倒で1回戦を突破したモンスター。準決勝(時期は未定)は、10月20日に米フロリダ州オーランドで行われる。18戦全勝のIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の勝者と激突する。

     日本ボクシング界史上最高の逸材とも呼ばれる井上は、今後どんな伝説を打ち立ててくれるのだろうか。

     井上尚弥「最高ですね。ありがとうございます。手応えも拳に伝わってきた。この一撃で終わったと思いました。ロドリゲスと戦いたいと思っている。無事に勝ち上がってもらって、海外に来られる方は海外でも応援よろしくお願いします」

    <井上尚弥>

    1993年4月10日、神奈川県出身、26歳。アマで81戦75勝(48KO/RSC)6敗。2012年にプロデビュー。2014年4月にWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで勝利し、当時の日本人男子最速となる6戦目での世界王座奪取に成功した。同年の12月30日に11連続防衛中だったWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦し、2回3分1秒KO勝ち。当時の世界最速デビュー8戦目での2階級制覇を達成。同王座を7度防衛した。今年5月25日にWBA世界バンタム級王者マクドネル(英国)に挑戦し、わずか112秒で沈め、日本最速の3階級制覇王者となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00039412-theanswer-fight


    【【ボクシング・井上尚弥】【動画】戦慄の秒殺KO勝ちでW日本新! 相手のパヤノはプロ21戦目で初のKO負け】の続きを読む

    このページのトップヘ