ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > アナウンサー


    近江 友里恵(おうみ ゆりえ、1988年7月26日 - )は、NHKのアナウンサー。 東京都育ち。身長は156cm。 昭和女子大学附属昭和小学校・昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。 2012年、アナウンサーとしてNHKに入局。研修後、熊本放送局に配属された。
    26キロバイト (3,084 語) - 2021年2月11日 (木) 00:44



    (出典 www.sanspo.com)


    なるほど.。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/25(金) 09:50:56.60

    12/25(金) 9:33配信
    スポニチアネックス

    NHKの近江友里恵アナウンサー

     NHKの近江友里恵アナウンサー(32)が25日、MCを務める同局の「あさイチ」(月~金曜前8・15)に出演し、小学校時代に大好きだったグループについて語った。

     この日のゲストは、大みそかの「第71回紅白歌合戦」(後7・30~同11・45)で総合司会を務めるウッチャンナンチャンの内村光良(56)。近江アナは、もう1度みたいシーンで、内村が紅白初出場した98年のポケットビスケッツをリクエストした。

     同グループは日本テレビ「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」から誕生した音楽ユニットで、近江アナは「当時は小学生で、ポケビが大好きでCD発売に向けて署名集めで学校中駆け回りました」と明かした。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc342d3f50d69499bae711c632dcde94b5ef69b1


    (出典 www.news-postseven.com)


    【【近江友里恵アナ】少女時代に大好きだったグループ「CD発売に向けて署名集めで学校中駆け回りました」】の続きを読む


    大橋 未歩(おおはし みほ、1978年8月15日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元テレビ東京アナウンサー。所属はプントリネア。 兵庫県神戸市須磨区出身。神戸市立北須磨小学校から神戸女学院中学部・高等学部に進み、1年の浪人を経て上智大学法学部法律学科に入学。1999年に同大学のミスソフィアコンテストのグランプリを獲得した。
    26キロバイト (3,346 語) - 2021年1月20日 (水) 08:24



    (出典 resize.blogsys.jp)


    その通りですよ。

    1 フォーエバー ★ :2021/02/09(火) 18:07:09.64 ID:CAP_USER9.net

    元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサー(42)が9日、アシスタントとしてTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に出演。波紋を広げている東京オリンピック・パラリンピック組織委員会・森喜朗会長(83)の女性蔑視(べっし)発言についてコメントした。

     「この発言を聞いた時に私も最初は憤ったんですけど、時間を考えてよく考えたら、私の中にも、ふかわさんの中にも、皆さんの中にも森さんは住んでいると思うんですよ」とMCのふかわりょう(46)を見つめながら発言した大橋アナ。

     「森さんは始めに『女性はライバル心が強いから会議が長引く』っておっしゃいましたけど、女性がライバル心が強い、それを笑いに変えるって言うのは、ここの場でも何回も繰り広げてこられたことだと思うんですよね」と番組のスタジオを指して話すと、「例えば女性同士の話があると、『女子アナもそうだったんじゃない?』って(話を)振られたことが何回もありますし、それに対して私は『男性アナの方がライバル心が強いですよ』と返したこともありますし…。自分の中にも森さんはいるし、当たり前のようにいると思う。だから、批判だけでなく、自分もやっているかもと自覚的にならないと差別はなくならないと思いました」と真剣な表情で続けていた。

    2021年2月9日 17時46分 スポーツ報知
    https://news.livedoor.com/article/detail/19670451/

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 www.news-postseven.com)


    【【大橋未歩アナ】森喜朗会長の女性蔑視発言で私見「私の中にも皆さんの中にも森さんは住んでいる」】の続きを読む


    “テレビ朝日・小川彩佳アナが寿退社。局員も驚いた突然の発表、その裏側は?”. 週プレNEWS (2019年3月24日). 2020年11月22日閲覧。 ^ a b c d “小川 彩佳 アナウンサーズ テレビ朝日(インターネットアーカイブ)”. 2019年2月8日閲覧。 ^ “小川彩佳
    16キロバイト (1,875 語) - 2020年11月22日 (日) 09:07



    (出典 news.mynavi.jp)


    訴えればよい。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/08(月) 13:32:10.84 ID:CAP_USER9.net

     TBS系「NEWS23」でメインキャスターを務める小川彩佳アナウンサー(35)を襲った夫の不倫スキャンダルが、異様な展開を見せている。

     4日発売の「週刊文春」が夫で医療ベンチャー「メドレー」の豊田剛一郎氏(36)と安達祐実似の美女Aさんの〝3年不倫〟をスクープ。豊田氏はそれまで同社の代表取締役だったが、責任を取り辞任。総額16億円相当のストップオプションも放棄した。

     ここまでが第一幕。すると、今度はAさんが6日、「NEWSポストセブン」で不倫報道の裏側を暴露。早々と第二幕の幕が切って落とされた。

     同サイトのインタビューに応じたAさんは「あまりに多くの人々を傷つけてしまった」と涙ながらに謝罪。その一方で豊田氏に別れを切り出したところ「嫌だ」と言われたことや、お忍びで訪れた沖縄での〝甘い夜〟、豊田氏と小川アナが結婚したあとも肉体関係が続いていたことを明かした。

     さらに文春で記事が載ることを知った小川アナ本人からAさんに事実確認の電話が来たことも告白。小川アナにしてみれば、とんだ赤っ恥だ。テレビ関係者の話。

    「Aさんの〝狙い〟が何なのかはわかりませんが、不倫の事後処理を公にされ、いまごろ小川アナのはらわたは煮えくり返っているでしょう」

     謝罪しつつも豊田氏との楽しい思い出を並べるAさん。そのふるまいは小川アナに対してマウントを取りにいっているようにも見える。案の定、ネット上では「嫌な感じ」「火に油」「どういう神経しているのか」と批判を招いている。

     小川アナを知る関係者によると「彼女は潔癖で芯が強い。女性の権利向上など、社会問題にも関心を持っています。そんな彼女がこの〝仕打ち〟を許せるとはとても思えません。すでに子供を連れて、豊田氏と暮らすマンションを出たという話もあります」と話す。

     小川アナは医師の父をとても尊敬しており、その流れで同じく医師の豊田氏に魅了された部分がある。それがフタを開けてみれば、コソコソとAさんと密会を繰り返していた。夫の裏切り行為とAさんの〝マウンティング暴露〟でほとほと疲れ果てた小川アナが「離婚」を選択してもおかしくない――。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d013cb3cb337d31bec47ba9228d901323fa9fac2
    2/7(日) 5:15配信

    前スレ 2021/02/07(日) 05:43
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1612644210/


    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    【【小川彩佳】小川彩佳アナを襲う不倫女性のマウンティング暴露 離婚は不可避か】の続きを読む


    河野 景子(こうの けいこ、本名同じ、1964年11月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、元フジテレビのアナウンサー。 元夫は貴乃花光司で、婚姻中は花田 景子(はなだ けいこ)として活動。 一般社団法人 日本語力検定協会(旧:日本漢字習熟度検定協会)・名誉会長、日本ペンクラブ会員。
    21キロバイト (2,786 語) - 2020年12月16日 (水) 23:56



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    理想の老後ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/05(金) 19:58:40.22 ID:CAP_USER9.net

    「いくつになっても恋心は女性を輝かせてくれるもの。コロナ禍で『愛の不時着』に世の女性がハマったのも、久しぶりに“キュンキュン”を感じて、ときめいたからではないでしょうか。その恋心を隣に寄り添う人へ向けられて、相手からも想いを寄せられたらとっても幸せ。そんな恋愛の感覚や喜びは何才だって、鈍らないと思います。



     でも、お互い同じ感情、情緒や価値観も共有できる相手となるとなかなか見つかりません。私には偶然、その出会いがあったんです。いまは、『こんなにも自然体の自分でいられるんだ』と感じています。母として、おかみさんとして奮闘してきた結婚生活では自分の感情を押し*、作り笑いをすることも多々ありました。でももう人生も折り返し。素直に笑ってもいいのかなって、肩肘張らずに生きられるようになったんです」

     そう近況を語る河野景子さん(56才)の表情は、晴れやかでお肌もピチピチ。生気に満ち溢れている。著書『コトバノケイコ』(学研プラス)も話題だ。2018年、貴乃花(元親方・48才)との23年間の結婚生活にピリオドを打って、はや2年。昨年末には映画監督&実業家のジャッキー・ウー氏(年齢非公表)との再婚報道が飛び出し、世間を驚かせた。

     記事では景子さんの「一緒のお墓に入ろう」という逆プロポーズがジャッキー氏の心に染みた、とも報じられた。

    「私の記憶では、会話の中で自然とお墓の話になったと思うんですけど(苦笑)。結婚してこの後の人生を一緒に歩んで行きましょうという話の中で、ちょうどお墓の話になったんです。私も56才になりましたし、そろそろお墓を気にする年齢なんですよね。

     その頃ちょうど同じ年のお友達が樹木葬に決めたと話していて興味を持ったんです。子供たちが代々お墓を守る必要もなく、ちょうどいいなぁって。お互い結婚を視野に入れているけれど『この先のお墓は……?』と自然な形で話題になったんですよ。あら私、こんなに赤裸々に話しちゃっていいのかしら!?」(景子さん・以下同)

     ふと我に返り、饒舌な自分に驚いた様子で笑い出す。逆プロポーズと聞くと、“肉食”でグイグイ攻める情熱的な印象も受けるが……。

    「違うのになぁ、とは思いますよ。私って誤解されやすいんですよ。でも誤解されたまま数十年を過ごしてきたので、もういいや、わかってくれる人にわかってもらえればと(笑い)。
     これまでは外食ひとつでも人目を気にして、言いたいことを飲み込んで、自分の行動を慎みながら進む人生でした。でも再婚を決めるときはもうそこまで注目されていないという意識もあって、世間の声を気にして躊躇することはありませんでした。

     離婚していまは『花田景子』ではなく、『河野景子』の人生を歩んでいる。自然に、自分らしく生きていきたいんです。彼(ジャッキー氏)とは感受性のコアな部分で通じ合える最高の“茶飲み友達”(笑い)。迷いはなかったです。
     再婚を決めたのは年齢も大きかったと思います。人生を仕切り直すには体力が必要なので、60才になる前にしたかった。彼は少し年上なのでいまがタイミングかなと。入籍はタイミングをみて、よいときにと話しています」

    ※女性セブン2021年2月18・25日号
    https://news.livedoor.com/article/detail/19651443/
    2021年2月5日 19時5分

    NEWSポストセブン

    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.news-postseven.com)


    【【河野景子】再婚相手は「コアな部分で通じ合える最高の茶飲み友達」】の続きを読む


    “テレビ朝日・小川彩佳アナが寿退社。局員も驚いた突然の発表、その裏側は?”. 週プレNEWS (2019年3月24日). 2020年11月22日閲覧。 ^ a b c d “小川 彩佳 アナウンサーズ テレビ朝日(インターネットアーカイブ)”. 2019年2月8日閲覧。 ^ “小川彩佳
    16キロバイト (1,875 語) - 2020年11月22日 (日) 09:07



    (出典 taishu.jp)


    オリンピックやるのがおかしいと思います。

    1 豆次郎 ★ :2021/02/05(金) 17:27:52.98 ID:CAP_USER9.net

    2/5(金) 15:26
    配信
    スポニチアネックス
    小川彩佳アナ「正直うんざりしてしまう」“森発言”にも許容するような空気感にも不快感

     元テレビ朝日でフリーの小川彩佳アナウンサー(35)が4日、メーンキャスターを務めるTBS「NEWS23」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)に生出演。3日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと女性蔑視とも取れる発言をし、4日に東京都内で会見を開いて撤回した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)に言及した。

     森会長は4日の会見冒頭で「きのうのJOC評議員会での発言につきましては、五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現であったと、このように認識をいたしております。深く反省をしております。発言をいたしました件につきましては撤回をしたい。不愉快な思いをされた皆さまにはお詫びを申し上げたい」と陳謝。「辞任するっていう考えはございません」と辞任は否定した。その後、約20分間に渡って記者と質疑応答したが、記者が質問を言い終わらないうちに答え始めたり、女性記者の質問に「ちょっと悪い。(マスクを)取ってくれ。聞こえないんだよ」などと主張。「面白おかしくしたいから聞いているんだろ」などと“逆ギレ”する場面もあった。

     番組でこの一連の問題を報じた際、森会長の「これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさく言うんですね。だけど、女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」という発言に触れた小川アナは「『テレビがあるからやりにくいんだが』などと言及されながらなんで言ってしまうんでしょうかね、こういう形で」とコメント。「こうした感覚で公然と発言をされる方が権力ある立場にいらっしゃり続けること、そして現場では笑い声があがったというようなことも伝えられていますけれども、そうした発言を許容するような空気があるという現実があること、どちらにも正直うんざりしてしまうんですけれども」と冷静な声で気持ちを伝えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/158a1fcf3c347f5cee1329c19eaf51543492b71a


    (出典 taishu.jp)


    【【小川彩佳アナ】「正直うんざりしてしまう」】の続きを読む

    このページのトップヘ