ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。

    カテゴリ:ニュース > その他


    100万円当せん者の意外な共通点、前澤友作社長の思いが見えた - livedoor
    前澤友作社長による「お年玉」企画について「女性自身」が報じた。当せん者には、100万円の使途を明確に語っているなどの共通点があるという。前澤氏には、挑戦する人を ...
    (出典:livedoor)


    日、ドクター中松がTwitter上で「『ドクター・中松リベンジ返し宣言!』前澤社長ありがとう、ドクター・中松ができなかったことは、これから私もやり続ける。前澤社長がやることも長生きして見続ける」と、ツイート。さらに「前澤社長ができなかったことをドクター・中松がリベンジします。今週末にアメリカに向け
    13キロバイト (1,754 語) - 2019年1月5日 (土) 03:41



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    こういったお金の使い方して欲しかったんです。前澤社長ファンになりました。勿論、フォロワーです。

    1 ばーど ★ :2019/01/13(日) 12:46:19.86

    株式会社「ZOZO」の代表取締役社長・前澤友作氏(43)が13日、自身のツイッターを更新した。

    「ワイドナショーみる」とツイートしフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)を見ることを明*と、フォロワーから裏番組のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)で上原良太さん(38)、歩さん(38)夫妻の息子で「拡張型心筋症」を患い海外での臓器移植が必要な旺典くん(3)を特集したことを知らされ、「いま、サンデージャポンをみています。心臓移植が必要な子がいて、募金を募っていました。こういう子のためにお金使ってほしいです。この子が大人になって夢を叶えるために、大人になるために。。」などのコメントが寄せられた。

    こうした声に前澤社長はツイッターを更新し「ワイドナショー見ててサンジャポ見れなかったんだけど、たくさんの人から「心臓病のおうちゃんを応援して!」とのコメントが。急いでいろいろ調べたら、これは大変じゃないですか!すぐに動きます!!」と支援に動く意向を明かした。

    旺典くんは、2016年10月に「日本臓器ネットワーク」に登録したが、国内にドナーが見つかっておらず、海外で臓器移植を目指し公開募金を行っている。 目標金額は3億円でプロ野球の巨人、Jリーグの東京ヴェルディなども募金に協力している。

    1/13(日) 12:33
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000070-sph-soci

    関連スレ
    【東京】心臓病の3歳児、上原旺典ちゃんを救うために2億円以上ください 両親ら訴え ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544576305/


    【【ZOZO・前澤社長】フォロワーからの声に反応し臓器移植の子ども(おうちゃん)を応支援することを約束】の続きを読む


    カジノ「街がつぶれる」 横浜港の有力団体が反対 - テレビ朝日
    去年、成立したIR(統合型リゾート)実施法で設置が可能になったカジノの有力な候補地とされる横浜市で、地元の有力な団体である港運協会が「街が潰れる」と反対の意向 ...
    (出典:テレビ朝日)


    カジノがある。ポルトガルは8つのカジノがあり、かつては上流階級が集う社交場だったが、カジノを禁止していたスペインが1977年に合法化すると客足を奪われた。スペインには25軒のカジノがあるが、大都市では禁止されている。 オランダにあるアムステルダム・スキポール空港のカジノは、世界初の空港カジノ
    30キロバイト (3,893 語) - 2018年11月29日 (木) 15:41



    (出典 bright777.com)


    藤木会長が一番賛成しているのかと思ってました。

    1 孤高の旅人 ★ :2019/01/05(土) 17:13:48.52

    ※週末政治スレ
    カジノ「街がつぶれる」 横浜港の有力団体が反対
    [2019/01/05 05:57]
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000144544.html


     去年、成立したIR(統合型リゾート)実施法で設置が可能になったカジノの有力な候補地とされる横浜市で、地元の有力な団体である港運協会が「街が潰れる」と反対の意向を改めて表明しました。

     横浜港運協会・藤木幸夫会長:「依存症の具体的な例が目の前にあります。横浜では嫌ですよ。そんなさもしいことをしなきゃ食えない街ではありませんから」
     カジノ誘致を巡っては大阪や和歌山などが手を挙げていますが、海外の大手カジノ運営会社は首都圏の横浜市への進出も狙っています。ただ、政治力があるとされる横浜港運協会が反対の意向を改めて表明したことで横浜への誘致に影響が出そうです。

    ★1:2019/01/05(土) 14:48:58.81
    前スレ
    【神奈川】カジノ「街がつぶれる」 横浜港の有力団体(港運協会)が反対
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546667338/


    【【神奈川・カジノ】「街がつぶれる」 横浜港の有力団体(港運協会)が反対】の続きを読む


    「8年8000時間残業で自殺」 エーザイ部長 遺族が労災申請 - 東京新聞
    製薬大手エーザイの部長だった五十代の男性がうつ病になって二〇一六年に自殺し、原因は昇進に伴う業務量増加や慢性的な長時間労働だったとして遺族が天満労働 ...
    (出典:東京新聞)


    エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 コーポレート・スローガンは「ヒューマン・ヘルスケア(Human・Health Care)」で、ロゴのhhcはナイチンゲールの直筆サインから取り出したものである(会社ロゴの、赤は動脈を、青は静脈を意味する)。
    44キロバイト (5,798 語) - 2018年9月26日 (水) 09:15



    (出典 www.kojima.net)


    人の体を考える会社なのにね。

    1 ガーディス ★ :2018/12/31(月) 16:08:06.36

     製薬大手エーザイの部長だった五十代の男性がうつ病になって二〇一六年に自*、原因は昇進に伴う業務量増加や慢性的な長時間労働だったとして遺族が天満労働基準監督署(大阪)に労災申請したことが分かった。部長昇進から自殺までの八年で約八千時間残業し、過労*労災認定基準となる「過労死ライン」(月平均八十時間)超えが約百カ月のうち五十六カ月に達したと遺族は指摘。長期間の過重労働で自殺に追い込まれたと訴えた。

     長期にわたる管理職の長時間労働の実態が明らかになるのは異例。男性は「管理監督者」として扱われ、残業時間制限がなかった。政府や企業は働き方改革を進めるが、管理職の対策強化を求める声が出そうだ。

     亡くなったのは泰敬さん=当時(50)=(姓は遺族の希望で非公表)で一九九〇年、エーザイ入社。二〇〇八年四月、関西のドラッグストアなど小売店営業を統括する部長に昇進した。

     大阪市内に住む妻(51)や申立書によると、泰敬さんは昇進前から残業時間が急増。同年二月は六十五時間だったが、三月八十六時間、四月七十二時間となり、五月は百二十六時間、六月は百四時間に達した。十月に初めて医療機関を受診して夏ごろからうつ病だったと診断され、死亡直前まで通院した。

     昇進後、人員削減の指示があり先輩社員を異動させなければならなかったことや取引先からのクレームの対応に追われたことなどで、心理的負担も増えたという。残業は多い月で百三十四時間に達し、長時間労働は亡くなるまで続いた。毎年の一カ月平均の残業時間を見ると、一二年から死亡前年の一五年まで八十時間を突破。一六年九月、京都市内の単身赴任先マンションで自*た。

     遺族は休日出勤の負担の大きさも指摘。報告書作成や取引先との会合、出張などのため、移動日を含めた休日出勤は八年間で三百六十七日に及んだと強調した。

     遺族はエーザイが提供した勤務データを基に労働実態を分析。今年七月に労災申請した。

     エーザイは「心からお悔やみ申し上げる。長時間労働と死亡との関係を会社として判断する十分な根拠を持ち合わせていないが、遺族の申請を真摯(しんし)に受け止め誠実に対応したい」とコメントした。

    <管理監督者> 労働基準法は、経営者と一体的な地位にある人を、労働時間や休日など労働時間規制の対象から除外している。企業は残業代の支払い義務がない。管理監督者に該当するかどうかは役職名ではなく(1)経営や労務管理について経営者と一体的な立場か(2)勤務時間の自由裁量があるか(3)一般従業員に比べ地位と権限にふさわしい賃金が支給されているか−など実態に基づき判断される。肩書だけで権限のない「名ばかり管理職」問題が以前から指摘されている。
    2018年12月31日 朝刊
    http://amp.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201812/CK2018123102000119.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    株式会社 エーザイ
    >また、2000年度よりエーザイのTV広告において、この「hhc」マークと共に「元気だしていきましょう」のナレーションを全CMに統一して付しています。「ヒューマン・*ケア」の精神を生活者の方々と同じ視点にたって、肉声に近い言葉で表現すれば、どのような言葉になるかを検討して導いたメッセージです。
    http://www.hmaj.com/mark/eisai/


    【【エーザイ】元気だしていきましょう!→「8年8000時間残業で自殺」 エーザイ部長 遺族が労災申請】の続きを読む


    おせち1268個届かず、北海道 冷凍冷蔵誤る、ヤマト運輸 - BIGLOBEニュース
    物流大手のヤマト運輸(東京)がおせち料理を運搬する際、本来冷凍だったのに冷蔵で運んだため、計1268個を北海道内の顧客に届けられなくなったことが31日、同社など ...
    (出典:BIGLOBEニュース)


    ヤマト運輸株式会社(ヤマトうんゆ、Yamato Transport Co., Ltd.)は、日本の宅配便事業を行う企業である。ヤマトホールディングス株式会社の中核事業会社で、100%出資子会社。 2005年(平成17年)11月1日付で株式移転により、旧法人がヤマトホールディングス株式会社に商号を変
    110キロバイト (15,740 語) - 2018年12月22日 (土) 08:29



    (出典 www.meidaisha.co.jp)


    正直に発表したのはいいですね。最近は悪いことしても隠そうとする団体が多いですもんね。例えば、日本政府とか。

    1 記憶たどり。 ★ :2018/12/31(月) 14:12:13.28

    冷凍おせち、冷蔵で発送 道内1268個届かず 福岡の「久松」
    北海道新聞 12/31 05:00
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/263365

     食品製造業「久松」(福岡県粕屋町)がインターネット通販などで道内向けに販売したおせち料理の一部が、冷凍ではなく冷蔵状態で発送されたことが30日、分かった。これに伴い、道内からの注文分1268個が配達できなくなった。

     同社によると、対象は道内向けに27日出荷し、30日に各家庭へ配達予定だった「おせち博多」(1万5800円)、「おせち舞鶴」(1万1500円)の2種類の計1268個。29日昼ごろ、商品を運ぶトラックの温度設定が冷凍ではなく冷蔵だったことに運送会社が気付いて、配達を中止した。

     同社の松田健吾店長は「原因は調査中。年末年始という大切な時にご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません」と話した。商品代金の返金は来年1月4日までに行う予定。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1546225007/
    1が建った時刻:2018/12/31(月) 11:56:47.44


    【【ヤマト運輸大失態】【冷凍おせち】冷蔵で発送 道内1268個届かず 福岡の「久松」 冷蔵だったことに運送会社が気付いて配達を中止★2】の続きを読む


    台湾出身女性に「国へ帰ったら」 差別発言認め賠償命令 - 朝日新聞
    「国に帰ったらどうか」――。大阪市内のスイミングクラブで、そんな差別的発言を受けたとして、台湾出身の女性が60代男性に200万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪 ...
    (出典:朝日新聞)


    ヘイトスピーチ(英: hate speech、憎悪表現)は、人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、容姿、健康(障害)など自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて、属する個人または集団に対して攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のことである。日本語では「憎悪表現」の他、「差別的憎悪表現」、「憎
    82キロバイト (9,386 語) - 2018年12月23日 (日) 01:52



    (出典 pbs.twimg.com)


    日本人同士でもかなり傷つける言葉を吐く人はいますね。

    1 ガーディス ★ :2018/12/27(木) 17:18:44.28

     「国に帰ったらどうか」――。大阪市内のスイミングクラブで、そんな差別的発言を受けたとして、台湾出身の女性が60代男性に200万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は男性に慰謝料15万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

     日常生活における個人間の「ヘイトスピーチ」で賠償が認められたケースは異例。外国人労働者の受け入れが拡大されようとする中、海外にルーツを持つ隣人たちとの関わり方が問われている。

     判決などによると、大阪市内のスイミングクラブで昨年2月、台湾出身で日本国籍を取得した大阪市の長尾優希さん(63)が、連れてきていた高校生のおいが60代の男性利用客の貸しタオルを間違って使ったことをめぐって男性とトラブルになった際、男性から「ここは日本ですよ。お国に帰られたらどうですか」と言われた。

     今月17日の判決で、藪田貴史裁判官は、長尾さんが発音などから海外出身だとうかがわれる状況だったと指摘し、「排外的で不当な差別的発言」と認定した。男性側は「マナー違反を注意した。適切ではない部分があったが、賠償しなければならないほどの違法性はない」と反論していたが、判決は「注意する趣旨であっても、通常用いてはならない表現だ」と退けた。

    男性側の代理人弁護士は判決について「コメントしない」と話した。

    ■自覚ない「ヘイトスピーチ…

    残り:1021文字/全文:1573文字
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDN6G1DLDNPTIL02G.html

    2018年12月27日14時1分


    【【ヘイトスピーチ】台湾出身女性に「ここは日本ですよ。お国に帰られたらどうですか」裁判所がヘイト発言認め、大阪人男性に賠償命令】の続きを読む

    このページのトップヘ