ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > タレント


    板野成美 姉友美に勝っているのは「腰の低さ」
    板野成美 姉友美に勝っているのは「腰の低さ」  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    板野 成美(いたの なるみ、1995年8月21日 - )は、日本の女優。神奈川県出身。姉は女性アイドルグループAKB48の元メンバーである板野友美。身長:156cm。スリーサイズ:B80cm,W58cm,H80cm。オンリーユー(ONLY YOU)所属。 高3から舞台などに出演。
    7キロバイト (526 語) - 2018年10月16日 (火) 05:19



    (出典 news.walkerplus.com)


    ツンデレではないということです。

    1 ひかり ★ :2018/11/11(日) 16:47:18.05 ID:CAP_USER9.net

    女優板野成美(23)が11日、都内で、ファーストDVD「ここに、イタノハート」発売記念イベントに出席した。

    板野成美は、元AKB48板野友美(27)の妹。芸能界で活躍する姉に勝ってると思うのは「腰の低さ」だという。「何でもやりますの精神でやっていますので」と
    笑った。

    姉が活躍するAKB48に入りたかったが、母親の反対にあった。「総選挙で姉妹が対立しあうのがいやだから入らないでと言われて。母に断固拒否されました」と明かした。
    また、「入りたいと思っていたころの年齢がまだ低かったので、(オーディションを)受けられなかったんです。それもあってお芝居がしたいなと思って」と
    違う道を歩んだ。

    これまで“成美”として活動してきたが今年1月、“板野成美”と改名したことをTV番組で話した。「姉は憧れでもあり、目標でもあります。これまではあまり仕事の話は、
    お互いにしなかったけど、最近は仕事の話も、相談もするようになりました」と話した。

    姉にはまだDVDを見せていない。「きっとたくさんアドバイスがくると思うので、こっそり枕元に置いておこうと思います。表情や顔の向きなど、細かいアドバイスを
    もらっています。怖いですけど…」と笑った。

    DVDについて、「彼女を見ているような気分で見てほしいです。仕事に疲れて癒やされたい人はぜひ見てください」とアピールした。

    今月23日には、朗読劇に初挑戦する。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201811110000466_m.html?mode=all

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【板野成美・姉友美に勝っている】「腰の低さ」】の続きを読む


    辻希美が妊娠9か月のお腹公開 「ピンクbba」の題で全身ピンクコーデの"ポッコリ"披露
    辻希美が妊娠9か月のお腹公開 「ピンクbba」の題で全身ピンクコーデの"ポッコリ"披露  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は、日本の歌手、タレントである。本名、杉浦 希美(すぎうら のぞみ、旧姓:辻)。愛称は辻ちゃん、ののなど。一人称はのん。 東京都板橋区出身。アップフロントクリエイト所属。元ハロー!プロジェクトの一員。元モーニング娘。の4期メンバー。W(ダブルユー)
    30キロバイト (3,665 語) - 2018年10月27日 (土) 09:11



    (出典 kininaru-jyouhou.com)


    モーニング娘初代は口が悪くないと生き残れなかったのです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/09(金) 19:04:22.50 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    辻希美(31)が6日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。今回は「ピンクbba?お腹ぽっこり!!
    #ピンクbba#衣装#妊娠9ヶ月#もうすぐ臨月#お腹#写真より実物の方が大きく感じる#本日収録day#お疲れ様でした」とつづり、全身ピンクの衣装を着た自身の写真を公開した。

    この衣装に対して、ネット上では「この組み合わせってやっちゃいけない組み合わせじゃない?背が高いひとならまだしも…ダサすぎる」
    「スタイリストが用意した服なのか辻さんが選んだ服なのか分からないけど。自前なら、センスがなさすぎ」など厳しい声が飛び交っていた。

    さらに、辻がつづった「ピンクbba(ババア)」というワードに対しても「ピンクババアってなに?自分より年齢上の人全員ババアになるけど?ひどすぎ」
    「子供が3人もいる大人の女性の言う言葉とは思えない。汚い言葉使うんですね。常識やっぱりないね」
    「そんなことないよ?辻ちゃんは*なんかじゃない!若いよ!ってつっこんでほしくてババアとか言ってるの?」といった批判コメントが殺到している。

    辻は現在31歳であり、ババアと自称するにはまだ早い年齢だろう。何も考えずに使ってしまったのかもしれないが、不快感を覚えた人が多かったようだった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1562700/
    2018.11.09 10:00 デイリーニュースオンライン


    【【ババァ辻希美の「ピンクbba」発言】「年上は全員ババア?」「汚い言葉使わないで」】の続きを読む


    熊田曜子の児童館騒動で多数の問い合わせ 墨田区が詳細事情を説明
    熊田曜子の児童館騒動で多数の問い合わせ 墨田区が詳細事情を説明  livedoor
    (出典:livedoor)


    熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
    25キロバイト (3,463 語) - 2018年9月20日 (木) 03:50



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    熊田曜子さんの記事見たらそんなつもりはないと思いますよ。逆になんか怖い世の中ですね。

    1 Egg ★ :2018/11/10(土) 20:16:34.38 ID:CAP_USER9.net

     モデルの熊田曜子が、3人の子供を連れて訪れた東京都墨田区の児童館で入館を断られたとブログに記載して物議を醸した騒動で、墨田区が公式HPで、多数の問い合わせがあったとしたうえで、当該施設に関しては、安全管理上の理由で「大人1人につき子ども2人まで」としている詳細事情を説明し、理解を求める文面を掲載している。

     4日付で熊田がブログに児童館の実名を記したことから、墨田区はHPで「電話やメール等で多数のお問合わせをいただいております」「ご利用者並びに関係者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしております」との文面を掲載した。

     そのうえで「本施設におきましては、大型遊具やボールプール設置等の特殊性から、入場者数の制限を行っています。また、乳幼児室は、0歳から5歳までの子どもが一緒に遊ぶ部屋であることから、保護者様にも一定の安全管理をしてもらう必要があるため、大人1人につき子ども2人までのご利用とさせていただいておりますので、引き続き、ご理解・ご協力をお願いいたします」としている。

     他の同区内の児童館では入場制限はないことや、当該施設に関しては「安全管理面に特段の注意を払う必要があることから、現在、入場制限を行っております」と説明。

     今後はさらにルールの周知をはかり、「運用状況を確認しながら、利用者の利便性・安全性向上に向けた検証と必要な改善に取り組んでまいります」としている。

    2018年11月10日 19時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15576836/


    【【実名記載】<熊田曜子の児童館騒動> 実名記載で多数問合せ…墨田区HP「安全に特段注意必要」と説明】の続きを読む


    長嶋一茂のしつけ論に賛否 「50回言っても理解できないヤツは殴ったほうが早い」
    長嶋一茂のしつけ論に賛否 「50回言っても理解できないヤツは殴ったほうが早い」  しらべぇ
    (出典:しらべぇ)


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、本名:一茂・パウロ・長嶋、1966年1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優。読売ジャイアンツ野球振興アドバイザーをしていた時もある。本人はフリーターと語った事がある。血液型はB型。
    51キロバイト (4,984 語) - 2018年11月8日 (木) 16:37



    (出典 i.ytimg.com)


    なんで、自分が言っていることが正しいと思っているんでしょう。理不尽なこと言っている奴がおかしいんですよ。言うこと聞かないからって殴る奴もおかしいんですよ。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/09(金) 20:22:21.70 ID:CAP_USER9.net

    元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(52)とバイオリニストの高嶋ちさ子(50)が、暴力による指導を容認するような発言をして、ネットで批判を浴びていた。

    この発言は11月2日放送の『ザワつく! 一茂良純 時々ちさ子の会』(テレビ朝日系)で出たもの。
    この番組は、長嶋一茂と高嶋ちさ子、そして石原良純(56)という毒舌トリオが、さまざまなテーマについて、独自の見解で語り合うという内容。
    今回は“パワハラ&褒めるを考えるSP”と題し、パワハラと褒め方について3人が論じていた。

    まず、“パワハラを考える”という議題で高嶋ちさ子は「若い子は打たれ弱い」とし、ミスを叱ったり頭にきてキレたりすると、
    周りから「私(高嶋)が変わるしかない」と言われると、周囲の対応を不満そうに明かした。
    すると、長嶋一茂は「俺は違うと思うよ」とフォロー。さらに、自分も若い頃は指導者に殴られていて、
    「理不尽な仕打ちに対して耐えるのは、俺は教育だったと思ってるわけ。
    だから、昔の暴力や鉄拳制裁みたいなことは否定しないですよ」と、自身の経験からパワハラを容認するような発言をした。

    続いて“褒めるを考える”という議題で、テニスの大坂なおみ選手(21)を指導した、
    サーシャ・バインコーチが例に挙げられ、「どんな場面でも褒めるというスタイル」で大坂選手の才能を開花させたと紹介された。

    すると、石原良純が「褒めると甘や*が、ゴチャゴチャになっている」と苦言を呈し、高嶋ちさ子も「大坂なおみぐらい頑張ってたら、褒めるよ、私だって!」とバッサリ。
    さらに、高嶋は自分の息子を褒めてばかりだったら、ポジティブになりすぎて、勉強をしなくなると語った。

    すると、一茂が「50回も言っても聞かないやつは、ボコってぶん殴ったほうが早いってやつもいるわけだよ、実際に。
    これは、昔もいたし、今もいると思う」と発言。
    高嶋も「言葉が通じないんだから、殴るしかない」と同意したが、一茂は「ただ、今はできないわけじゃん。
    そうなると、50回しゃべっても分からなきゃ、今の時代だと、取り残していくしかないんだよ」と、現在の状況に苦言を呈した。

    この3人の見解に、ネット上には批判的なコメントが多く、「昔の考えの3人がしゃべっても、まったく参考にならない!」
    「この老害たち自分の意見が正しいと思い込みすぎ(笑)叱られる教育の時代は終わったんだよ、昔の教育を美化するなよ」
    「時代のせいにするということは、自分が時代に取り残された遺物と言ってるようなもの」などと、厳しい意見が相次いだ。
    一方、少ないながらも「私も叱咤激励の時代、褒めるの苦手だし、叱られたほうがなにくそ根性で頑張れた気がする!」などと、3人に共感を示す声も見られた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1564271/
    2018.11.09 18:00 日刊大衆


    【【長嶋一茂「殴ったほうが早い」お前もな】発言にネットで批判の嵐】の続きを読む


    坂上忍 壮絶ないじめ体験を告白「死にたいと思っていた」
    坂上忍 壮絶ないじめ体験を告白「死にたいと思っていた」  livedoor
    (出典:livedoor)


    坂上 (さかがみ しのぶ、1967年6月1日 - )は、日本のマルチタレントで、俳優、演出家や映画監督、司会者、コメンテーター、エッセイストとして活動し、かつてロック歌手としても活動していた。東京都杉並区西荻窪出身。 4歳上の兄(元子役で現在は映画プロデューサーの坂上也寸志)が劇団に入っていたとこ
    82キロバイト (10,838 語) - 2018年11月7日 (水) 02:46



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 ひかり ★ :2018/11/08(木) 14:50:57.38 ID:CAP_USER9.net

     8日放送のフジテレビ系「バイキング」は東京・八王子市で中学2年の女子生徒がいじめを苦に自*た問題を取り上げた。

     女子生徒は遺書に「学校が始まるのがこわい」「無視は辛かった」と悲痛な思いをつづった。また、学校側は当初、いじめはなかったとの認識を示した。

     MCの坂上忍(51)は「物心ついた時からこの仕事しちゃってたんで、中学のある時期、猛烈ないじめの対象になっちゃって『学校行ってどうされちゃうんだろう今日』
    っていうような日が結構続いた」と過去に壮絶ないじめを受けた体験を告白した。

     なんとか逃れたものの、当時の心境を明かし「ぎりぎりアニキとか友達のおかげで助かったタイプなんですね。でも、その時に何考えてたかって言ったら、
    こういうことテレビで言うのはよくないと思ってるんだけど、やっぱり『死にたい』って思ってた。でも、そっちのほうが怖かったからできなかったし、
    話し相手になってくれる人もいたので」と話した。

     坂上は神妙な表情で1分30秒にわたって語り続け、いじめによる自殺防止には「大人がもっとちゃんとしなきゃいけない」との見方を示した。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000018-tospoweb-ent


    【【いじめられていた坂上忍】壮絶ないじめ体験を告白「死にたいと思っていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ