ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 映画


    町田くんの世界』(まちだくんのせかい)は、安藤ゆきによる日本漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2015年4月号から2018年5月号まで連載された。 本作は、作者にとって初オリジナル連載作品である。勉強も運動も苦手で、機械に弱く、かつ不器用だが、周り人間から愛される男子高校生
    23キロバイト (2,751 語) - 2019年6月2日 (日) 17:23



    (出典 3jsb-joho.com)


    是非、ご覧下さい。

    1 名無シネマ@上映中 :2019/05/03(金) 15:13:47.41 ID:Okbm8b9m.net

    この世界は悪意に満ちている。
    でも―― 町田くんがいる。

    主演:超新人×豪華キャスト×監督:天才・石井裕也
    すべてのセオリーをブッ飛ばす、衝撃の人間賛歌!

    運動も勉強も苦手で、見た目も地味な町田くん。でも人を愛する才能がズバ抜けていた!
    そんな町田くんが初めて“わからない感情”を知った時、周りのすべての人を巻き込んで、
    驚天動地のドラマが動き出す!みんなどうする?どうなる?
    1000人超えのオーディションから大抜擢された演技経験ほぼゼロの超新人×奇跡の豪華俳優たち。
    そして『舟を編む』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を最年少で受賞、
    いま最も次回作が期待される監督として世界から注目を集める天才・石井裕也が、
    新しい日本映画の扉を開く!

    新しい時代に贈る、衝撃の人間賛歌

    映画『町田くんの世界』オフィシャルサイト
    http://wwws.warnerbros.co.jp/machidakun-movie/
    映画『町田くんの世界』公式 Twitter
    https://twitter.com/MachidakunMovie
    映画『町田くんの世界』 Instagram
    https://www.instagram.com/machidakunmovie/

    2019年6月7日(金) 公開

    細田佳央太 関水 渚
    岩田剛典 高畑充希 / 前田敦子 太賀
    池松壮亮 戸田恵梨香
    佐藤浩市
    北村有起哉 松嶋菜々子

    監督:石井裕也
    脚本:片岡 翔 石井裕也
    音楽:河野丈洋
    企画・プロデュース:北島直明
    原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
    主題歌「いてもたっても」平井 堅(アリオラジャパン)
    配給:ワーナー・ブラザース映画
    (deleted an unsolicited ad)


    (出典 image-srv2.k-manga.jp)


    【町田くんの世界【監督 石井裕也 / 細田佳央太 関水渚 岩田剛典 高畑充希 前田敦子】】の続きを読む


    『デスノート LNW』を女子目線で楽しむには?金ローで特別版初放送! - シネマトゥデイ
    17日、劇場公開時から再編集した特別版として日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でテレビ初放送される『デスノート Light up the NEW world』。累計発行部数3,000万部を ...
    (出典:シネマトゥデイ)


    2016年6月6日閲覧。  ^ “「デスノートLNW」に松山ケンイチがL役で出演決定!本人コメントも到着”. 映画ナタリー. (2016年10月7日). http://natalie.mu/eiga/news/204560 2016年10月7日閲覧。  ^ a b “安室奈美恵が「デスノートLNW」主題歌と劇中歌を担当”
    60キロバイト (6,058 語) - 2019年2月12日 (火) 16:02



    (出典 www.billboard-japan.com)


    どちらもいい。

    1 名無シネマ@上映中 :2016/10/30(日) 16:23:08.34 ID:mJ7gBSN0.net

    僕は川栄ちゃん (^O^)v


    (出典 staticx.antenna.jp)


    【【デスノートLNW】 戸田恵梨香vs川栄李奈 君たちどっち派?】の続きを読む


    カメラを止めるな!』(カメラをとめるな!)は、2017年製作、公開の日本映画。監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。2017年11月に先行公開。その後、国内及び海外の映画賞を数々受賞し、2018年6月に日本国内で凱旋上映を行った。監督・上田慎一郎にとっては初の劇場長編作品。略称は「カメ止め」。
    92キロバイト (9,379 語) - 2019年3月8日 (金) 12:23



    (出典 intro.ne.jp)


    途中から見たらよくわからん。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/08(金) 22:17:09.74 ID:PzddCa1C9.net

    2018年最大の話題作となった映画『カメラを止めるな!』。

    わずか300万円の製作費の映画が、SNSを中心に話題を呼び大ヒット。最終的には224万人動員、興行収入30億円という、まさに奇跡の作品となった。

    3月8日には『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で地上波初放送となったが、こちらも異例づくめ。冒頭のワンカット40分のシーンがノーカット放送という構成となった。

    「やはり、そうして特別に扱われる作品ということ。テレビ局の敬意の表れかもしれませんね」(映画誌記者)

    その一方で、『カメ止め』が不当に扱われた、と囁かれているのが、3月1日に発表された日本アカデミー賞だ。

    「各賞を総なめにしたのは、是枝裕和監督の『万引き家族』。カンヌで受賞し、米アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた
    素晴らしい作品であることは間違いないのですが、『カメ止め』の扱いはあまりにも不当でした」(スポーツ紙記者)

    最終結果は、主要13部門のうち『万引き家族』が8部門で受賞し、『カメ止め』は編集賞1部門のみの受賞にとどまった。

    「話題性も動員も群を抜いていたのにね。でも、こうした超低予算映画が認められると今後お金が集まりにくくなる、という付度や、
    知名度のある俳優・女優が受賞しないとメディアで報道されない、という不安から『カメ止め』がいわば無視される形になったんでしょう。
    結局、大手の配給会社や大物俳優、事務所に配慮したアンフェアさが浮き彫りになりましたね」(夕刊紙デスク)

    今回、助演女優賞を受賞したのは、昨年9月15日に逝去した樹木希林さん(『万引き家族』)だった。

    「希林さんと日本アカデミー賞といえば、語り草なのが07年の『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で主演女優賞を受賞した際のスピーチ。

    壇上の希林さんは“私が審査員なら違う作品を選んでいました”“賞をいただいてしまって申し訳ない”しまいには“組織票”といいたい放題。
    それがテレビで中継されたわけですから、関係者は凍りついたでしょうね」(前出の映画誌記者)

    ちなみに、この年も他の賞レースで圧倒的に評価されていた『それでもボクはやってない』は助演女優賞、美術賞、編集賞の受賞にとどまり、ほとんどの部門で『東京タワー』が受賞していた。

    のちに、樹木さんはこの“ド本音”発言について雑誌『hon-nin』の吉田豪氏のインタビューで、「リリー(・フランキー)さんの原作はホントに名作だと思う」と述べ、
    松尾スズキ氏の脚本についても「爆笑につぐ爆笑の平成の名作ができるはずだったのよ!」と語っている。
    そして最後には、「だから私は監督に『あのね、どこかであんたが刺されて*だら、犯人は私だから』って言ったの」(前掲書)

    今年も日本アカデミー賞を受賞した樹木希林さん。もし壇上に立っていたら、今回の“『カメ止め』スルー”にも激怒したのかも?

    http://dailynewsonline.jp/article/1723263/
    2019.03.08 21:30 日刊大衆


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【樹木希林も激怒する?】『カメラを止めるな!』日本アカデミー賞スルーの裏側】の続きを読む


    大ヒット『翔んで埼玉』二階堂ふみの美少年がハマリ役。男役を名演した女優まとめ - ニフティニュース
    魔夜峰央の人気漫画『翔んで埼玉』が実写映画化され、2月22日に公開されました。東京都に迫害を受ける埼玉県という、架空の日本を舞台にした本作品は公開後に話題 ...
    (出典:ニフティニュース)


    翔んで埼玉』(とんでさいたま)は、魔夜峰央による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)1982年(昭和57年)冬の別冊および、1983年(昭和58年)春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載された。 2019年に実写映画版が公開。 作者の魔夜は、当時の『花とゆめ』編集長の勧めで、出身地の新潟県から埼
    27キロバイト (3,751 語) - 2019年3月2日 (土) 06:48



    (出典 soudasaitama.com)


    面白そうです。

    1 muffin ★ :2019/02/28(木) 11:29:15.28 ID:Vj4kWZS49.net

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1715860/
    2019/02/27 20:04

    歌手のGACKT(45)が26日にツイッターを更新。主演を務めた映画『翔んで埼玉』に関連したツイートを連日しており、話題となっている。

    22日に公開になった映画『翔んで埼玉』は、公式サイトによると週末興行ランキングで1位に輝いたと発表。GACKTは26日、自身のTwitterを更新。「ボクはあくまでもマスカレードホテル推しなんだよ!!!! まさかの一位…。うーん…複雑」とコメント。あわせて自身のInstagramをリンク。

    GACKTのInstagramには、「木村くんラブ!?」という文字動画が投稿されており、映画『マスカレード・ホテル』のポスターに飛びつくGACKTの様子が映され、「木村くんに言われたからさ」と話している。

    また、27日にもGACKTはTwitterを投稿し「〈翔んで埼玉〉の都道府県興収シェアが東京を抑え、埼玉県が全国1位となった」と報告。さらに「前代未聞の話…。おそるべし埼玉」とコメント。自身の“推し映画”ではないものの、大人気となっている『翔んで埼玉』の反響に驚いているようだ。

    これに対しファンは「早速観てきました! GACKTさん素敵でした」「恐るべし、埼玉県人の結束」「一回観ましたがもう一回観たくなってます マスカレードホテルも気になります(笑)」と早速映画を見てきたというファンから絶賛の声が相次いでいる。

    https://img.jisin.jp/uploads/2019/02/ga*t_1_line_tw1.jpeg


    【【翔んで埼玉】GACKT、主演映画『翔んで埼玉』大ヒットに「まさかの一位…。うーん…複雑」「おそるべし埼玉」】の続きを読む


    メリーポピンズ リターンズ』(原題:Mary Poppins Returns)は、2018年のアメリカ合衆国のミュージカル・ファンタジー映画で、1964年の映画『メリーポピンズ』の続編。監督をロブ・マーシャル、脚本をデヴィッド・マギー、主役のメリーポピンズをエミリー・ブラントが務める。
    17キロバイト (1,638 語) - 2019年2月1日 (金) 23:41



    (出典 www.tvgroove.com)


    子供の頃に帰りたい。

    1 名無シネマ@上映中 :2018/11/20(火) 23:38:24.36 ID:onfZeTND.net

    ディズニー史上最高のハッピーを-。

    あなたの人生をカラフルに変えるのは上から目線の魔法使い!

    世界中を魅了した、あの“魔法使い”が帰ってくる!

    彼女の 魔法は、 美しい

    メリー・ポピンズの名のもとにハリウッドを代表する豪華スタッフ・キャストが大集結!

    幸せを見失った家族のもとにメリー・ポピンズ降臨!

    『メリー・ポピンズ』が、新たな極上のエンターテイメント作品
    『メリー・ポピンズ リターンズ』として戻ってくる!
    あなたの人生をカラフルに変える魔法使い、メリー・ポピンズ。
    彼女が教えてくれる“日常の楽しみ方”と“人生をハッピーにする方法”とは?

    メリー・ポピンズ リターンズ|映画|ディズニー公式
    https://www.disney.co.jp/movie/marypoppins-returns.html

    2019年2月1日(金) 公開

    エミリー・ブラント Emily Blunt
    リン =マニュエル・ミランダ Lin-Manuel Miranda
    ベン・ウィショー Ben Whishaw
    エミリー・モーティマー Emily Mortimer
    ジュリー・ウォルターズ Julie Walters
    ディック・バン・ダイク Di* Van Dyke
    アンジェラ・ランズベリー Angela Lansbury
    コリン・ファース Colin Firth
    メリル・ストリープ Meryl Streep

    監督:ロブ・マーシャル
    原作:P・L・トラバース
    原案:デビッド・マギー ロブ・マーシャル ジョン・デルーカ
    脚本:デビッド・マギー
    音楽:マーク・シェイマン
    歌曲:マーク・シェイマン スコット・ウィットマン
    配給:ディズニー


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【Disney】メリー・ポピンズ リターンズ Mary Poppins Returns】の続きを読む

    このページのトップヘ