ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 映画


    今日から俺は!!』(きょうからおれ、西森博之による日本の漫画作品である。またそれを原作にしたOVA作品及び実写作品(オリジナルビデオと劇場公開映画、テレビドラマ)。通称「今日」。 『増刊少年サンデー』(小学館)にて1988年9月号から1990年8月号まで連載、その後掲載誌を『週刊少年サン
    128キロバイト (21,097 語) - 2020年7月25日 (土) 15:19



    (出典 kyouore-movie.jp)


    70年代、80年代のテイストてんこ盛り、おじさん、おばさんも楽しめます。

    1 jinjin ★ :2020/07/27(月) 23:20:53.00 ID:CAP_USER9.net

    『今日から俺は!!』興収20億突破で動員ランキングV2
    『コンフィデンスマンJP』は2位


    週末の映画動員ランキング(興行通信社調べ)が27日、発表になり、賀来賢人と伊藤健太郎が共演する『今日から俺は!!劇場版』が2週連続1位となった。
    土日2日間で動員38万9000人、興収は4億9600万円で、累計では興収20億円を突破した。


    2位には、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演する人気シリーズの最新作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が動員28万6000人、興収4億500万円となった。
    23日の公開から4日間では興収9億1200万円で、前作の『ロマンス編』を上回るスタートとなった。


    そのほか新作では、テレビ東京系の女児向け特撮テレビドラマ「ガールズ×戦士シリーズ」として初の映画作品『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ!~映画になってちょーだいします~』が6位にランクインした。

    既存作品では、『もののけ姫』が3位、『千と千尋の神隠し』が4位、『風の谷のナウシカ』が5位で、ジブリ再上映作品がランクインした。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/50b466ead43926dcaad8a501ac0aa39171a4300a


    (出典 www.ntvshop.jp)


    【【映画『今日から俺は!! 劇場版』】興収20億突破! 動員ランキング2週連続1位! 2位『コンフィデンスマンJP』も前作超えスタート】の続きを読む


    オーシャンズ8』(オーシャンズ・エイト、Ocean's Eight)は、2018年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督はゲイリー・ロス、主演はサンドラ・ブロックが務めた。 『オーシャンズ11』をリブートした作品だが、時系列上は『オーシャンズ13』から続く物語となっている。
    19キロバイト (1,946 語) - 2020年7月10日 (金) 04:17



    (出典 sochyo.com)


    地上波初放映

    1 名無シネマ@上映中 :2018/05/06(日) 13:42:22.04

    8月10日(金)公開
    http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans8/


    (出典 wwws.warnerbros.co.jp)


    【【オーシャンズ8】】の続きを読む


    おらおらでひとりいぐも』は、若竹千佐子の小説。第54回文藝賞、第158回芥川龍之介賞受賞作。 一人称と三人称が混交され、一人称は東北方言(南部弁)、三人称は標準語書かれている。タイトルは宮沢賢治の詩「永訣の朝」の一節。 田中裕子主演映画化され、2020年秋に公開予定。
    6キロバイト (531 語) - 2020年7月2日 (木) 16:23



    (出典 prtimes.jp)


    面白そうだな。

    1 ひかり ★ :2020/06/22(月) 12:44:57.32

     沖田修一監督が田中裕子主演で映画化する『おらおらでひとりいぐも』の追加キャストが発表され、ポスタービジュアルが公開された。

     本作は、55歳で夫を亡くした後、息子の勧めで小説講座に通い始め、主婦業の傍ら執筆した若竹千佐子の同名小説を映画化したもの。75歳でひとり暮らしをしている主人公
    “桃子さん”を、映画『いつか読書する日』以来15年ぶりに映画主演を務める田中裕子が演じる。そして、桃子さんの「娘の時代」「妻の時代」を蒼井優が二人一役で務める。

     今回出演が発表された追加キャストは、東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎ら。数年前に亡くなった夫・周造役を東出が演じる。そして、夫に先立たれた後、ひとり家でお茶をすすり、
    図書館で借りた古代生物や地球の歴史についての本を読む生活を送る中で、突如、心の内から外に沸き上がってきた桃子さんの“心の声”を、濱田、青木、宮藤が、それぞれ寂しさ
    1、2、3という役名で、桃子さんの分身として演じる。そのほか、田畑智子、黒田大輔、山中崇、岡山天音、三浦透子、六角精児、大方斐紗子、鷲尾真知子らが出演する。

     公開されたポスタービジュアルでは、桃子さんの言葉である「ひとり暮らしの桃子さん。おらの今は、こわいものなし。」のコピーとともに、桃子さんの部屋からひょっこり顔を出し、
    にこやかに微笑みかける蒼井演じる若かりし日の桃子さんと、桃子さんの“心の声”である“寂しさ”の3人の姿が収められている。『POPEYE』『BRUTUS』(ともにマガジンハウス)の
    表紙などで活躍するイラストレーター・高橋将貴によるマンモスや仙人、アノマロカリスのイラストが印象的に配置されている。

     なお、このたび発表となった東出、濱田、青木、宮藤からのコメントは以下の通り。

    ■コメント
    ・東出昌大(周造役・桃子さんの夫)
    沖田監督の映画が大好きで、いつかご一緒したいと思っていました。素晴らしい台本でしたし、田中裕子さんが主演されると伺って
    一も二も無く飛びついた次第です。オファーをいただけて、すごくうれしかったです。撮影現場では、濃厚で暖かな時間を過ごさせて頂きました。冷え切った桃子さんの手を取り、
    少しでも暖める事が出来た事に、至上の喜びを感じていました。

    ・濱田岳(寂しさ1役)
    映画作りへの愛が常に溢れ出ている沖田監督のもと、尊敬する田中裕子さんのお芝居を間近で見れ、そして台詞のやり取りをすることができ、宮藤さん青木さんと心強いお二人のお力で、
    本当に幸せな時間を過ごす事が出来ました。沖田監督の優しいお人柄が溢れる、素敵な作品になっています。ぜひお楽しみください。

    ・青木崇高(寂しさ2役)
    二度目の沖田組でしたが、衣装合わせから温かい現場でした。田中さん、濱田くん、宮藤さんと歌ったり踊ったり騒いでたら撮影が終わってました。本当にそんな感じでした。
    毎日、素敵なみなさんと居られてとても楽しかったです。ありがとうございました。

    ・宮藤官九郎(寂しさ3役)
    本当に楽しかったです。映画に出た、役を演じたというより、濱田岳くんと青木崇高くんと僕とで、沖田監督の世界の中で遊ばせてもらったという記憶しかありません。
    田中裕子さんの懐の深さと、決して揺るがない芯の強さが現場を支えていたように思います。心の声を演じる蒼井優さんが、台本片手にずっとセットの隅っこでうずくまっている姿にも
    涙が出そうになりました。そういうムードが、映像に焼きついていると信じて、今はただただ完成を心待ちにしています。

    リアルサウンド編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/55c6e902b5f9f16ded5d4d5886c7b868b8250fdd

    (出典 realsound.jp)



    (出典 www.kawade.co.jp)


    【【おらおらでひとりいぐも】田中裕子が蒼井優と2人1役「おらおらでひとりいぐも」夫役は東出昌大 濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎も参加】の続きを読む


    2020年1月28日閲覧。 ^ “長澤まさみ×東出昌大×小日向文世の映画版「コンフィデンスマンJP」笑顔の撮影終了! : 映画ニュース - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/news/20181004/3/ 2018年10月4日閲覧。  ^ “長澤まさみ
    102キロバイト (16,378 語) - 2020年6月20日 (土) 03:53



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    早く見たい。

    1 チミル ★ :2020/06/21(日) 09:23:21.11 ID:BPibVwhc9.net

    2018年4月期に月9ドラマとして放送され、昨年公開された映画は興行収入29.7億円を記録した人気シリーズ『コンフィデンスマンJP』。映画第2弾『プリンセス編』が7月23日に公開されるのを前に、主演の長澤まさみ(33)、共演の東出昌大(32)、小日向文世(66)の3人の“コンフィデンスマン”に本作と自身の役への思いを語ってもらった。

    ※中略

    東出は「僕もボクちゃんは好きです。ボクちゃんを好きと言ってくださる方も多いので、どのような形かわかりませんが、この世界が続くのであれば、最後までまっとうしていきたいです」と前を向いた。

    小日向は「どんなことがあろうと、この2人じゃないと成立しないからね。ダー子がいて、ボクちゃんがいる」と2人に信頼を寄せる。「普段は全然会わないけど、コンフィデンスマンの撮影に入ると不思議な時間になるんですよ。ほかの人が(リチャードを)やっていたらテレビで見ていたわけだからね。だからこうやって出会えて良かったってつくづく思います」と長澤と東出、そしてコンフィデンスマンに出会ったことに感謝した。

    長澤も「私もそう思います」と小日向の意見に同意。「ドラマで長い時間撮影して、お互いに信頼を築き上げていった。だんだんとお互いを認めていった感じもしていました。やっぱりこの3人じゃないとできないですよ」と誰が欠けても成立しない作品であると力説する。その姿は、3人の間には、崩れない絆が出来上がっている――。そんな関係が垣間見える瞬間だった。


    ※以下も略。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.oricon.co.jp/news/2164110/full/


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【長澤まさみ×東出昌大×小日向文世の“絆”】「この3人じゃないと」さらなる続編も視野に『コンフィデンスマンJP』 [チミル★]】の続きを読む


    長澤 まさみ(ながさわ まさみ、1987年6月3日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、まあちゃん、まっさん、がっさーわー。身長170cm。東宝芸能所属。 静岡県磐田市出身。堀越高等学校卒業。 父は元サッカー日本代表で、ジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明。 第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35
    69キロバイト (8,431 語) - 2020年3月30日 (月) 01:50



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    見たいなぁ、コロナ失くなれ❗

    1 名無シネマ@上映中 :2019/06/14(金) 02:41:36.52 ID:LQZbcc5L.net

    THE CONFIDENCE MAN JP

    世界はダー子で廻っている

    嘘はいつだって真実より魅力的
    史上最大のコンゲーム<信用詐欺>が始まる!!

    目に見えるものが真実とは限らない。
    何が本当で、何が嘘か。あなたは真実を見抜けるか!?
    コンフィデンスマンの世界へようこそ!!

    舞台は香港

    ターゲットは世界最高のダイヤ

    天才 vs 天才

    究極の騙し合い

    復讐の愛憎劇

    あなたも絶対ダマされる。

    映画『コンフィデンスマンJP』公式サイト
    https://confidenceman-movie.com/
    http://www.toho.co.jp/movie/lineup/confidenceman_movie.html
    コンフィデンスマンJP - フジテレビ
    https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/
    【公式】『コンフィデンスマンJP』本当に映画化!2019年5月17日(金)公開! Twitter
    https://twitter.com/confidencemanJP
    【公式】コンフィデンスマンJP 2019年公開! Instagram
    https://www.instagram.com/confidenceman_jp/

    2019年5月17日(金) 公開

    長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 / 小日向文世
    織田梨沙 瀧川英次 Michael Keida / 前田敦子 佐津川愛美 岡田義徳 桜井ユキ
    生瀬勝久 山口紗弥加 / 小池徹平 佐藤隆太 吉瀬美智子 石黒 賢
    竹内結子 三浦春馬 江口洋介

    監督:田中亮
    脚本:古沢良太
    音楽:fox capture plan
    主題歌:Official髭男dism「Pretender」(ポニーキャニオン/ラストラム・ミュージックエンタテインメント)
    配給:東宝

    前スレ
    コンフィデンスマンJP 『ロマンス編』【長澤まさみ 東出昌大 小日向文世】
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1551100565/
    (deleted an unsolicited ad)


    (出典 www.cinra.net)


    【【コンフィデンスマンJP 『ロマンス編』】長澤まさみ 東出昌大 小日向文世】の続きを読む

    このページのトップヘ