ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    山口 紗弥加(やまぐち さやか、1980年2月14日 - )は、日本の女優・タレント。 福岡県出身。FLaMme所属。堀越高等学校卒業。 11歳の時、『東京ラブストーリー』に出演していた鈴木保奈美に憧れて女優を志す。1994年、14歳の時に日清食品「どん兵衛」でテレビCMデビュー。フジテレビ系テレビ
    35キロバイト (3,964 語) - 2019年12月6日 (金) 03:15



    (出典 grapee.jp)


    今も物凄く綺麗ですよ。

    1 スナネコ(秋田県) [ES] :2020/01/25(土) 18:49:09 BE:194767121-PLT ID:6ecZhl/40.net

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    安達祐実&貫地谷しほり&山口紗弥加が“演じる”ことを語る…「ボクらの時代」
    https://www.cinemacafe.net/article/2020/01/25/65522.html


    (出典 flamme.co.jp)


    【【山口紗弥加】若い頃は物凄い美人だったんだよ。今も美人だけど。】の続きを読む


    広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年7月18日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名、廣末 涼子(読み同じ)。夫はキャンドルアーティストのCandle JUNE。妹が一人いる。元衆議院議員の三村和也は母方の従兄。 高知県高知市出身。フラーム所属。1990年代後半に「ヒ
    49キロバイト (6,397 語) - 2020年1月19日 (日) 15:52



    (出典 lee.hpplus.jp)


    つらかったんですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/25(土) 09:40:36 ID:rLCmQZOI9.net

    女優の広末涼子(39)が25日放送のTBS「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。人気絶頂期、意図的に15キロ太ったことを明かした。

    14歳の時にCMモデルとして芸能界デビューした広末。その後は18歳の時に映画「鉄道員(ぽっぽや)」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、21歳の時にはフランス映画「WASABI」でジャン・レノ(71)とダブル主演するなど女優としての地位を確立していった。

    しかし、当時の広末は「このまま芸能界を続けていても限界」と苦悩していたという。「この世界を見るのが好きだったのに、見る時間がなかった。アウトプットばかりでインプットがなくて、自分が成長しているのか不安になって。フランスで仕事をさせてもらった時には、日本の芸能界の矛盾みたいなものもすごく感じて、芸能界が汚れた世界に見えてしまった」と振り返り、「人を傷付けずにどうやったら仕事をやめられるかな」と引退を画策したことを告白した。

    そこで広末が思いついた方法は「故意に太ること」。大量にあったCM契約の終了を狙ったという。「15キロ以上太りました。ラーメン、ビール、ラーメン、ビール。炭酸(飲料)、クッキー、炭酸、クッキー。人生の反抗期だったと思いますね」と回想していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000157-spnannex-ent
    1/25(土) 9:25配信


    (出典 travel.watch.impress.co.jp)


    【【広末涼子】「芸能界が汚れた世界に…」人気絶頂期に15キロ太ったワケ】の続きを読む


    福地 桃子(ふくち ももこ、1997年10月26日 - )は、日本の女優、タレント。 東京都出身。レプロエンタテインメント所属。父は哀川翔、母は青地公美。 哀川と青地との間に、5人兄妹の末っ子として自宅出産で誕生。3歳頃から小学6年生まで父についてVシネマの撮影現場に同行して、父の演技を目にしていた。
    11キロバイト (1,295 語) - 2020年1月24日 (金) 01:09



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)


    普通の子。

    1 湛然 ★ :2020/01/25(土) 05:10:21 ID:vIc8NzfH9.net

    2020.1.24 05:02
    福地桃子、「ウメッシュ」で歌初挑戦!哀川翔の次女がスター女優登竜門CM出演
    https://www.sanspo.com/geino/news/20200124/geo20012405020008-n1.html
    「酔わないウメッシュ」の5代目イメージキャラクターに選ばれた福地桃子

    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)



     俳優、哀川翔(58)の次女で女優、福地桃子(22)がチョーヤ梅酒「酔わないウメッシュ」の5代目イメージキャラクターに決まり、新CMが24日から放送される。

     同キャラクターは初代の北乃きい(28)、2代目の高畑充希(28)らを輩出したスター女優の登竜門。昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で飛躍した福地は「出演のお話をいただいたとき、とてもうれしく気合であふれていました」と瞳を輝かせた。

     CMは「ハンモック」篇と「問い詰める女」篇で、全国区のCMは初。オリジナルのCMソングで透明感のある歌声を披露しており、「これまた酔わないウメッシュにぴったり! 歌は初挑戦ですが、皆さまに魅力をお伝えできるように頑張りたい!」と意気込んだ。

    (おわり)


    【【福地桃子】「ウメッシュ」で歌初挑戦!哀川翔の次女がスター女優登竜門CM出演】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳の時に、ある
    58キロバイト (7,190 語) - 2020年1月10日 (金) 16:11



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    こうなるとネットの写真は信用できないね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/21(火) 09:48:17 ID:lytciHy39.net


    (出典 www.cyzo.com)


    剛力彩芽が19日に自身のインスタグラムを更新した。

    剛力は最近、ロングのウィッグで変装し、神戸の街で遊んだ様子をインスタに連投してたが、後日、「ただいま!ショート復活」とつづって、アグレッシブなショートヘアを披露したところ「やっぱりショートヘアがお似合い!」「あやめさんのショートヘアだいすき」という絶賛の声が集まったばかり。

    そんな剛力がこの日はまた神戸での1枚を投稿。「何年ぶりだろう笑。高校生以来のプリクラだと思う。たーのしかった」とコメントをつけて、同じ事務所の後輩・吉田麻梨沙との2ショットプリクラを公開した。

    この投稿にインスタグラム上では「か、か、可愛い!」「やっぱり美人が撮るプリクラはすごいことになりますね」といった声が寄せられていたが、その一方で「誰かと思った(笑)」「誰?っていうくらいに顔が変わりますね!」「剛力ちゃんじゃない…」といった驚きの声も少なくなかった。

    最近のプリクラは自動的に目や顔が加工されることもあって、今回の剛力のプリクラ写真もかなり違った顔に見える。そのせいかファンからすれば、「もはや誰?」と突っ込まずにはいられない投稿となったようだ。

    https://www.cyzo.com/2020/01/post_228971_entry.html
    2020/01/21 07:30


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【剛力彩芽】高校生以来のプリクラに大満足の様子を見せるも、あまりに別人で騒然】の続きを読む


    橋本 環奈(はしもと かんな、1999年2月3日 - )は日本の女優。福岡県出身。ディスカバリー・ネクスト所属。 2007年(小学校三年生当時)、「テレビに出たい」と思い、母に頼み福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属する。初めは地方CMの仕事が中心だったが、ステージに立つのも楽しそうだなと思
    173キロバイト (18,352 語) - 2020年1月20日 (月) 08:40



    (出典 img.cinematoday.jp)


    プロですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/21(火) 21:57:52.60 ID:lytciHy39.net

    2019年は出演映画3本が立て続けにヒット。弱冠20歳にして“映画女優”の地位を確立した橋本環奈。CMやバラエティー番組でも話題を呼び、躍進の年となった。2月に21歳となるが、20代はどんな女優を目指しているのだろうか。

    13年に「奇跡の1枚」と呼ばれる写真が拡散されてブレイクし、アイドルから女優への階段を上がってきた。
    17年に福田雄一監督映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』でコメディエンヌとしての才能を開花させ、18年には『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「グルメチキンレース・ゴチになります!」のレギュラーメンバーになるなど、女優・タレントとして人気を得ていた。
    そして迎えた19年は、出演映画3本が立て続けにヒット。映画はいずれも、19年を象徴する作品となっている。
    まず、1月に自殺願望のある女優・リョウコを演じた『十二人の死にたい子どもたち』が公開。
    杉咲花や新田真剣佑ら若手キャストばかりの挑戦作だったが、興行収入15.5億円のスマッシュヒットとなった。4月には山崎賢人や吉沢亮と共演した大作『キングダム』が公開され、愛嬌のある蓑をかぶった河了貂(かりょうてん)役を好演。
    緊迫感あふれる作中で貴重な癒やしとなり、実写邦画No.1(興収56.9億円)を後押しした。そして9月には、King & Princeの平野紫耀とのW主演作『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』が公開。
    平野演じる生徒会長と恋愛バトルを繰り広げるかぐや役を演じ、近年苦戦していたマンガ原作の恋愛もので異例の興収21億円をたたき出した。

    そのジャンルは、『十二人』が小説原作のミステリー、『キングダム』が青年マンガ原作のアクション、『かぐや様』が少年マンガ原作のラブコメディ。
    広瀬すず、永野芽郁ら同世代に実力派がひしめくなか、万人が認める“圧倒的なかわいさ”を持ちながら様々なジャンルの作品に自身をフィットできる希有な存在だ。

    女優にとって人気のバロメーターともいえる大手企業のCM契約も増加。バラエティ番組やSNSでも話題を振りまき、タレントパワーランキングではU-30(29歳以下)の女性タレントで一挙に3位に浮上した(「U30女性タレントパワー 1位有村架純、朝ドラ勢強し」)。

    本人は19年の自身の活動をどう思っているのか。まずは映画から振り返ってもらった。

    「『十二人の死にたい子どもたち』は、10代の子たちが死について語るという重いテーマを持った作品。私が演じたリョウコという女優さんは周りのすべてを見下していて、未来に希望がないと思っていて…という役柄。
    これまでとは違う、陰の部分を求められていた作品だったのかなと思います。

    『キングダム』は一転して、キャラクター感の強い役柄でした。主人公が武将になっていくアクション大作なんですけど、私だけアクションをほとんどやってないんですよ。吹き矢でフッ!という感じだったので(笑)。
    でも、あれだけ力強い、威厳のある人たちに周りを囲まれているからキャラが立つというか、それが貂なのかなと思って。普通の人間がいないなか、息抜きになるような、観客に寄り添えるキャラクターになれたらいいなと思って演じました。
    公開後はたくさんの方に見ていただけて。ネットニュースを見たら、安倍晋三さんと習近平さんが『キングダム、見ました』なんて話をしていてびっくりしましたね(笑)。

    『かぐや様は告らせたい』は、頭はいいけど恋愛には不器用というかぐやのギャップと、平野くんとの掛け合いのテンポ感を求められていたのではないかなと思います。
    ラブコメですけど、これは面白いラブコメというか。これまでのラブコメの枠組みとは違う、『かぐや様』にしかできないラブコメになったんじゃないかと思っています」

    テレビ界でも“橋本無双”は留まるところを知らない。数多くのバラエティ&トーク番組や、11月には『ZIP』(日本テレビ系)の金曜パーソナリティーとして登場し話題に。
    NTTドコモや日本コカ・コーラ「スプライト」、洋服の青山などCMの新規起用も相次ぎ、花王「ビオレu ザ ボディ」のCMでは男性の「2019年の主役」といえる田中圭と共演。
    CM総合研究所が発表している9月度銘柄別CM好感度ランキングでは5位に入るヒットとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00000007-nikkeisty-ent
    1/21(火) 17:12配信


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 news-img.dwango.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【橋本環奈】女優業は「全力で攻略するから楽しい」】の続きを読む

    このページのトップヘ