ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    96キロバイト (12,246 語) - 2019年10月9日 (水) 16:59



    (出典 geitopi.com)


    応援させていただきます。

    1 湛然 ★ :2019/10/14(月) 13:27:57.44 ID:UV4rOxFn9.net

    2019-10-11
    のん、テレビドラマ出演を待望する声に言及「光栄なこと」
    https://www.oricon.co.jp/special/53739/
    映画監督デビューを果たしたのん(C)oricon ME inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)



     映画監督、舞台、声優、バンド活動、個展開催と次々と新境地を開拓している女優・創作あーちすとののん。能年玲奈改め“のん”として活動を始めて3年、プラットフォームにこだわらず、常に「のんであること」を軸としているという。様々な表現の場を広げる彼女に、その原動力、そしてファン待望のテレビドラマ出演についても聞いた。

    ◆「ハードルを下げること」をポリシーに、自分の挑戦する姿で誰かの背中を押したい

     のんが映画監督デビューを果たした作品『おちをつけなんせ』の舞台裏を追ったドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』が2日よりYouTube Originals で公開されている。この作品でのんは、監督だけでなく、主演、脚本、演出、衣装、編集、音楽など全ての工程を手がけている。

    ――YouTubeという新しいプラットフォームでの挑戦はいかがですか。
    のん:YouTubeは世界中の人が見ることができて、自分の思い1つで誰でも挑戦できる場所なので、こういった場所で新たな表現ができることは嬉しいです。

    ――様々な表現がある中で、のんさんにとって「映画」はどのような表現の場ですか。
    のん:絵や音楽は自分の頭の中にあるものをそのままぶちまければ形になるんですけど、映画って、照明、カメラ、音声とかの専門的技術を持ったいろんな脳みその人が、違う発想をぶつけ合って作っていくもので。それを一つの画に収めるのが難しいからこそ、たくさんの人の人間味が詰まっている作品として見せられるのかなって思います。自分が書いた脚本で役者さんがどう動くのか、どういう照明でどう撮っていくのかは現場に入らないと分からないし、そういう意味で「変わっていけるもの」だと思いました。現場で生まれるもので、自分の描きたいことを表現していくのが映画なのかなって。

    ――監督のみならず、あらゆる役回りを全てこなすという経験はいかがでしたか。
    のん:その道のプロの人に1か月ちょっとで追いつけるわけがなくて。完成して見てみるとやっぱり稚拙な部分も多々あって、最初は“出すのが恥ずかしい”とも思ったんですけど、1回自分でやってみると“もっとこうしたい”という欲が出てきて、次への勇気やモチベーションに繋がってくるんですよね。そうやって、そのうち何かを掴む突破口に繋がってくるんだと思うんです。

    ――映画『おちをつけなんせ』を通して、どのようなことを伝えたいですか。
    のん:タイトルに込めた思いは、普段何につけても“おち”をつけることを求められるけど、“おち”がなくても話をしたり、何かに挑戦したりしていいと思うんです。“やりたい”っていう素直な欲の前に道がそれちゃうのは本当にもったいない。私、“ハードルを下げてやること”をポリシーにしていて、思いっきり飛ばなくても一歩踏み出せば超えられるハードルを設定して、好奇心のまま進んでいくようにしているんです。そして、のんが色々なことに挑戦する姿を受けて、誰かの気持ちを後押しする作品になればいいなと思っています。


    (出典 gratitude8888.biz)


    【【のん】テレビドラマ出演を待望する声に言及「光栄なこと」】の続きを読む


    清原 果耶(きよはら かや、2002年1月30日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。 大阪府出身。アミューズ所属。「アミューズオーディションフェス2014」グランプリ。ファッション雑誌『Seventeen』専属モデル。 家族そろってPerfumeのファンで、Perfumeに憧れて幼少
    55キロバイト (7,110 語) - 2019年10月12日 (土) 10:57



    (出典 wataruvt.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/14(月) 13:17:27.27 ID:2bAw0y1V9.net

    9月28日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、大ブレイクを果たした女優の清原果耶。広瀬すずの演じたヒロインの妹役として7月1日の放送から出演し、劇中で初めて出演が明かされたことでも話題になった。

    その清原は17歳というフレッシュさに加え、「シュポン!」の声が印象的なオロナミンCのテレビCMで見せる類まれなる透明感も魅力で、主演の広瀬を食うほどの存在感を見せていたもの。放送終了後にはファンから〈果耶ちゃんを出してくれてありがとう〉とNHKに感謝する声すら飛び出していたほどだ。ところがそんな清原が、一部視聴者から不評だったというのである。

    「『なつぞら』ではヒロインと生き別れた妹という陰のある役柄を演じた清原。その役柄ゆえに漂う陰気な雰囲気が不評の原因となったようです。朝ドラの主たる視聴者は50代以上の主婦層で、朝ドラには分かりやすいスカッとした展開が期待されています。そのため清原が醸し出す雰囲気に《朝から陰気臭い顔は見たくない》と声が挙がっていました」(芸能ライター)

    そんなネガティブな声もありつつ、NHKでは清原の演技力に高い評価を与えている。15年度後期の朝ドラ「あさが来た」でレギュラー出演者に起用したのを手始めに、18年7月期の「透明なゆりかご」ではドラマ初主演に抜てき。そして「なつぞら」ではサプライズ出演と、明らかな厚遇ぶりなのだ。

    「この調子ではいずれ、朝ドラのヒロインに抜てきされる可能性も十分にありそう。それゆえNHKとしては、メイン視聴者層からの思わぬ反応に驚いていることでしょう。ただ、朝ドラは国民的人気を得る大きなチャンスではあるものの、清原自身は朝ドラに固執するつもりはなさそう。所属事務所のアミューズはNHKと昵懇との噂ですし、むしろ大河ドラマへの起用もあるかもしれません」(前出・芸能ライター)

    いずれにせよ清原の前途が明るいことは確実なようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2039040/
    2019.10.14 10:15 アサジョ


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【清原果耶】「なつぞら」でブレイクもメイン視聴者に嫌われていた!?】の続きを読む


    伊藤 (いとう あゆみ、1980年4月14日 - )は、日本の女優。 東京都出身。セブンス・アヴェニュー所属。 6歳の頃から雑誌のモデルなどの仕事を始める、9歳の時からクラシックバレエを習い始める。家族の熱心な応援もあって女優を志し、1993年に大林宣彦監督の映画『水の旅人-侍KIDS-』でデビューした。
    31キロバイト (3,979 語) - 2019年9月14日 (土) 19:14



    (出典 trendnews.tokyo)


    名前から顔が浮かびませんでした。

    1 湛然 ★ :2019/10/15(火) 05:10:11.10 ID:BG0ttRtD9.net

    伊藤歩:「シャーロック」で13年ぶり“月9”出演へ キレ者敏腕刑事役でディーンと推理バトル
    2019年10月14日 テレビ
    https://mantan-web.jp/article/20191014dog00m200011000c.html

    連続ドラマ「シャーロック」第3話に出演する伊藤歩さん (C)フジテレビ

    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)



     女優の伊藤歩さんが、俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第3話(10月21日放送)に出演することが14日、分かった。伊藤さんが月9ドラマに出演するのは、2006年4月放送の「トップキャスター」以来、約13年ぶりとなる。伊藤さんは、警視庁捜査二課の敏腕刑事・市川利枝子を演じ、ディーン・フジオカさん演じる主人公・誉獅子雄と推理バトルを繰り広げるという。

     伊藤さん演じる市川利枝子は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介さん)らが一目置く敏腕刑事。市川は5年前に渋谷の一等地で起きた巨額な地面師詐欺の一件を担当していたが、逮捕できたのは犯行グループの一人、吉野正夫だけ。主犯の守谷という男に大金が渡ったところまで突き止めたが、吉野以外のメンバーはいまだ行方知れずだという。そんな市川は、渋谷の空き家で60代男性の死体が発見された事件で、獅子雄と接触する。実はこの空き家こそ、5年前に地面師詐欺の舞台になった邸宅で、詐欺被害に遭った建設会社の社長がその邸宅内で自*、いわく付き物件として空き家のままになっていた……という展開。

     「シャーロック」は、アーサー・コナン・ドイルのミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。現在の東京を舞台に、主人公の犯罪捜査専門コンサルタント、誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)と、精神科医の若宮潤一(岩田剛典さん)がバディーを組み難事件を解決していく姿を描く。

     ◇伊藤歩さんのコメント

     ――台本を読んだ感想

     第3話で扱う題材が“地面師詐欺”というあまり聞き慣れない言葉だったのですが、現実にこういう事件が起きているということを知り非常に驚きましたし、同時に、そんな悪徳で闇の深い事件の謎を解く獅子雄の着眼点がとても面白いなと思いました。普通の人が見向きもしないポイントにヒントを得て解決に導いていく獅子雄は頭の回転が速すぎるので、台本を読んでいてついていくのが大変でしたけど(笑い)、読み返していくうちに、“ああ! そういうことか!”という感動がありました。

     ――市川利枝子を演じるにあたって

     彼女はあるひとつの“美学”を持って生きている気がするんです。生き方も、自分の振る舞いも含めて自分なりの美しさを追求している印象を受けましたので、そこを膨らませてキャラクター像を作っていこうと思いました。もちろん刑事としては優秀で一目置かれる存在ですし運動神経も備わっている必要があると感じましたので、役作りにあたりトレーニングで体を絞ったり、体幹を鍛えたりしました。

     ――撮影現場の雰囲気について

     永山(耕三)監督とは1999年放送のドラマ「リップスティック」以来の再会でとても感動しました。監督の印象はあのときのまま変わっていなかったですが、監督からは“大人になったね”って言われて(笑い)。当時を懐かしく思う気持ちや、再会できた感動、またご一緒できる感謝の気持ちなどいろんな思いが混じり合って、楽しくリラックスしながらも良い緊張感のもと撮影に臨めています。

     ――ディーン演じる“シャーロック”について

     第1話、とっても面白く拝見しました! クスクス笑えるし、ディーンさんにしか出せない雰囲気があって。実際にお芝居でご一緒する際は“ここ、そういう感じなんだ!”とディーンさんならではの独特なシャーロック像を楽しく感じています。ディーンさんとは10年来の知り合いでして、こちらもまた面白い再会で幸せな気分です。

     ――視聴者へのメッセージ

     警察組織に自分の追い求める美学があるのか、その葛藤を抱えながら生きている利枝子の前に突然現れた獅子雄という男は、彼女にとってムカつく厄介な存在ではあるけれど、一方で“この人、面白い人だな”と惹(ひ)かれる何かを感じていると思うんです。利枝子自体にもミステリアスな怪しい側面がありますし、一体どのように事件の真相が暴かれていくのか、獅子雄の推理がとても面白いのでぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

    (おわり)


    (出典 www.crank-in.net)


    【【伊藤歩】「シャーロック」で13年ぶり“月9”出演へ キレ者敏腕刑事役でディーンと推理バトル】の続きを読む


    川上 麻衣子(かわかみ まいこ、1966年2月5日 - )は、日本の女優。 スウェーデン・ストックホルム市生まれ。ステージUPスタジオ所属。 ともにインテリアデザイナーである両親のスウェーデン留学に伴いスウェーデン・ストックホルムで誕生し、その後1歳で帰国。玉川学園小学部に入学後、再び9歳で訪れ約1
    36キロバイト (4,714 語) - 2019年9月22日 (日) 01:01



    (出典 news.mynavi.jp)


    猫は何を考えているんでしょう?

    1 フォーエバー ★ :2019/10/15(火) 17:45:46.24 ID:61vmtRPd9.net

    空前の飼い猫ブームの中、女優、川上麻衣子(53)が飼い主のための教室を開講することが14日、分かった。川上は一般社団法人「ねこと今日」の理事長でもあり、「どのように看取るかまで、知識や知恵を提供したい」とより良い共存に向け猫まっしぐら。専門家と知恵を絞る毎日だ。

       ◇

     人と猫が幸せに暮らせる環境を目指し、芸能界きっての猫好きが立ち上がった。

     バツイチ独身の川上は18歳のときから猫を飼い続けて35年以上。現在も東京都内の自宅で猫2匹と暮らす。2015年に猫の生と死を見つめたエッセー「彼の彼女と私の538日」(竹書房)を出版して以来、全国各地で猫に関する講演もこなし、猫への恩返しを常に心がけてきた。教室開講は、その一環だ。

     「猫にはユリの花とか食べてはいけないものがある。そうした食生活から育て方、繁殖のための知識、看取り方まで体系的に知っている人は少ない。それを教える教室があればいいなと思ったんです」と語る。場所は自身の生まれ故郷・スウェーデンの雑貨店を営む東京・台東区谷中にあるフリースペースと決めた。

     「講師は私も含め、猫行動学の専門家や猫ブリーダー、獣医さんら十数人。12回のコースで、修了者には何らかの資格や特典も提供し、情報発信者になってほしいと考えています」という。受講料は12回で4~5万円を設定、年内に決定し年明けに開講する予定だ。

     本業では11月1日に東京国際映画祭で先行上映される映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱」(大林宣彦監督、来年公開)に、体内に仕掛けられた爆弾で*れる衝撃的な役を熱演。ガラス工芸作家としても個展を重ねる一方、猫好きの交流の場として猫の多い街・谷中をもじったWEBサイト「にゃなか」の市長を務める。

     「自分の再婚はぜんぜん考えてない。それより猫のために何ができるか、飼い猫教室の開講は東京五輪の開かれる2020年、私にとっても節目の年になりそう」とにこやかに語る。大きな丸い瞳からして、前世はひょっとして猫だった!?

    10/15(火) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000502-sanspo-ent

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 trendnews.tokyo)


    【【川上麻衣子】飼い主のための「猫教室」開講 食生活から繁殖の知識、看取り方まで伝授】の続きを読む


    上戸 (うえと あや、1985年9月14日 - )は、日本の女優、歌手。東京都練馬区出身。オスカープロモーション所属。夫はEXILEのHIROで2児の母。 1997年、小学6年の時に「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。 1999年、4人組グループZ-1としてデビュー。
    35キロバイト (4,250 語) - 2019年10月14日 (月) 13:52



    (出典 sakurairoiro.net)


    子供生んでも綺麗なまんまですね。

    1 ひかり ★ :2019/10/14(月) 19:04:36.59 ID:eU7fh6e99.net

     女優の上戸彩(34)が14日、都内で行われた米映画「マレフィセント2」(18日公開)の吹き替え版完成披露試写会に出席。
    今年7月に夫でEXILEのHIRO(50)との間に第2子となる男児を出産後、初の公の場に姿を見せた。

     白ブラウスにワイドパンツを合わせてかれんに登場。スラリとしたスタイルにはじける笑顔と二児のママとなっても変わらぬ美貌で
    観客をとりこにした。
     日本語吹き替え版でオーロラ姫役を続投。声優として作品に関わった立場から、真実の愛が描かれる本作を
    「愛が感じられて、エンドロールで家族に会いたくなりました」と魅力をプッシュした。

     「-2」では、オーロラ姫がフィリップ王子にプロポーズされる場面も描かれる。上戸から「ほれぼれしました」と声を称賛された
    フィリップ王子役の小野賢章(30)は「恐縮です。『上戸さんに褒められた』とツイートしたいです」と大喜びだった。
     HIRO・上戸夫妻は12年9月に結婚。15年8月に第1子となる長女が誕生している。

    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/14/0012788688.shtml
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/14/0012788688.shtml?pg=2

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【上戸彩】第2子出産後初めて公の場に…スラリとしたスタイル変わらず】の続きを読む

    このページのトップヘ