ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ:政治 > 海外


    軍事情報包括保護協定 (GSOMIAからのリダイレクト)
    General Security of Military Information Agreement, GSOMIA、ジーソミア)とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。2019年8月
    4キロバイト (585 語) - 2019年8月22日 (木) 11:51



    (出典 news.nifty.com)


    戦争でもはじめる気ですか?

    1 ばーど ★ :2019/08/22(木) 20:22:44.81

    サバ煮だ

    韓国がGSOMIAを破棄する決定をした事について日本政府の反応。

    日本政府内には、韓国側が協定の破棄まではしないだろうという観測が強かった事から、韓国側の決定は衝撃をもって受け止められている。

    安倍首相は午後6時半ごろに首相官邸を後にしたが、記者団からの問いかけには無言で答えなかった。

    ある政府関係者はつい1時間前も「日韓外相同士はしっかりやりとりができているから」と楽観的な見通しを示していた。それだけに破棄の決定には政府内にも驚きが広がっており、ある官邸関係者は「もう頭がついていけない」とこぼしている。

    政府高官は、「日米の連携がしっかりしていれば、情報面での影響は少ない」と話しているが、ある防衛相経験者は「北朝鮮の対応について、日米韓の連携はできないというメッセージだ」と分析している。

    北朝鮮をめぐる安全保障面での日米韓3か国の連携に、今後影響が出るのは必至。

    2019年8月22日 19:06 日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2019/08/22/04486908.html

    (出典 www.news24.jp)


    ★1が立った時間 2019/08/22(木) 19:43:24.81
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566470604/


    (出典 www.sankei.com)


    【【GSOMIA破棄】日本政府の反応「もう頭がついていけない」】の続きを読む


    米国防総省、台湾を国家と表記 - 東亜日報
    米国防総省が最近発表した「インド太平洋戦略報告書」で、台湾を協力すべき対象「国家(country)」と表記した。これは、米国がこれまで認めてきた「一つの中国(one ...
    (出典:東亜日報)


    台湾(タイワン、中: 臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアに位置する島嶼(台湾島)、あるいは台湾島を中心に定義される幾つかの地域としての名称である。 1945年、当時台湾を統治していた日本が第二次世界大戦に敗れたことを受け、台湾は澎湖諸島と共に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の施政
    234キロバイト (28,350 語) - 2019年6月2日 (日) 21:26



    (出典 res.cloudinary.com)


    中国としては見過ごせない事案ですね。最悪の事態は避けて欲しいです。

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/09(日) 05:59:11.77

    米国防総省が最近発表した「インド太平洋戦略報告書」で、台湾を協力すべき対象「国家(country)」と表記した。これは、米国がこれまで認めてきた「一つの中国(one China)」政策から旋回して台湾を事実上、独立国家と認定することであり、中国が最も敏感に考える外交政策の最優先順位に触れ、中国への圧力を最大限引き上げようという狙いがうかがえる。

    国防総省は報告書で、「インド太平洋地域の民主主義国家として、シンガポール、台湾、ニュージーランド、モンゴルは信頼でき、能力がある米国のパートナー」とし、「4国は世界で米国のミッション遂行に貢献しており、自由で開かれた国際秩序を守護するために積極的な措置を取っている」と強調した。これらの国は、米国のインド太平洋戦略のパートナー国家として、既存の同盟国家である韓国、日本、オーストラリア、フィリピン、タイに触れ、追加で協力を拡大・強化する対象国として言及された。

    米国は1979年、中国との国交を正常化した後、「一つの中国」政策に基づいてこれまで台湾を国家と認定しなかった。その米国が事実上、米国に対抗する公式報告書で台湾を国家と表記したのだ。

    香港サウスチャイナ・モーニン・ポストは7日、関連内容を報じ、「米国が一つの中国政策を事実上、廃棄した」と指摘した。同紙は、「これは中国を狙った最近の米国の挑発的な措置の一つ」とし、「米中両国が貿易、セキュリティ、教育、ビザ、技術だけでなく『文明』競争を行う過程でトランプ政権が出した奇襲攻撃」と強調した。

    これに先立ち、ロイター通信によると、米国は台湾に対戦車兵器など20億ドル(約2兆3620億ウォン)規模の兵器販売も推進している。台湾との外交関係修復と協力強化、軍事的支援を通じて、台湾を中国封鎖政策に参加する域内プレーヤーに引き込むということだ。米中間の覇権競争が激化する状況で、中国の激しい反発が予想される。

    「関税爆弾」を前面に出した米中両国の貿易紛争も、解決策が見出せない。トランプ米大統領は6日(現地時間)、今月末の大阪での主要20ヵ国・地域(G20)首脳会議で、中国の習近平国家主席と首脳会談を行った後、中国製品に追加関税をするかどうか決めると明らかにした。ロイター通信によると、欧州を歴訪中のトランプ氏は同日、フランスのマクロン大統領との昼食前に記者団に、中国に3千億ドル(約354兆ウォン)規模の新たな関税を課す時期を問われ、「G20の後、2週間以内に決定する」と話した。

    米国が、中国の世界貿易機関(WTO)内の開発途上国の地位剥奪を推進中という報道もある。7日、「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)の中国語版によると、米下院外交委員会所属のテッド・ヨーホー議員(共和党・フロリダ州)は同日、米外交政策委員会(AFPC)の主催で開かれた中国関連会議で、「米議会は政府とともに中国の開発途上国地位の剥奪を推進しており、ポンペオ長官と議論した」と明らかにした。

    http://www.donga.com/jp/article/all/20190608/1754912/1/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E9%98%B2%E7%B7%8F%E7%9C%81%E3%80%81%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%82%92%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%A8%E8%A1%A8%E8%A8%98

    ★1がたった時間:2019/06/08(土) 18:23:11.44
    【アメリカ国防総省】台湾を「国家」と表記 台湾を事実上、独立国家と認定★12
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560014762/


    (出典 tripping.jp)


    【【アメリカ国防総省】台湾を「国家」と表記 台湾を事実上、独立国家と認定】の続きを読む


    さいたまで警官、刃物男に発砲、搬送先で死亡(写真=共同) - 日本経済新聞
    28日午後2時15分ごろ、さいたま市見沼区大和田町1の路上で警察官が刃物を持って向かってきた男に発砲し、腹部に命中した。県警は公務執行妨害容疑で男を現行犯 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 i.ytimg.com)


    怖かったんでしょうね。

    1 ばーど ★ :2019/05/29(水) 20:13:46.41

    きのう28日(2019年5月)午後2時ごろ、さいたま市見沼区でも刃物を持った男が暴れる事件があった。通報で駆けつけた警察官2人に襲いかかり、警察官は拳銃を空に向けて撃って警告したが、男は包丁を振り上げ迫ってきたためさらに1発ずつ発砲し、このうち1発が男の腹部に命中し死亡した。

    その模様を撮った2分17秒の映像があった。警察官は「本当に撃つぞ、刃物を置け」「早く捨てろ、置けよ、ほら」と怒鳴っている。近所の人に向けてか、「危ないから家に入って、早くしろ」の呼びかけもあり、犯人らしい「うるせえ」の怒声や、撮影者の「やばい、やばい。こわ、人撃つな」の声も入っていた。直後、バン、バンという発砲音が聞こえた。

    ヨロヨロ老人に発砲、適正だったか?

    男は、近くに住む鎌田幸作容疑者(68)で、生活保護で暮らしていた。同居する男性は「きのう1時ごろ、怖い顔をして刃物を持っていた」という。目撃者から岸本哲也リポーターが聞いた話では、「(鎌田は)猛進というよりヨロヨロしていた」そうだ。

    吉川祐二(警視庁元刑事)「発砲は適法性と妥当性が問題で、警棒での対応は考えられなかったのかという気もする。ただ、しっかり警告してからやっていますね」

    デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「ゴム弾とかも、日本では使えません*え」

    埼玉県警は「拳銃使用は適切だった」とコメントしている。

    2019年5月29日 13時35分
    J-CASTテレビウォッチ
    http://news.livedoor.com/article/detail/16534555/

    【動画】
    (出典 Youtube)
    &feature=youtu.be

    関連スレ
    【埼玉】さいたま 刃物男(68)、病院で死亡 警察に腹部撃たれる ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559051717/

    ★1が立った時間 2019/05/29(水) 15:41:47.59
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559124517/


    【【ご近所さん撮影】さいたま刃物男(68) 警察官が「本当に撃つぞ」と警告後、撃たれて死亡 ヨロヨロの老人に発砲、適正だったか?】の続きを読む


    米高官、トランプ氏の対中関税表明は「警告」(写真=AP) - 日本経済新聞
    【ワシントン=鳳山太成】米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は5日、トランプ大統領が表明した対中関税の引き上げについて「大統領は警告を発している」と説明した。
    (出典:日本経済新聞)


    ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。第45代アメリカ合衆国大統領。シャドー・バンキング隆盛期にアメリカ合衆国で知られた実業家。シティグループから融資を受け、みずから設立したカジノ・ホテル運営会社トランプ
    385キロバイト (47,921 語) - 2019年5月2日 (木) 05:16



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    とにかく、ヤバいらしいです。

    1 孤高の旅人 ★ :2019/05/06(月) 10:36:53.45

    米、対中関税25%に引き上げ=トランプ氏、ツイッターで表明
    5/6(月) 2:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000001-jij-n_ame

     【ワシントン時事】トランプ米大統領は5日、中国からの輸入品2000億ドル相当(約22兆円)に対する追加関税を10日に現在の10%から25%に引き上げるとツイッターで表明した。 

    ★1:2019/05/06(月) 02:34:30.75
    前スレ
    【関税】米、対中関税10%から25%に引き上げ=トランプ氏、ツイッターで表明 ★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557100918/


    【【関税】米、対中関税10%から25%に引き上げ=トランプ氏、ツイッターで表明】の続きを読む


    トランプ氏、7歳少年に「まだサンタを信じてる?」 - BBCニュース
    ドナルド・トランプ米大統領は24日のクリスマス・イブ、ホワイトハウスに電話してきた少年に、サンタクロースを信じているか尋ねた。
    (出典:BBCニュース)


    2017年ドナルド・トランプ大統領就任式(にせんじゅうしちねんドナルド・トランプだいとうりょうしゅうにんしき)は、2017年1月20日(アメリカ東部時間)に挙行された、ドナルド・トランプの第45代アメリカ合衆国大統領就任、およびマイク・ペンスの第48代副大統領就任に際して、それぞれ就任宣誓を披露する式典である。公開式典はワシントンD
    9キロバイト (839 語) - 2018年8月2日 (木) 23:28



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    これ、ホント?

    1 ニライカナイφ ★ :2018/12/25(火) 22:48:15.37

    米国大統領はサンタクロースの存在に疑問を投げ掛け、自らサンタの「悪い子リスト」に入ったようだ──ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、サンタクロースの位置情報を提供する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)宛てに電話をかけた7歳の子どもに対して「まだサンタを信じているのか」と発言し、インターネット上で非難の声が上がっている。

    NORADでは毎年、サンタクロースを「追跡」して位置情報を提供し、クリスマスイブにはサンタの居場所を尋ねる子どもたちからの電話に応対している。

    トランプ氏はこの日、メラニア・トランプ(Melania Trump)夫人と共に応対係として参加。

    7歳の子どもからの電話に対し、最初は「やあ、コールマンかな?メリークリスマス。元気かい?君は何歳かな?」と当たり障りなく対応した。

    しかしその後、決して言ってはならないことを口にしてしまった。

    「まだサンタクロースを信じているのかい?7歳といったら大人と子どもの境界線だろう?」

    ソーシャルメディア上では大統領のこの発言に非難が寄せられており、あるツイッター(Twitter)ユーザーは「サンタを信じる気持ちはできるだけ失われないようにするべきだ。無邪気な年頃に終止符を打つような行為だ」と投稿。

    また、「トランプ大統領がグリンチ(童話に登場する他人のクリスマスを台無しにする架空の生き物)だということが、これで一層証明された」との声も上がった。

    今年、コールマンくんがサンタのためにクッキーとミルクを置いておくのをやめてしまったのかどうかは分かっていない。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3204008

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【トランプ大統領】「その歳でまだサンタを信じてるのか?」 トランプ大統領、7歳の子どもに発言して炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ