ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ: 社会


    秋元康原案「あなたの番です」2話でわかった全真相、NGT48事件とも重なるメッセージから読み解く(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
    暴行事件に関して、山口真帆さんは個人として情報を発信し、運営会社と対立した。同調圧力を求めているように見えてしまったNGT48の運営会社の対応は、ファンを苛立た ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    秋元自身は、おニャン子クラブについては共同作業であるとし、自分は仕掛け人ではないと説明している。また、国生さゆりは「構成作家秋元さんはスタッフ一員、いい意味で他のスタッフと同列だった」と述べている。1986年オリコンウィークリーチャート52週うち36週でおニャン子クラブ関係
    179キロバイト (18,358 語) - 2019年5月2日 (木) 05:18



    (出典 pbs.twimg.com)


    ふざけてますよね。

    1 豆次郎 ★ :2019/05/02(木) 18:08:50.39 ID:h1vsCuq89.net

    【芸能ニュース舞台裏】山口真帆“たったひとりの反乱” NGT騒動で問われる芸能プロの存在意義

     アイドルグループ、NGT48の着地点が見えない。昨年12月、メンバーの山口真帆(23)が自宅で暴行被害を受けてから始まった一連のトラブルは先日、山口の卒業発表で終着点に向かうのか。

     「これは山口の“たったひとりの反乱”。それに仲良しの2人が同調した」

     そう読み解くのはAKB48グループ関連本を手掛ける編集者だ。さらに続ける。

     「“会いに行けるアイドル”はある意味“野放しアイドル”でもある。それはファンにはありがたく、プロダクション側にとっても、アイドルを売り出すための莫大な必要経費を抑えることができる。でも、最終的に露呈したのはアイドルを守り切れない脆弱さ。それに山口らの腹の虫がおさまらなかったのです」

     ここで間を置き「改めて重要視されるのは、タレントの全責任を負う芸能プロダクションという存在。タレントに、所属することが同時に安心感を与えるのがプロダクション。所属することは命を守られるということ。しかし今回は命が脅かされた。それは信頼関係が脅かされるということですよ」

     解体的出直しが現実味を帯びる。

    https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/190428/ent1904280003-s1.html


    (出典 wezz-y.com)


    【【#秋元さんあなたの番です】山口真帆のたったひとりの反乱に仲良しの2人が同調した NGT騒動で問われる芸能プロの存在意義】の続きを読む


    急に無視されても理由が分からない…妻の不機嫌におびえる夫たち - livedoor
    妻の不機嫌に怯える夫たちとしては、「何があっても無視しないでほしい」「話し合っている最中に無言はないでしょ」とささやかな反論が聞こえてくる。直接、妻には言えない ...
    (出典:livedoor)


    (つま)は、結婚している女性の配偶者を示す言葉である。一般的に「」は、配偶者の中でも女性の方を示す。という表現は、自分の相手から分かれた女性には適用され続けているが、合法的に認められた離婚やパートナーの死亡によって、その女性の結婚が終わった時にのみ、その表現は適用されなくなる。配偶者と死別し
    35キロバイト (5,168 語) - 2018年7月10日 (火) 14:22



    (出典 dime.jp)


    無視、無言は最低の行為だと思います。

    1 みなみ ★ :2019/04/26(金) 22:21:27.12

    2019年4月26日 16時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16377703/

    妻の不機嫌に怯える夫たちとしては、「何があっても無視しないでほしい」「話し合っている最中に無言はないでしょ」とささやかな反論が聞こえてくる。直接、妻には言えないため、無視されたときの心理を細かく語ってもらった。

    ■急に無視されても理由がわからなくて困惑

    「うちの妻、あるとき突然、僕を無視するようになるんですよ。たぶん、僕が何かやらかしているんだろうけど、理由がわからない。『悪いところがあったら反省するけど、理由がわからないからどうしようもないよ』と言っても無視。
    目の前にいるのに、いないかのようにふるまわれると、ものすごく気持ちが落ち込むんですよね。自分が無価値に思えてくる」

    ユウジさん(44歳)はそう話す。結婚して15年、13歳と10歳の子がいるが、妻は子どもたちの前でも平気で夫を無視するという。

    「そうなると子どもたちも僕には話しかけてきません*。家庭内は最悪の雰囲気。子どものためにもよくないなあと思うんです。1週間近くそういう状態が続くこともあります。トークアプリで話しかけてみても無視。妻の機嫌が直るのを待つしかありません」

    いくらか機嫌がよくなってきたら、花やケーキなど妻の好きなものでさらに機嫌がアップするように心がける。その後、何が原因だったか聞いてみるのだが、そのころには妻自身も忘れていることが多い。
    子どもの前ではせめて普通にしていてほしいと訴え、そのときは「わかった」と言うものの、数ヶ月たつとまた同じことが繰り返される。

    「もう少し子どもたちが大きくなったら、いつかビシッと言ってやろうと思っているんですが。彼女自身がそのことについてどう思っているかわからないのがつらいですね」

    以下ソースで読んで
    ★1 2019/04/26(金) 19:41:29.57
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556275289/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【妻】無視、無言はやめてほしい… 妻の不機嫌におびえる夫たち★2】の続きを読む


    【東大入学式】上野千鶴子さん祝辞の反応は。東大女子のつらさ思い出し涙したOG - Business Insider Japan
    4月12日に行われた東京大学の入学式での祝辞が大きな反響を呼んでいる。祝辞を読んだのは、社会学者で認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長の上野 ...
    (出典:Business Insider Japan)



    (出典 upload.wikimedia.org)


    社会の本質をとらえていると思います。応援します。

    1 KingFisherは魚じゃないよ ★ :2019/04/13(土) 08:43:09.80

    「がんばっても報われない社会が待っている」東大の入学式で語られたこと

    「ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました」

    「その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょうーー」

    4月12日に開かれた東京大学の入学式の祝辞が、話題を呼んでいる。

    「がんばっても報われない社会が待っている」

    新入生約3100人を前に祝辞を述べたのは、ジェンダー研究(女性学)の第一人者で、同大名誉教授の上野千鶴子さん。

    上野さんは、東京医科大学が女子受験者を差別していた入試不正問題に触れ、「あなたたちはがんばれば報われると思ってここまで来たはずです。

    ですが、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」と述べた。

    (祝辞抜粋)

    あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。

    ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。

    そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

    あなたたちが今日「がんばったら報われる」思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

    世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。

    がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

    あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。


    (画像)

    (出典 img.buzzfeed.com)


    (全文)
    https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/tokyo-uni


    【【上野千鶴子】「がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」「・・・自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。」】の続きを読む


    「優先席に座れて当然」と思う高齢者の勘違い - 東洋経済オンライン
    電車やバスなど、公共交通機関に乗ると、たいてい「優先席」がある。お年寄り、妊婦などの方の「優先席」というステッカーが貼ってある。これは「弱者への思いやり」ということ ...
    (出典:東洋経済オンライン)


    優先席 (シルバーシートからのリダイレクト)
    )が座席の色を変えること提案したが、当時の国鉄は赤字で、大量の座席シートを替える為のお金の捻出が困難な状況であったため、在庫を探しての決定で、浜松工場に在庫があった新幹線0系電車の座席に使うシルバーグレー色の予備布地を利用してシートを設定したことからといわれる。
    31キロバイト (4,403 語) - 2019年3月2日 (土) 04:06



    (出典 www.chichilog.com)


    シルバーシートとは弱者のシート、思いやりのない弱者同士の醜い争い。

    1 樽悶 ★ :2019/04/06(土) 06:57:20.31

     高齢男性が子どもが座っているバス座席に、無理やり座ったことで子どもの母親らと言い争いになった。そのトラブルの様子を乗客が撮った動画がSNSに投稿され、490万回も再生されてさまざまな意見が飛び交っている。

     先月29日(2019年3月)午後6時ごろ、横浜市内を走るバスで、右窓側先端の1人掛け座席に座っていた子ともの隙間に、73歳の高齢男性が無理割りこんで座った。すかさず、母親とみられる女性が「あなたムリヤリそこに座ることはないでしょ。ちゃんと言葉でいえばいいんですよ」

     男性「じゃどうやって座れっていうんだよ」

     女性「あなたこの子といくつ離れているんですか」

     男性「関係ないやんか、そんなこと」

     女性「50以上離れているんだからあなたは、絶対に」

     男性「なんでこんなチンピラが座っとってな、なんで俺が立たなあかんねん」

     女性「あなたね、子どもに対してチンピラって言う、その言い方はないです。本当に頭にきました。あなたが常識ないんでしょ。みな思ってますよ、あなたが間違っているって」

     互いに、なかなかの権幕だ。

    ■どっちもどっちか・・・声掛けあってればなんということない話

     二つ後の座席に座っていた女性は、「見た感じは、お祖父ちゃんとお孫さんが座っている感じ。そのくらいにしか見えなかった」と話しており、大人と子どもと並んで座れない狭さではなかったようだ。

     国際政治学者の三浦瑠麗は「『座らせてくれる?』みたいな挨拶もないし、1人掛けの席に息子にピタッと座られたら基本的に危機感を感じるでしょうね。それに対し、ああいう言い方をするかどうかは別にして、年齢別の対立がある。高齢者は自分に席を譲るのは当然だと思う気持ちがあるから、強いやり取りになったんでしょうね」

     65歳以上が3人に一人という高齢化の一方で、少子化がもたらす子どもへの過保護。世代間の感情的なもつれがたまたまバスの中で出現したように見える。

    J-CASTニュース:2019/4/ 4 15:26
    https://www.j-cast.com/tv/2019/04/04354416.html
    動画:

    (出典 Youtube)


    ★1:2019/04/04(木) 16:01:52.14
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554490708/

    関連スレ:
    【とくダネ】小倉智昭、バス車内での座席割り込み動画に「どっちもどっち」 “高齢者擁護”で批判殺到「おまえも老害だわ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554372619/
    【芸能】木村太郎、バス運転手は「安全に車を運転する係」口論仲裁は「仕事ではない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554445826/


    【【シルバーシート】「なんで俺が立たなあかんねん」 高齢者に譲るべきか、子ども優先か バス座席でおじいちゃんと母親が罵り合い】の続きを読む


    高齢者に譲るべきか、子ども優先か――バス座席でおじいちゃんと母親が罵り合い - J-CASTニュース
    高齢男性が子どもが座っているバス座席に、無理やり座ったことで子どもの母親らと言い争いになった。そのトラブルの様子を乗客が撮った動画がSNSに投稿され、490万回 ...
    (出典:J-CASTニュース)


    優先席(ゆうせんせき)とは、鉄道車両やバスなどに設置されている、高齢者・障害者・けが人・体調不良者・妊婦・乳幼児連れ(ベビーカー含む)などを、椅子への着席を優先・若しくは促す座席である。 世界各国において、鉄道、バスにおいて優先席を設置している事業者は存在している。 優先席は、他の
    31キロバイト (4,403 語) - 2019年3月2日 (土) 04:06



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    私は横浜で働いていますが、横浜らしいエピソードです。

    1 樽悶 ★ :2019/04/04(木) 16:46:44.99

     高齢男性が子どもが座っているバス座席に、無理やり座ったことで子どもの母親らと言い争いになった。そのトラブルの様子を乗客が撮った動画がSNSに投稿され、490万回も再生されてさまざまな意見が飛び交っている。

     先月29日(2019年3月)午後6時ごろ、横浜市内を走るバスで、右窓側先端の1人掛け座席に座っていた子ともの隙間に、73歳の高齢男性が無理割りこんで座った。すかさず、母親とみられる女性が「あなたムリヤリそこに座ることはないでしょ。ちゃんと言葉でいえばいいんですよ」

     男性「じゃどうやって座れっていうんだよ」

     女性「あなたこの子といくつ離れているんですか」

     男性「関係ないやんか、そんなこと」

     女性「50以上離れているんだからあなたは、絶対に」

     男性「なんでこんなチンピラが座っとってな、なんで俺が立たなあかんねん」

     女性「あなたね、子どもに対してチンピラって言う、その言い方はないです。本当に頭にきました。あなたが常識ないんでしょ。みな思ってますよ、あなたが間違っているって」

     互いに、なかなかの権幕だ。

    ■どっちもどっちか・・・声掛けあってればなんということない話

     二つ後の座席に座っていた女性は、「見た感じは、お祖父ちゃんとお孫さんが座っている感じ。そのくらいにしか見えなかった」と話しており、大人と子どもと並んで座れない狭さではなかったようだ。

     国際政治学者の三浦瑠麗は「『座らせてくれる?』みたいな挨拶もないし、1人掛けの席に息子にピタッと座られたら基本的に危機感を感じるでしょうね。それに対し、ああいう言い方をするかどうかは別にして、年齢別の対立がある。高齢者は自分に席を譲るのは当然だと思う気持ちがあるから、強いやり取りになったんでしょうね」

     65歳以上が3人に一人という高齢化の一方で、少子化がもたらす子どもへの過保護。世代間の感情的なもつれがたまたまバスの中で出現したように見える。

    J-CASTニュース 2019/4/ 4 15:26
    https://www.j-cast.com/tv/2019/04/04354416.html
    動画
    https://twitter.com/666free666/status/1111602104458633216

    ★1:2019/04/04(木) 16:01:52.14
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554361312/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【席取りゲーム】「なんで俺が立たなあかんねん」 高齢者に譲るべきか、子ども優先か バス座席でおじいちゃんと母親が罵り合い】の続きを読む

    このページのトップヘ