ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ: 芸能


    白石 麻衣(しらいし まい、1992年8月20日 - )は、日本のアイドル、女優、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『LARME』の元レギュラーモデル、『Ray』の元専属モデルである。群馬県出身。身長162 cm。血液型はA型。愛称は、まいやん。3サイズはバスト8
    86キロバイト (11,820 語) - 2019年10月12日 (土) 21:02



    (出典 static-maquia.hpplus.jp)


    今の状況に感謝します。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/14(月) 14:21:25.06 ID:2bAw0y1V9.net

    アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(27歳)、松村沙友理(27歳)が、

    10月12日に放送された旅番組「#乃木坂
    世界旅 今野さんほっといてよ!ハワイ編 Day1」(AbemaTV)に出演。
    「もし乃木坂46をやってなかったら何になってたと思う?」について語った。

    「#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!」は乃木坂46の新レギュラー番組で、月ごとに違う乃木坂46メンバーが、完全自由な海外旅行に出かけていく。
    10月の初回放送では、“さゆまい”こと白石、松村のコンビが常夏の楽園・ハワイへと旅立った。

    旅の中で、「もし乃木坂46をやってなかったら」との話題になった際、白石は「たぶんプータローだったと思う」と言いつつ、
    「高校2年生までは保育士を目指してたけど、今は乃木坂46に入ってよかったと思ってる、すごく」と感慨深げに話した。

    一方、松村も「母の影響で看護師や助産師を目指していた」と話し、
    「助産師の夢を追いかけている友人に、いつか赤ちゃんを取り上げてもらおうと高校の同級生たちと話している」と語った。

    10/14(月) 12:37
    https://article.yahoo.co.jp/detail/631d20ebdd711df162265e19aad3dc2041445b05



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 girlswalker.com)


    【【白石麻衣】乃木坂やってなければ「たぶんプータロー」】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    96キロバイト (12,246 語) - 2019年10月9日 (水) 16:59



    (出典 geitopi.com)


    応援させていただきます。

    1 湛然 ★ :2019/10/14(月) 13:27:57.44 ID:UV4rOxFn9.net

    2019-10-11
    のん、テレビドラマ出演を待望する声に言及「光栄なこと」
    https://www.oricon.co.jp/special/53739/
    映画監督デビューを果たしたのん(C)oricon ME inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)



     映画監督、舞台、声優、バンド活動、個展開催と次々と新境地を開拓している女優・創作あーちすとののん。能年玲奈改め“のん”として活動を始めて3年、プラットフォームにこだわらず、常に「のんであること」を軸としているという。様々な表現の場を広げる彼女に、その原動力、そしてファン待望のテレビドラマ出演についても聞いた。

    ◆「ハードルを下げること」をポリシーに、自分の挑戦する姿で誰かの背中を押したい

     のんが映画監督デビューを果たした作品『おちをつけなんせ』の舞台裏を追ったドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』が2日よりYouTube Originals で公開されている。この作品でのんは、監督だけでなく、主演、脚本、演出、衣装、編集、音楽など全ての工程を手がけている。

    ――YouTubeという新しいプラットフォームでの挑戦はいかがですか。
    のん:YouTubeは世界中の人が見ることができて、自分の思い1つで誰でも挑戦できる場所なので、こういった場所で新たな表現ができることは嬉しいです。

    ――様々な表現がある中で、のんさんにとって「映画」はどのような表現の場ですか。
    のん:絵や音楽は自分の頭の中にあるものをそのままぶちまければ形になるんですけど、映画って、照明、カメラ、音声とかの専門的技術を持ったいろんな脳みその人が、違う発想をぶつけ合って作っていくもので。それを一つの画に収めるのが難しいからこそ、たくさんの人の人間味が詰まっている作品として見せられるのかなって思います。自分が書いた脚本で役者さんがどう動くのか、どういう照明でどう撮っていくのかは現場に入らないと分からないし、そういう意味で「変わっていけるもの」だと思いました。現場で生まれるもので、自分の描きたいことを表現していくのが映画なのかなって。

    ――監督のみならず、あらゆる役回りを全てこなすという経験はいかがでしたか。
    のん:その道のプロの人に1か月ちょっとで追いつけるわけがなくて。完成して見てみるとやっぱり稚拙な部分も多々あって、最初は“出すのが恥ずかしい”とも思ったんですけど、1回自分でやってみると“もっとこうしたい”という欲が出てきて、次への勇気やモチベーションに繋がってくるんですよね。そうやって、そのうち何かを掴む突破口に繋がってくるんだと思うんです。

    ――映画『おちをつけなんせ』を通して、どのようなことを伝えたいですか。
    のん:タイトルに込めた思いは、普段何につけても“おち”をつけることを求められるけど、“おち”がなくても話をしたり、何かに挑戦したりしていいと思うんです。“やりたい”っていう素直な欲の前に道がそれちゃうのは本当にもったいない。私、“ハードルを下げてやること”をポリシーにしていて、思いっきり飛ばなくても一歩踏み出せば超えられるハードルを設定して、好奇心のまま進んでいくようにしているんです。そして、のんが色々なことに挑戦する姿を受けて、誰かの気持ちを後押しする作品になればいいなと思っています。


    (出典 gratitude8888.biz)


    【【のん】テレビドラマ出演を待望する声に言及「光栄なこと」】の続きを読む


    葉月 あや(はづき あや、1991年6月9日 - )は、日本のグラビアアイドル。愛知県佐久島出身。所属事務所はリップ。 2013年11月、GIRLS-PEDIA Vol.3(季刊誌)にて、初めてグラビアページを飾る。 2014年3月、『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』にて日テレジェニック候補生になる。
    8キロバイト (795 語) - 2019年10月12日 (土) 01:22



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    ぎりですかね。

    1 マイソールのネコ ★ :2019/10/16(水) 20:11:43.78 ID:4lw8eNd49.net

    DVD&Blu-ray発売イベントに登壇した葉月あや

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    グラビアを中心に活躍中のタレント葉月あやが、9月25日に16枚目となるDVD&Blu-ray「僕の彼女は葉月あや」(ラインコミュニケーションズ)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

    今年7月頃沖縄で撮影された本作。葉月は「台風が来ていたんですけど、私の時だけ晴れたんです。晴れ女を発揮しました(笑)」と笑顔であいさつした。

    「今回はタイトルが『僕の彼女は葉月あや』なんですけど、この通りで、彼女感…彼女という設定です。ガテン系彼女なのかな、ちょっと。車屋さんで働いている彼女という設定です」と全体的なストーリーを紹介した。

    ちなみに葉月自身も“ガテン系”と呼ばれる体力仕事を経験したこともあるとのこと。「引っ越しのバイトをしたことがあります。あと、庭師のバイトもしたことがあります、16歳くらいの時に(笑)」と意外な体験談も飛び出した。

    そんな中、お気に入りのシーンには「二ついいですか?一つは朝ベッドのシーンで、もう一つはギャル高校生でダンスをしているシーンがあるんですけど。

    “トゥワークダンス”っていうおしりを振るダンスがあるんですけど、それが得意で。ラテン系の方がおしりでダンスをするんですけど、それがてんこ盛りなんですよ!ダンスシーンが!なのでそこがお気に入りです」と笑顔でアピールしていた。(ザテレビジョン)

    10/14(月) 17:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00207917-the_tv-ent


    (出典 hochi.news)


    【【葉月あや】最新DVDお気に入りは尻振りダンス「台風が来ていたけど、私の時だけ晴れ」「晴れ女を発揮しました(笑)」】の続きを読む


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    30キロバイト (3,933 語) - 2019年10月12日 (土) 07:55



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    くだらない内輪揉め。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/16(Wed) 18:52:53 ID:CcrTpo/69.net

    『ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?』
    『事務所総出でやりますね』
    『いい歳こいた*』

    愛娘と一緒に”全身黒ずくめ”で書店を闊歩する木下優樹菜&フジモン夫妻はコチラ

    実姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナーに対し、暴言とも思われるDM(ダイレクトメール)を送りつけていたことが暴露された、
    タレントの木下優樹菜。インスタグラムで即座に謝罪したものの、現在もネット上では炎上が続いている。

    「木下はインスタでファッションや、コスメなどを紹介すると女性層からの反響が大きく、何気ない写真を投稿しても軽く数万件以上の“いいね!”が押され、200件以上のコメントが書き込まれています。
    同世代の女性たちに、絶大な影響力を持っているんです。
    ちなみに今回の騒動の謝罪したインスタの投稿には、9000件以上(10月15日時点)のコメントが書き込まれていますが、
    目を覆いたくなるような辛辣なコメントがずらりと並んでいますね」(スポーツ紙記者)

    ‘10年にお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史と結婚。
    現在は2人の女児を育てるママでもあり、主婦業との兼ね合いのためテレビ露出もそこまで多くない。

    だが、好きなママタレの調査では、木下は小倉優子、辻希美、藤本美貴らと並び『ママタレ四天王』に君臨。
    独身のころは、比べものにならないほどの“巨額マネー”を手にしている。

    「例えば日用品やファッション関係のPR会見に、木下クラスの“ママタレ”を呼ぶとなると1回300万円~400万円という高額なギャラが発生します。
    それでも、情報番組やネットニュースなどで取り上げてくれるとその商品はバカ売れするので、クライアントは喜んで彼女たちをキャスティングしたがるのです。
    テレビCMに比べると安いもんですし、木下さんも相当、稼いでいたと思いますよ」(PR会社関係者)

    芸能リポーターなどに囲まれ、楽しそうに話している木下の映像をテレビで見たことのある人は多いはずだ。
    あの笑顔のウラで、大金が動いているわけだ。

    「もっと手軽に大金を稼げるのがインスタやブログですよ。人気の“ママタレ”が、『この化粧品大好き!』とか、『このチューハイうまい!』と言って、
    顔の近くに商品を持ってきて自撮りし#(ハッシュタグ)つきで商品名も掲載する。
    1分もかからないほどの仕事ですが、木下クラスのインフルエンサーになると1フォロワーにつき4~6円支払われるでしょう。
    フォロワーは500万人以上いるので仮に5円だとすると1回で2500万円以上になる。
    こういった企業案件だけでなく、ブログではPV数に対する広告収入もあるのでとんでもない稼ぎですよ。
    事務所にいくら入るのかは分かりませんが、夫である藤本さんの数倍は稼いでいるでしょうね」(広告代理店関係者)

    しかし、今回の騒動で、木下のターゲット層である女性たちが怒り心頭となっている。

    「“いい歳こいた*”とか“おばたん”といった女性を侮辱する言葉を発したことによって、広告関係は軒並みNGになった。
    もちろんテレビ番組にもスポンサーがいるので、敬遠されることは間違いない。
    流行を作るといわれる視聴者のF1~F2層(女性の20~34歳、35~49歳)をテレビ業界は一番大切にしているので、あれだけ女性に嫌われたら使いづらいですよね」(テレビ局プロデューサー)

    タレント生命の危機とも言っても過言ではないが、所属事務所は根回しに必死だという。

    「テレビではこの“タピオカ騒動”を扱わないようにしています。
    ディレクターがやりたいと言っても上から止められる。事務所からお願いされているんでしょうね」(ワイドショー関係者)

    テレビだけではない。ヤフーニュースで“木下優樹菜”と検索してみると、
    スポーツ紙はこの“タピオカ騒動”を報じていない。扱っているのは週刊誌か、ネットニュースのみだ。

    10/16(水) 7:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000001-friday-ent


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 www.ntv.co.jp)


    【【木下優樹菜】「タピオカ恫喝」木下優樹菜が夫・藤本も巻き込み失う巨額マネー】の続きを読む


    松嶋 尚美(まつしま なほみ、1971年(昭和46年)12月2日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、歌手である。愛称は「ナホミちゃん」。名前は「なおみ」ではなく、「なほみ」である。元相方の中島は「なおみちゃん」と呼んでいるが、NTTドコモのCMでは「なほみちゃん」と呼んでいる。 喫煙者(ヘビースモーカー)である(後述)。
    17キロバイト (1,997 語) - 2019年9月23日 (月) 07:29



    (出典 logo-imagecluster.img.mixi.jp)


    暴力はいけないね。男だろうと女だろうと。

    1 :2019/10/16(Wed) 18:52:37 ID:4lw8eNd49.net

    独自の英才教育をしている松嶋

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    たくさんの荷物を抱え、険しい表情で歩く松嶋

    (出典 www.news-postseven.com)

    うつむき耐えるかのような様子

    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


     たくさんのリュックを片手に、足早に歩くのは松嶋尚美(47才)。10月上旬、都内の自宅近くで「働くママ」の姿を見せていた。

    「松嶋さんはロックバンドMARSAS SOUND MACHINEのボーカル・ヒサダトシヒロさん(49才)との間に2人の子供をもうけ、ママタレとしての地位を確立しています。7才の長男と、6才の長女をそれぞれインターナショナルスクールに通わせ、英才教育を施しているそう。

     その日は長男が通うサッカークラブの帰りだったようで、疲れた息子を気遣ってか、荷物を全部松嶋さんが持っていました」(芸能関係者)

     テレビでたびたび子供の溺愛エピソードを披露している松嶋。実はこんな厳しい一面も。

    「長男が妹とけんかをし、手を出した時に『女の子を殴ったら男の価値が下がる』と、松嶋さんが長男に手を上げたこともあったそうです。自分なりの『子育て論』を強く持っているからこそ、“飴とムチ”の教育ができているのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

     白黒ハッキリした子供に育つのだろうか。

    10/16(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000013-pseven-ent


    (出典 www.dailyshincho.com)


    【【松嶋尚美】息子に「女を殴ったら男の価値下がる」の教育論】の続きを読む

    このページのトップヘ