ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    カテゴリ: ニュース


    2019年に発生した新型コロナウイルス感染症(しんがたコロナウイルスかんせんしょう、国際正式名称: COVID-19)は、SARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) がヒトに感染することによって発症する気道感染症(ウイルス性の広義の感冒の一種)である。
    98キロバイト (11,216 語) - 2021年8月7日 (土) 16:03



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)


    止まらないね。

    1 ネトウヨ ★ :2021/08/12(木) 16:54:03.28

    東京都 新型コロナ 4989人感染確認 重症者は過去最多の218人に

    2021年8月12日 16時48分 新型コロナ 国内感染者数
    東京都は、これまでで2番目に多い4989人が12日、都内で新たに新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

    一方、都の基準で集計した12日時点の重症の患者は初めて200人を超えて218人となりました。

    11日より21人増えました。

    10日と11日に続いて過去最多を更新し、重症患者の増加が止まりません。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210812/k10013196811000.html





    ※前スレ
    東京4989 [ネトウヨ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1628754363/


    (出典 i.ytimg.com)


    【【東京コロナ】+4989 重症者218(+21) 】の続きを読む


    として英語が指定されている。 ^ 旧首都はコロンボ スリランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。旧称はセイロン。首都はスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ。
    90キロバイト (10,352 語) - 2021年8月8日 (日) 22:32



    (出典 pbs.twimg.com)


    悲しい出来事です。

    1 ぐれ ★ :2021/08/10(火) 09:44:32.39

    ※2021/08/10 09:25共同通信

     名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設で収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が死亡した問題で、出入国在留管理庁は10日、調査報告書を公表した。体調不良の訴えを担当職員らが誇張だと疑い、からかうような発言をしたことも明らかになった。報告書は「危機意識を欠く」とし、全入管職員の意識改革を求めた。

     医療体制や、収容者の体調に関する情報を共有する仕組みの不備も指摘し、改善を要請した。

    続きは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2021081001000195


    (出典 i.ytimg.com)


    【【スリランカ人女性死亡 】名古屋入管職員「危機意識欠く」 収容スリランカ人女性死亡 [ぐれ★]】の続きを読む


    客同士のトラブルか、渋谷駅で男性刺され重体 メトロ副都心 - msn産経ニュース、2012年5月23日閲覧。 ^ 殺人未遂容疑で男逮捕 渋谷駅刺傷事件 - 中國新聞、2012年5月23日閲覧。[リンク切れ] ^ インド南部で列車衝突、22死亡 赤信号見落としか - 朝日新聞デジタル、2012年7月15日閲覧。
    82キロバイト (9,989 語) - 2021年4月29日 (木) 11:26



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    怖いなぁー。

    1 記憶たどり。 ★ :2021/08/07(土) 10:01:57.28

    https://nordot.app/796530173542776832?c=39546741839462401

    東京都世田谷区で6日、小田急小田原線の電車内で乗客が刃物で刺されるなどして
    男女9人が重軽傷を負った事件で、警視庁成城署捜査本部は7日、重傷の20代女性への
    殺人未遂容疑で川崎市多摩区の職業不詳の対馬悠介容疑者(36)を逮捕した。
    警視庁によると、「幸せそうな女性を見ると*てやりたいと思った。誰でもよかった」と話している。

    事件は6日午後8時半ごろ、小田原線成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走行していた
    藤沢発新宿行きの快速急行(10両編成)の電車内で発生。成城署捜査本部によると、
    20代女性が背中などを刺されて重傷で、男性8人が軽傷とみられる。

    警視庁成城署に入る対馬悠介容疑者=7日午前6時14分

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    小田急線の車内で複数の乗客が刺された事件で、けが人を乗せたとみられるストレッチャーを運び出す救急隊員ら
    =6日午後10時48分、東京都世田谷区の祖師ケ谷大蔵駅

    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1628296353/
    1が建った時刻:2021/08/07(土) 09:32:33.25


    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【【小田急線9人刺傷】逮捕された36歳の男「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思った。誰でもよかった」】の続きを読む


    キャセイ・パシフィック航空700Z便爆破事件ベトナム上空) 1972年6月26日 - 第一ホテル殺人事件 1972年8月2日 - 近鉄奈良線爆破事件 1973年2月25日 - 大阪ニセ夜間金庫事件 1973年3月18日 - 沖縄県コザ市米兵ホステス強姦事件 1973年7月1日 - 水戸市国際警備保障会社宿直員強盗殺人事件 1974年9月14日〜1985年9月8日
    36キロバイト (5,309 語) - 2021年8月4日 (水) 16:45



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    酒飲むな。

    1 シャチ ★ :2021/08/05(木) 15:29:07.63

    MBSニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c8058d37894a8ce0548359d8f2dca7dd79a06c5
     大阪・ミナミの戎橋でベトナム国籍の男性が暴行を受けて道頓堀川に突き落とされて死亡した事件で、警察は現場から逃走していたドミニカ国籍の男を殺人の疑いで逮捕しました。

     殺人の疑いで逮捕されたのは、住居不定・無職でドミニカ国籍のクルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者(26)です。警察によりますと、アルベルト容疑者は8月2日の夜に大阪・ミナミでベトナム国籍のチン・トゥ・アインさん(21)に暴行を加えるなどして、道頓堀川に突き落とし殺害した疑いが持たれています。

     警察によりますと、アルベルト容疑者とアインさんは事件直前まで現場付近に一緒にいて、酒などを飲んでいたということです。

     実はMBSの取材班は事件直前、被害者とみられる白いシャツを着た男性が逮捕された男とみられる人物を含む3人とともに現場付近で大音量で音楽をかけながら酒を飲むなどする様子を撮影していました。

     逮捕されたアルベルト容疑者は現場から逃走していましたが、事件翌日の8月3日、警察がアルベルト容疑者を大阪市西成区の簡易宿泊所で発見して、入管難民法違反の疑いで逮捕していました。警察はアルベルト容疑者から詳しく事情を聞き、事件の経緯を調べる方針です。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【大阪ベトナム人殺人事件】道頓堀にベトナム人男性が落とされて死亡した事件、ドミニカ人を逮捕】の続きを読む


    ベラルーシ共和国 Рэспу́бліка Белару́сь(ベラルーシ語) Республика Беларусь(ロシア語) 国の標語:なし 国歌:Мы, беларусы(ベラルーシ語) われら、ベラルーシベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、ベラルーシ語: Рэспу́бліка Белару́сь、ロシア語:
    56キロバイト (7,308 語) - 2021年8月3日 (火) 01:33



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    世の中大変なことが起きているんだなと知らされました。

    【【ベラルーシ選手 】 帰国拒否『(指示に従えば)生きられたのに愚かだった』と国民は言うよ」関係者から“コーチ圧力”音声入手 亡命希望のベラルーシ選手】の続きを読む

    このページのトップヘ