ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    2020年09月


    蛍原 (ほとはら とおる、1968年1月8日 - )は、日本の男性お笑いタレントである。本名同じ。 愛称はホトちゃん。お笑いタレントとしての活動名は雨上がり決死隊 蛍原徹。 1968年1月8日、大阪府門真市出身。 1988年、NSCの7期生として入学。その時に同期の森田嘉宏(現・コラアゲンはいごう
    12キロバイト (1,509 語) - 2020年9月26日 (土) 13:39



    (出典 img.cinematoday.jp)


    宮迫の後始末している蛍ちゃんを責めるのはおかしいな。ユーチューブがテレビの対極だとすれば、迷惑かけたテレビ局に申し訳ない。と思うけどね。

    1 jinjin ★ :2020/09/28(月) 22:42:59.16 ID:CAP_USER9.net

    宮迫博之YouTubeに蛍原徹が出演拒否
    雨上がりファンも発言めぐり対立


    9月19日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、雨上がり決死隊の蛍原徹(52)が出演。
    相方の宮迫博之(50)と1年ぶりに2人きりで再会したことを明*場面があった。

    番組冒頭、MCの明石家さんま(65)が「おまえもどさくさまぎれに食事に行くなよ、相方と」とツッコみ。
    蛍原は宮迫と会ったことを認め、「“会わなアカン”“会いたい”っていうのをお互いに言ってたら、コロナの関係でなかなか(実現しなかった)」と再会が1年ぶりになってしまった理由を説明した。


    そんな蛍原に対し、さんまは「俺らが心配なのは、コンビをどうするかやねん」とストレートに質問。
    その返答に出演者たちが注目する中、蛍原は「全部、そういうのを含めてですよ、会ったというのは」とコンビ活動の再開について宮迫と話し合ったことを明かした。


    蛍原が「出たくない」と……

    すると、さんまはその際の2人のやりとりを勝手に想像し、2人になりきると「YouTubeに出てくれないか?」「吉本がダメだと言ってます」と宮迫が蛍原にYouTubeへの出演を求める場面を再現。
    その“YouTube”というフレーズに反応した蛍原は口を一文字に結び、無言となった。


    その様子を見た中川家の中川礼二(48)が「ちょっと当たったんちゃいますか?」とツッコむと、さんまは「当たった、当たった」と大喜びしていたが、
    蛍原は「YouTubeに限っては、僕が今“出たくない”って言うてるほうですよ」とあくまで自分の意思で宮迫のYouTubeチャンネルに出演しないことを明かした。


    雨上がり決死隊はもう終わり?

    しかし、さんまは吉本興業からNGを出されていると思ったようで、「会社がアカンって言うてんねんっていうこと?」と蛍原にあらためて確認。
    だが、蛍原は「いや、そうじゃない。僕が出たくないっていうことです」「会社がダメとか言ってないですよ」と吉本興業の関与を強く否定し、さんまを驚かせていた。


    こうした蛍原の強い意思表示に、一部の宮迫ファンからは怒りの声が続出。
    宮迫を突き放した発言だと捉えたようで、ネット上では「蛍原さんがまず、宮迫さんと雨上がり決死隊のファンに歩み寄ることが大事」という意見のほか、「ぶっちゃけ蛍原っているのかな?」「蛍原は、1人だと何ができるの?」など、八つ当たりとも思えるコメントも相次いでいた。


    その一方で、蛍原のファンからは、YouTubeをメインに活動する宮迫に対して厳しい意見も。
    「ホトちゃんのためにも、YouTubeはいったんやめるべき」「当の本人は気楽だわなぁ。YouTubeやって曲だして」「テレビ番組など蛍原さんだけで違和感なくうまくまわってる印象」などといった声が数多く上がっていた。


    ファンの間に亀裂が生じ始めている雨上がり決死隊。
    このままでは、コンビとしての活動再開が難しいどころか、最悪の場合はコンビ解消さえあるかもしれない。

    はたして2人の運命はーー?


    https://taishu.jp/articles/-/77595?page=1


    前スレ
    【芸能】宮迫博之のYouTubeに蛍原徹が出演拒否、雨上がりファンも発言めぐり対立… 蛍原「僕が出たくないっていうことです」 #さくら
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601133922/
    ★ 2020/09/27(日) 00:25:22.86


    (出典 geitopi.com)


    【【蛍原徹】宮迫博之のYouTubeに蛍原徹が出演拒否、雨上がりファンも発言めぐり対立… 蛍原「僕が出たくないっていうことです。」】の続きを読む


    竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日 - 2020年9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。最終所属はスターダストプロモーション。夫は俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。 1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。
    39キロバイト (4,486 語) - 2020年9月27日 (日) 14:40



    (出典 hochi.news)


    人に優しく出来るのに自分に優しく出来なかったんだね。くやしいです。

    1 幻の右 ★ :2020/09/28(月) 07:58:26.45 ID:CAP_USER9.net

    女優の竹内結子(たけうち・ゆうこ)さん(40)が27日午前2時前、東京・渋谷区の自宅マンションでぐったりしている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

     竹内さんは、2016年に発生した熊本地震の被災地への支援を4年間続けていた。毎月寄付を受けていた一般社団法人「ロハス南阿蘇たすけあい」の井出順二代表理事長(47)は「信じられないです…。悲しいという言葉しか浮かびません。ただただ、無償の愛と支援を頂きました…。感謝してもしきれません」と涙ながらに語った。

     きっかけは16年11月、竹内さんがナレーションを務めていたBSフジのドキュメンタリー番組「一滴の向こう側」で井出さんの活動を紹介したこと。竹内さんは埼玉県生まれだが、代表作となった2003年の映画「黄泉がえり」を阿蘇で撮影した縁もあり、すぐに支援の打診があった。「最初は『公表はしないでください』とおっしゃって…。でも被災者が勇気付けられますし、活動の糧になるので(公表を)お願いしました」

     決して少なくはない額が一度も欠かさず毎月振り込まれた。今月も10日に寄付があったという。「竹内さんの寄付に助けられた人は数百人どころではないです。いつか『なぜ、こんなにして下さるんですか』と伺いたかったので残念です」

     現地までお忍びで足を運び、被災者と交流した。手紙のやり取りだけでなく、年賀状もお中元もお歳暮も必ず届いた。「何というか…失礼かもしれないですけど、男気というか男らしい女性という印象でした」。竹内さんは、被災地の復興になくてはならない存在だった。井出さんは「竹内さんに支援を頂いたことに恥じない活動をして、恩返しするしかないです」と涙声のまま誓っていた。(北野 新太)

     ◆熊本地震 2016年4月に熊本県を中心に発生した地震。当初は14日午後9時26分のM6・5の地震が本震とされたが、16日午前1時25分にM7・3の地震が発生し、14日のものは前震と考えられている。いずれも熊本県益城町で震度7を記録した。死者は震災関連死も含め273人、重軽傷者2809人(いずれも20年4月12日現在)。熊本では今年7月の豪雨でも、県南部を中心に甚大な被害が出た。

    報知新聞社
    9/28(月) 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b52f576fb20d3f62de759971cab6448449ec8292


    (出典 nensyu.site)


    【【竹内結子さん】熊本地震被災地へ4年間毎月寄付…今月も10日に振り込まれていた】の続きを読む


    香川 照之(かがわ てるゆき、本名同じ、1965年12月7日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。 名跡「市川中車」の当代で、歌舞伎役者としては九代目 市川中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)を名乗る。屋号は澤瀉屋。定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。 熱狂的なボクシングファンとして知られ、ボクシング中継のテレビ解説者としても活動する。
    71キロバイト (8,621 語) - 2020年9月27日 (日) 13:44



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    大和田がいるから半沢が生きたドラマでした。

    1 ひかり ★ :2020/09/27(日) 22:16:29.19 ID:CAP_USER9.net

     TBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の宿敵・大和田役が大反響を呼んだ俳優の香川照之(54)が27日夜、最終回(第10話)オンエア後に自身のツイッターを更新した。

     「このような状況下にもかかわらず、最後まで半沢直樹を視聴し続けてくださった皆様には、ただもう感謝の念しかありません。本当に本当にありがとうございました。またいつの日か、このチームで皆様にお会いできますよう心から願っております。いずれ春永に…good-bye death!」と謝意を表した。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/75682399e7b23f58d4e7446b63aed8e6ab4fbf25


    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    【【香川照之】「半沢直樹」最終回 香川照之が感謝「good-bye death!」「またいつの日か、このチームで」】の続きを読む


    小倉 優香(おぐら ゆうか、1998年9月5日 - )は、日本のグラビアアイドル、女優。 2013年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルを選出するオーディション「ミスセブンティーン」でファイナリストに選出され、数社のスカウトから水原希子がエイジアクロスの所属であることをきっかけに、
    32キロバイト (4,057 語) - 2020年9月1日 (火) 13:23



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    事務所が聞いてくれないのよ。

    1 ひかり ★ :2020/09/28(月) 15:46:36.71 ID:CAP_USER9.net

    ラジオの生放送中に番組降板を願い出たグラビアアイドルで女優、小倉優香(21)が26日と27日の両日、公式ツイッターを更新し、CMを告知して芸能活動をアピールした。更新は約2カ月ぶりとなった。

    小倉は「スタッフより」との注釈入りで7月28日以来のツイート。自身が出演するスポーツブランドのCMを「今夜全国地上波放映されます!是非チェックして下さい!」と告知し、スポーティーな黒いタンクトップ姿で髪をかき上げる写真も添付した。

    小倉は7月29日、レギュラーのMBSラジオ「アッパレやってまーす!」生放送のエンディングで「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、(夜遅い)ラジオがつらくなったので『辞めたい』と事務所に言ったんですけど、3、4カ月、話してくれないので、ここで言います。辞めさせてください」と突然直訴。そこから3週連続で番組を欠席し、8月26日付で降板となっていた。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f12053dd167542dddfb06a5f4d261f89a848adc0

    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【【小倉優香】2カ月ぶりツイッター更新 活動アピール】の続きを読む


    江口 のりこ(えぐち のりこ、1980年4月28日 - )は、日本の女優。本名および旧芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県飾磨郡夢前町(現・姫路市)出身。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。身長170cm、血液型はO型。特技はピアノ、中距離走。 5人兄妹(双子の姉、兄2人、妹)の次女として誕生。
    22キロバイト (2,692 語) - 2020年9月28日 (月) 02:32



    (出典 www.aulii.net)


    尖っているよね。役者らしくないかも。

    1 ばーど ★ :2020/09/28(月) 15:04:12.34 ID:CAP_USER9.net

    クールな目つきに宿るアンニュイな表情。スラリとした長身に、凛とした佇まい。リアリティのある演技で、どんな役もこなし、作品をきりりと引き締める、比類なき女優。江口のりこさんが輝き続ける秘密とは?

    『半沢直樹』の国土交通大臣・白井亜希子役が強烈なインパクトを与えた江口のりこさんが、一躍脚光を浴びている。

    「いや~、世間の注目度が高い作品にたまたま出演しただけで、私自身は何も変わってません。出演のオファーをいただいた時は、前作が大ヒットしたことはもちろん知っていたし、自分とは縁遠い世界だと思っていたので、『なんで私なんやろ?』と驚きました。でも実際に現場入りしたら、雰囲気は他の現場と同じ。みなさん自分の仕事を淡々とこなしていたので、私もいつも通りに仕事ができました。ただ世間の関心が高すぎるのが…ちょっと。注目を浴びるのが苦手なので、正直、もうほっといてほしい(笑)。私にとってはどの作品も、同じ一つの作品にすぎないし、それに、今までだって頑張ってきたと思っているんですけどね~」

    江口さんのぼやきは、ごもっとも。芸歴約20年のベテランで、これまでも数多くの映画やドラマに出演して、存在感を放ってきた。シリアスからコミカルな役柄まで、オールマイティな役者として、確かな実力を存分に発揮している。江口さんが演じると、どの役もリアルな人間の質感と味わい深さを感じられ、たった数分の出演であっても強く印象に残る。クセや毒気の強い役でも愛着が湧いてくるから不思議だ。そんな幅広い役柄をこなしてきた江口さんは、毎回どのように役作りをしているのだろうか。

    「演じる役の職業のことを調べたりはしますけれど、自分の中で細かく作り込んでしまうと、現場の指示に素直に従えなくなるので、役作りは特にしません。どんなことがあっても臨機応変に対応できるように、とにかくセリフだけは頭にしっかり叩き込むようにしています。これは、劇団で習ったことのひとつですね」

    舞台、映画、テレビドラマと、多方面で活躍し、いくつもの役を掛け持ちすることも多い。しかし、混乱したり切り替えが難しかったりすることはないそう。

    「朝起きて、『あれ? なんで起きたんやろ。今日は何するんやったっけ?』と、ぽかんとなることはありますが、現場に入ってしまえば混乱することはないですね。そもそも切り替えという概念がない。役者さんの中には、役が抜けないと言う方もおられますが、『どういうことなんやろ』と思います。だってどんな役を演じても、結局は自分でしかないですもん。それを美術セットやメイク、衣装などによって、その役に見えるように作ってもらっているだけなので。特に映像の仕事はスタッフさんの力量が大きいですね」

    映像の仕事が増えても、劇団に所属し続ける理由は、舞台が自分のホームグラウンドという気持ちが強いから?

    「そういう意識はないけど、舞台は稽古時間が決まっていて、わりと健康的だし、どっぷりと落ち着いて作品について考えられるから好きです。映像のお仕事は、セリフさえ間違えなければ、次々と物事が進んでいくので怖くなる時があって。そんな時、劇団でひとつの芝居とじっくり向き合うと、今の自分を確認することができるんです。座長の柄本(明)さんに、『芝居はそんな簡単じゃないよ。もっと考えて、もっと探せ』と、芝居への姿勢を指摘されることがあります。どっかで簡単に解決するような癖がついてしまっているのかもしれません。だから定期的に劇団の舞台に立つことで、気を引き締めることができるんです。でも、映像の仕事も大切。もともとテレビドラマに出たいという思いは全くなかったんですが、やっているうちにドラマの世界もおもしろいなぁと思うようになってきました。特にそれを感じたのが『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の現場でした。プロデューサーの小田玲奈さんを中心に、良い作品を作ろうという気持ちの強いスタッフや共演者ばかりで、前向きに取り組めたんです。でもやはり怖さはあるので、毎回みなさんに励まされながらやっている感じですね」

    これからも世間の評価は気にせず、長く演じていきたいと、江口さんは話す。

    以下ソース先で

    2020年9月27日 20時50分 ananweb
    https://news.livedoor.com/article/detail/18965097/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 img.sirabee.com)


    【【江口のりこ】「半沢直樹」で注目された 国交大臣役江口のりこ「注目を浴びるのが苦手。正直もうほっといてほしい」]】の続きを読む

    このページのトップヘ