ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    2020年04月


    マットデイモン(Matt Damon, 1970年10月8日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、脚本家、映画プロデューサー。1998年、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー脚本賞を受賞した。 マサチューセッツ州ケンブリッジにて、マシュー・ペイジ・デイモン(Matthew Paige
    27キロバイト (1,877 語) - 2020年3月6日 (金) 05:58



    (出典 www.tvgroove.com)


    いいことですね。

    1 chillout ★ :2020/04/01(水) 11:04:54 ID:lDBpMPvF9.net

    マット・デイモンら「コンテイジョン」キャスト、新型コロナ対策動画に出演

     [映画.com ニュース] マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ローレンス・フィッシュバーンら人気俳優が、コロンビア大学が制作する新型コロナウイルスに関する解説動画に出演している。いずれも2011年に公開されたSFスリラー「コンテイジョン」(スティーブン・ソダーバーグ監督)に出演しているという共通点がある。

     「コンテイジョン」は、香港出張から戻ってきたアメリカ人女性(グウィネス・パルトロウ)が体調不良を訴えたのちに死亡。同様の事例が世界各地で相次ぐなか、パニックに陥る人々や、ワクチン開発に取り組む医療関係者、デマを広めるジャーナリストなどパンデミックの恐怖をドキュメンタリータッチで描いた力作。新型コロナウイルスが蔓延するいま、科学的な考証とシミュレーションに基づきリアルに描いた点が再評価されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000007-eiga-movi


    (出典 www.tvgroove.com)


    【【マット・デイモン】「コンテイジョン」キャスト、新型コロナ対策動画に出演】の続きを読む


    メディアを再生する 久間田 琳加(くまだ りんか、2001年2月23日 - )は、日本のファッションモデル、女優。所属事務所はレプロエンタテインメント。女子高生の為のWEBマガジンEMMARYの元3代目編集長。 生まれてすぐ父親の仕事の都合でフランスに移り住み、1歳から6歳までリヨンに暮らしていたが
    19キロバイト (2,473 語) - 2020年3月19日 (木) 13:09



    (出典 cdn.lipscosme.com)


    流行りなんですね。

    1 湛然 ★ :2020/04/01(水) 05:08:25 ID:v8oUu7XW9.net

    2020-04-01 05:00 オリコン
    “JKのカリスマ”久間田琳加、写真集&スタイル本同時発売 花のお風呂、ほぼすっぴんも披露
    https://www.oricon.co.jp/news/2158689/
    1st写真集&スタイルブックを同時発売する久間田琳加(C)花盛友里/Seventeen

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    久間田琳加(C)三瓶康友/Seventeen

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    久間田琳加(C)川島小鳥/週刊プレイボーイ

    (出典 contents.oricon.co.jp)



     女性ファッション誌『Seventeen』専属モデルで女優としても活躍する久間田琳加(19)が、6月5日に1st写真集とスタイルブック(ともに集英社)を2冊同時に発売することが決定した。異例のダブル発売に「どちらもいつか出したい!と思っていましたが、10代最後の年に1度に願いがかなって驚いたのと同時に、うれしさが込み上げました!」と喜びを爆発させた。

     久間田は、女性ファッション誌『Seventeen』専属モデルで、ファッションショーに登場すると会場に響く歓声の大きさから“地鳴りJK”という異名が付くほどのカリスマ的人気を誇る。2018年公開の映画『ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~』では主役に抜てきされ、昨年4月からはNHK Eテレ『ガールズクラフト』のMCを務めるなど、活躍の幅を広げている。

     待望の初写真集は、グラビアの王道『週刊プレイボーイ』が編集を担当。モデルとしてではなく、19歳の少女のありのままを記録するため、立場も肩書もすべて無くして撮影に臨んでもらい、無邪気な笑顔やおどけた表情など、他では決して見ることのできない、ここだけの久間田琳加があふれた一冊となる。

     スタイルブックは、ホームであり“美容番長”として活躍する『Seventeen』の編集。メイク、スキンケア、ボディメイク、モーニング&ナイトルーティン、キレイのマインドなどのこだわりを、女の子が憧れる“りんくま”の美しい写真とともに収録。10代ラストの彼女の魅力がギュッと詰まっている。

     久間田は「写真のテイストが2冊とも全然違うので、どちらも男女、世代を問わずいろんな方に見ていただきたいですし、私のことをまだ知らない方にも手にとっていただきたいです」とアピール。普段からジムに通っているが「撮影前は回数を増やしたり、スタイルブックの撮影では特に肌が万全な状態で撮影ができるよういつも以上に身体と向き合い、自分の持てる全てを出しました」とストイックに撮影に挑んだ。

     初の試みとして「スタイルブックでは衣装合わせも参加してメイクのテイストに合うお洋服をこだわり、そして撮影ではお花のお風呂に入ったり、アートな写真もあります。写真集では、歯磨きをしてたら、その感じいいね~と流れで撮影することもあったりして、普段の感じを撮っていただきました」と振り返った。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    (出典 i.pinimg.com)


    【【JKのカリスマ・久間田琳加】写真集&スタイル本同時発売 花のお風呂、ほぼすっぴんも披露】の続きを読む

    このページのトップヘ