ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    2020年01月


    須藤 理彩(すどう りさ、1976年7月24日 - )は、日本の女優。 神奈川県横浜市出身。アミューズ所属。 高校時代には陸上部に所属し、200M走でインターハイ(全国高校総体)にも出場して準決勝にまで進出、全国ベスト16の実績をもつ。 アミューズの「100時間オーディション」に見事合格し活動を始める。
    20キロバイト (2,352 語) - 2020年1月8日 (水) 16:13



    (出典 yumeijinhensachi.com)


    先輩枠で出てきました。

    1 ひかり ★ :2020/01/29(水) 12:02:21 ID:Ndd3ELIu9.net

     女優の須藤理彩が29日、日本テレビ系「スッキリ」で、南米人のアルゼンチンタンゴダンサーとの熱愛が報じられた米倉涼子が高校の先輩と明かし、米倉のモテっぷりを振り返った。

     番組では、米倉とタンゴダンサーの熱愛報道を取り上げ、芸能リポーターの井上公造氏と電話をつないで、交際相手の素性や2人の今後などについて聞いた。
    報道では、交際相手の男性は昨年4月放送のテレビ番組で米倉のタンゴの先生として共演し、距離が縮まったことなどと紹介した。

     ダンサーと女優の交際は多いのではないかという意見もあがり、須藤は「うちの事務所の先輩も、名前は出しませんが番組で密着というか…。1対1のお付き合いで
    真剣勝負になるので距離が短時間で近くなる」とダンスは一気に距離が縮まると指摘。

     更には須藤は米倉の高校の1年後輩にあたるといい「自慢していいですか?」とニヤリ。「当時からすっごい美人の先輩がいるって、1年の男子全員、
    米倉さんを見に行っていた。オーラが本当に違いました」と、高校時代から米倉の美しさは飛び抜けていたことを明かしていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000035-dal-ent


    (出典 entamax.net)


    【【須藤理彩】高校先輩の米倉のモテっぷり明かす「1年男子全員が…」】の続きを読む


    井上 和香(いのうえ わか、1980年5月13日 - )は、日本の女優、タレント、元グラビアアイドルである。本名非公開。愛称はワカパイ、和香ちゃん。 東京都出身。インセント所属。日出女子学園高等学校卒業。スリーサイズは、B88cm W60cm H90cm。母親は元女優の嵯峨京子。 芸能事務所「インセント」に応募し、芸能界入りをする。
    25キロバイト (3,132 語) - 2020年1月4日 (土) 15:32



    (出典 i.ytimg.com)


    色っぽい、かわいい、綺麗。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/26(日) 20:16:28 ID:3XFh7qJc9.net

    タレントの井上和香(39)が25日深夜放送のテレビ東京「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(土曜深夜0・50)に出演。グラビアアイドル時代の衝撃エピソードを披露した。

    “ワカパイ”の愛称でグラビア界のトップに君臨した井上だが、グラビアデビューは遅めで、「『BOMB(ボム)』という雑誌があったんですけど、それがデビューした雑誌でした。みんな10代なのに一人お姉さんで。私がデビューした年は、小倉優子ちゃんが表紙をやって、長澤まさみちゃんとかいましたからね」と、そうそうたるメンバーだったといい、TOKIOの松岡昌宏(43)も「戦国時代だったよね」と反応した。

    お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(48)が「しのぎの削り方が今より凄かったのでは」と聞くと、「ちょうど、グラビアやっているコがバラエティーに出るような時で。同志というよりはライバルに近いような、敵に近かったです。仲良くならないというか、現場でも会わないんですよ」と井上。

    「ある時、テレビを見てたら、人気のコが“グラビア会があるんです”って言ってて。“みんなで仲良く定期的にご飯食べてます”みたいなことを言っていて。私は全く誘われたことがない。“私嫌われているのかな”って、テレビ見て知った」と明かした。

    松岡が「『ワカパイ』というキャッチコピーは誰が考えたの?」と質問すると、井上は「当時の担当編集者です」と返答。大吉に「『ワカパイ』って聞いてどうでしたか」と聞かれると、「その前の号のキャッチフレーズが“神様 仏様 和香様”だったんです(笑)」とぶっちゃけて、周囲の笑いを誘っていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17721650/
    2020年1月26日 20時4分 スポニチアネックス


    (出典 cdn.narinari.com)


    【【井上和香】グラドル時代のギスギス強烈体験を告白 「ワカパイ」前のキャッチフレーズは…】の続きを読む


    ^ 杉田 水脈(すぎた みお) 公式ブログ"杉田 水脈"は右か左か?(その2) ^ a b プロフィール 杉田水脈(すぎたみお)公式HP ^ プロフィール 杉田水脈公式サイト 日本の女性国会議員一覧 杉田水脈(すぎたみお)公式HP 杉田 水脈 - Facebook 杉田 水脈 (@miosugita)
    60キロバイト (8,322 語) - 2020年1月23日 (木) 15:08



    (出典 img03.ti-da.net)


    自民党っておかしくなってますね。

    1 無党派さん :2019/12/21(土) 11:08:54.74 ID:QuBwJAMS.net

    伊藤詩織さんに対する発言に、杉田水脈議員「私の表現の拙さ」
    伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして訴えた裁判で、東京地裁は山口さんに330万円の支払いを命じた。
    「セカンド*では」と問題視されている杉田水脈議員の過去の発言について聞いた。

    ハフポスト日本版の取材に対して、杉田議員は過去の発言について「彼女を貶める意図は全くなかった」と説明したが、謝罪などの意思表明はなかった。

    ーー伊藤詩織さんに関するBBCの番組で、伊藤さんが「男性の前で記憶がなくなるまでお酒を飲んだ」ことが「女として落ち度がある」などと発言されていました。

    東京地裁での判決で、山口敬之さんの不法行為が認定された今、
    過去の杉田さんの発言について「セカンド*に当たるのでは」と問題視する声が上がっています。

    ーー裁判や捜査の結果にかかわらず、人を貶めるような発言は問題があるのでは。

    私は、彼女を貶めるつもりは決してありませんでした。
    飲酒に関する自己防衛の在り方について考えを述べたと記憶しています。

    私の表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をしたことは事実ですので、真摯に受け止めています。


    (出典 hanshin204.cocolog-nifty.com)


    【【自民杉田水脈】「伊藤詩織は酔っ払ったのが悪い、れいぷされ当たり前と言ったが言葉を間違えてしまった」】の続きを読む


    滝川 クリステル(たきがわ クリステル、Christel Takigawa、1977年10月1日 - )はフリーアナウンサー、動物愛護生物保全活動家。結婚前の本名は滝川 ラルドゥ・クリステル雅美 (Takigawa Lardux Christel Masami) 。身長160cm、血液型AB型。結婚後の姓は非公表。
    27キロバイト (3,393 語) - 2020年1月17日 (金) 02:24



    (出典 www.sankei.com)


    お子さんが見たい方はインスタグラムをご覧下さい、

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/01/28(火) 19:23:39 ID:YZAhg3ue9.net

     フリーアナウンサーの滝川クリステル(42)が1月28日、自身のインスタグラムを更新。生まれたばかりの息子の写真を初公開した。

     この日、滝川は愛犬のアリスと生まれたばかりの息子がスヤスヤと眠る写真を公開。さらに「みなさん、長い間投稿ができずにご心配をおかけしました 出産という大仕事から、バタバタと身体や環境が変わり、なかなか落ち着くことができませんでしたが、ようやく文章を書ける環境になりましたのでご報告をさせていただきます」と前置きし、「私ごとですが、おかげさまで、先日1月17日に無事に元気で大きな男の子を出産いたしました」と無事出産を終えたことを報告した。

     さらに「妊娠期間から出産、そして、育児が始まった今、あまりにも知らなかったことがたくさん目の前で繰り広げられ、戸惑いながらも未知の楽しみがたくさん広がっていくワクワク感に自分自身が一番驚きながら、毎日幸せを噛みしめています」「一瞬一瞬、今しかない時間、息子の成長を見届けるかけがえのない時間を、主人と共にお互いを支え合いながら大切に過ごしています」と現在の心境を語った。

     この投稿を見たファンからは「おめでとうございます。ゆっくり休んでお身体大切になさってください」「ご自身の体を労りながら、育児楽しんでください」「チラッとお顔が拝見できましたがクリステルさんに似てる気がします」「アリスと赤ちゃんの素敵なツーショット」「アリスちゃんが寄り添ってる姿に感動しました」「お鼻が相当高そうな赤ちゃんですね! さすがクリちゃんの息子さん」「なんてシアワセな写真なんだろう」と祝福や称賛のコメントが殺到している。

     夫の小泉進次郎議員(38)もさぞかし息子をかわいがっていることだろう。


    2020.01.28 19:18 公開
    https://taishu.jp/articles/-/72030?page=1

    (出典 taishu.jp)



    (出典 hochi.news)


    【【滝川クリステル】“息子の写真”を初公開!「鼻が高い」「ママ似」の声も】の続きを読む





    (出典 www.musicvoice.jp)


    やはり、日本人では、物足りない?

    1 ひかり ★ :2020/01/28(火) 00:12:11 ID:QiyBZ7BA9.net

    離婚以降、決定的な熱愛スクープは出ていなかった米倉涼子(44)。そんな彼女の新恋人が、本誌の取材で明らかになった。

    1月下旬、都内の高級スーパーに米倉の姿があった。かたわらには、外国人男性の姿が。ジョニー・デップ(56)を彷彿させるイケメン。米倉と並んでも見劣りしないスラリとした長身で、
    姿勢のよさがさらにスタイルを際立たせている。左手中指には、ハートのついた指輪が輝いていた。

    買い物を終えた2人は、米倉の車に乗り込む。向かった先は、都内にある彼女の自宅マンション。そしてこの日、彼が建物から出てくることはなかった――。

    米倉といえば、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(ともにテレビ朝日系)などで高視聴率をたたき出してきた視聴率女王。
    いっぽうプライベートでは、'16年12月に会社経営男性(42)との離婚を発表していた。そんな米倉について、本誌に驚きの情報が飛び込んできた。

    「半年ほど前のことです。米倉さんに、真剣交際している男性がいると聞いたんです! しかも、お相手は外国人だそうです」(芸能関係者)

    その相手こそ、本誌がツーショットを目撃した外国人男性だったのだ。気になる新恋人の正体は、ショーダンサーや振付師として国内外で活躍するアルゼンチン人ダンサー。
    米倉の通う都内のアルゼンチンタンゴ教室で講師もつとめている。

    最初にツーショットを目撃したのは、1月中旬。2人をスーパーで目撃した日からさかのぼること数日、都内の交差点近くに米倉の車が停車していた。しばらくすると男性が助手席に乗り込む。
    向かったのは彼女が通うアルゼンチンタンゴ教室。だがなぜか、スタジオの少し手前で車が停車。そして彼を降ろすと、わざわざ“別々”に教室へと向かったのだ。

    またその数日後に冒頭のスーパーで目撃した日も、米倉は彼とダンス教室にいた。その日、アルゼンチンタンゴのスケジュールはすべて「休講」となっていた。しかし、米倉は彼の
    プライベートレッスンを受けていたようだ。熱烈な練習は、2時間に及んだ。

    だが、2人の時間はこれで終わりではなかった。レッスン後、いったんビル内にある部屋へと戻った男性。着替えをすませると、再び米倉の車へ。そして冒頭のスーパーに寄り、
    そのまま米倉のマンションへと向かったのだった――。

    “情熱の一夜”が明けた、翌日のお昼すぎ。彼がひとりで米倉の自宅マンションから出てきた。驚いたのは、その服装。コートが、前日にスーパーで着ていたものとは違っていた。
    彼女の自宅に着替えの洋服を置いておくほど、親密な関係になっているようだ。

    米倉の自宅を出た彼は、再びダンススタジオへ。だが、その後も“意外な展開”が待っていた。

    「この日、スタジオでは彼のためにパーティが開かれました。米倉さんは、そこにも再び駆けつけていたのです。お泊まりして、別れた後もすぐ会いにいく。それほど彼女にとって 
    大切な存在になっているようです」(別の芸能関係者)

    「女性自身」2020年2月11日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200128-00010000-jisin-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.joseishi.net)


    【【米倉涼子】新恋人!アルゼンチン人ダンサーと情熱のお泊り愛】の続きを読む

    このページのトップヘ