ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    2019年12月


    弘中 綾香(ひろなか あやか、1991年2月12日 - )は、テレビ朝日のアナウンサー。 神奈川県川崎市出身。身長157cm。利き手は、左。視力矯正手術済。 慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。高校時代はオーケストラ部(担当はヴァイオリン)およびスキー部に所属し、
    10キロバイト (1,094 語) - 2019年11月22日 (金) 06:28



    (出典 xn--u9j001jhxfs7vtln6nc40p.com)


    いい娘です。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/28(Thu) 21:47:39 ID:nIFRKK/h9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    テレビ朝日のエースとして活躍中の弘中綾香アナ(28)。9月に放送された『あざとくて何が悪いの?』にフリーの田中みな実アナ(33)と出演後、田中アナとの2ショットをInstagramにアップし、「可愛くてあざとすぎる!」と話題となった。彼女は「あざとい」「毒舌」といったキャラクターが人気を集め、インスタのフォロワー数は女子アナ界では異例の50万人を突破している。

    そんな彼女は最近のインタビューで、「“毒舌”と評される発言を抑えようと考えたことはなかったのか」と問われ、「性根は変えられないですからね。学生時代、毒舌なんて言われなかったですからね。私はずっと同じ性格で生きてきましたし、もう今さら変えられない」(Yahoo!ニュース特集7月11日付)とコメントし、批判的な“雑音”については気にしないようにしていると語っていた。

    そんな彼女の“素顔”が見えてくる動画があった。動画は、彼女が慶應大学の4年生だった2012年に撮影されたもの。同大ラクロス部がこの年の関東大会に優勝した後、11月25日に控える全日本大学選手権に向けて応援メッセージ動画を作成。部内で共有した。その動画に、すでにテレビ朝日のアナウンサー職に内定していた彼女が登場していた。こう語っている。

    「こんにちは。弘中綾香です。関東優勝おめでとうございます。25日勝って、全日本優勝目指して頑張ってください。特にA君(動画内は実名)、頑張ってください」

    初々しい表情で語る様子が新鮮だ。毒舌はなく、学生らしいごく普通の応援コメントが微笑ましい。学生時代の弘中アナはフィールドホッケー部のマネージャーだった。なぜ別の部活の、しかもA君という特定の選手を応援するのか。当時を知るラクロス部関係者が語る。

    「慶應ラクロス部には、出場選手の彼女や親しい友人が応援メッセージを送る動画を作る伝統があるんです。A君は当時の中心選手で、かつて弘中さんと交際していたことがあったのは有名でした。だから彼女が、応援メッセージに登場したのです」

    その全日本選手権で、慶應ラクロス部はみごと優勝。A君も大活躍したという。この動画を見ても「表情があざとい」などという人もいるかもしれないが、少なくとも弘中アナは勝利の女神だったということだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17448727/
    2019年11月28日 16時0分 NEWSポストセブン

    https://www.news-postseven.com/archives/20191128_1496550.html
    動画


    (出典 img.hanako.tokyo)


    【【弘中綾香アナ】かつての彼に送った「あざとくない」応援動画】の続きを読む


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優、落語家である。企画等のクレジットでは本名名義も多い。吉本興業所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。
    147キロバイト (20,662 語) - 2019年11月25日 (月) 03:56



    (出典 dot.asahi.com)


    神社は大丈夫。最初の漫才も神社で行われたと聞いております。人生楽しく生きている人を見守ってくださります。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/30(土) 13:25:47.01 ID:+YX6Qacv9.net

     明石家さんま(64)がMCを務めた11月23日放送の特番『明石家笑業修学旅行~お笑い向上の旅~』(フジテレビ系)で、京都の神社で行ったロケの内容が「神聖な場所には不適切」ではないかと、視聴者の間で物議を醸したようだ。

     この番組は、さんまが若手からベテランまで、26人の男芸人を引き連れた1泊2日の京都旅。旅行中はお笑いスキルを向上させるため、さんまから厳しい笑いの要求が次々と出され、無限にボケ続けなければならないという内容だった。

     問題のシーンが見られたのは番組後半、芸能の神社として知られる車折神社のロケでのこと。この神社は多くの芸能人たちから信仰され、名前を書いた玉垣が多く奉納されているそうで、今回は芸人たちがもっと活躍できるよう、ご祈祷してもらうことに。

     芸人たちは今年話題の人物に仮装していたのだが、今田耕司(53)はネット配信ドラマ『全裸監督』(Netflix)の村西とおる監督にふんしており、白いブリーフ1枚でビデオカメラを抱えて下品なコメントを連発。さんまが神職らに「こんなん入っちゃダメでしょ」と詫びると、苦笑いで受け入れられた。

     そして、静寂に包まれた本殿で神聖な祈祷が始まったのだが、ここで場に似合わぬふるまいを見せたのが、最前列でさんまの隣りに座っていた、“やってはいけないことをやってしまうくせ”がある、プラスマイナスの岩橋良昌(41)。祈祷の間、おとなしく座っていることができず、自身の顔を叩いて奇声を上げたり、神職の女性に向かって変顔をしてしまう。

     まわりの芸人は「ちゃんとせぇよ」などと注意していたが、隣りのさんまは苦笑いしながらも、岩橋を真剣に止めようとする様子はない。岩橋は最後には太鼓に合わせて踊りだしてしまう始末で、複雑な表情で後ろから見守っていた神主さんも、あきれて苦笑いしていた。

     テロップでは「優しい神主さん、ありがとうございます」とフォローしていたが、これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「どうなんかな、がっかりするこの感じ。神聖な祈祷をおふざけにするあのノリ?」「祈祷してもらってるのに、いいの? って正直思った」などと、さんまらの態度に疑問を呈する声が続出した。

     また「これはフザけたかっこうで神聖な場所に行った芸人たちでも、岩橋さんでもなく、フジテレビが悪い。明石家さんまというビッグネームですべて相*れると思うなよ」などと、制作サイドにも批判の声が寄せられていた。しかし一方では「“神聖な場所でお笑いなんて”っておっしゃっている方、お寺や神社で落語会や大道芸やってたりすることを存じてないのかな?」と、番組を擁護する声もあった。

    http://dailynewsonline.jp/article/2097613/
    2019.11.30 07:20 日刊大衆


    (出典 outidesigoto.com)


    【【明石家さんま】神社での“おふざけロケ”に賛否の声、フジテレビ批判も】の続きを読む


    週刊ヤングジャンプ(生牡蠣いもこ / 表紙)- 2018年1月4日発売号 週刊ヤングジャンプ(生牡蠣いもこ / 表紙)- 2018年3月22日発売号 週刊プレイボーイ(生牡蠣いもこ / 巻末グラビア)- 2018年5月21日発売号 月刊エンタメ(生牡蠣いもこ / 撮り下ろし、インタビュー)-
    17キロバイト (1,940 語) - 2019年11月24日 (日) 08:17



    (出典 sawayaka30.com)


    売れそうですね。

    1 湛然 ★ :2018/03/22(木) 05:00:25.31 ID:CAP_USER9.net

    2018.03.22 00:00
    スレンダーボディの美貌誇る“生牡蠣いもこ”ヤンジャン人気企画制する

    22日発売の「週刊ヤングジャンプ」16号では、同誌の名物・アイドル表紙争奪戦企画「サキドルエースサバイバル」の結果を発表。楽曲派ミクスチャーロックアイドル「神使轟く、激情の如く。」の生牡蠣(イクッがき)いもこが1位を獲得し、表紙と巻頭グラビアを飾った。

    同企画は、アイドルたちが表紙と巻頭グラビアをかけて、水着でしのぎを削る人気企画。第8弾となる今回は、7組7名のアイドルが参戦した。読者アンケートで1位を獲得した者に表紙&巻頭ソログラビアでの同誌登場権を与える。

    2018年一発目となる今回、見事1位に輝いたのは、一度見たら忘れない名前と、目が覚めるような美貌を持つ「神使轟く、激情の如く。」の生牡蠣いもこ。ファンが見たら驚愕、初めて出会う読者は心奪われること間違いなしのグラビアとなっており、ホワイトのビキニでスレンダーボディを堂々披露した。

    ◆2位はアキシブproject小此木流花

    惜しくも2位ながら巻末グラビアに登場したのは、アキシブprojectの小此木流花(おこのぎるか)。クリッとした目、すらりと伸びた手足、圧倒的なビジュアル力を誇る小此木が秋葉原・渋谷を舞台に魅了する。(modelpress編集部)


    生牡蠣いもこ(C)細居幸次郎/集英社

    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)

    小此木流花(C)西村康/集英社

    (出典 cdn.mdpr.jp)

    https://mdpr.jp/news/detail/1754033


    (出典 kinmaweb.jp)


    【【生牡蠣いもこ】スレンダーボディの美貌誇る“生牡蠣いもこ”ヤンジャン人気企画制する】の続きを読む

    このページのトップヘ