ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    2019年04月


    Koki,の『ViVi』炎上はすでに父が予言済み!? 同誌で語っていた娘へのアドバイス - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
    4月23日に発行されるファッション誌『ViVi』6月号で表紙を飾ることを、自身のインスタグラムで伝えたKoki,。しかし、これまた炎上騒ぎになってしまった。そんななか2年前、 ...
    (出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    13キロバイト (1,712 語) - 2019年4月28日 (日) 04:42



    (出典 hochi.news)


    化粧でずいぶん変わるものなのですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/27(土) 17:10:40.50 ID:Pks7jgxc9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の次女で、モデルのKoki,(16)が25日、自身のインスタグラムを更新。ふだんの印象とは異なる大人びたメイクを施した画像を公開した。?

    すっぴんはまだあどけない印象のあるKoki, だが、この日は一味違った。色味を抑えたカラーレスメイクながら、キリッとした太眉、ブラウンのアイシャドーと目じりを跳ね上げたアイラインで小悪魔的な色っぽさを演出。
    さらにはウェットで柔らかなウェーブの黒髪が健康的な肌の色とマッチして、凛とした美しさを醸し出している。?

    「Vogue Japan June issue」と26日発売のファッション誌「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の告知がされており、雑誌用に撮影された1枚のようだ。?

    女性向けのネット掲示板でも、「一瞬武井咲に見えた」「雰囲気変わるね」「このメイク似合ってる」「この写真は素直にかわいいと思う」と高評価。両親も愛娘の変貌ぶりに驚きを隠せない??

    ※画像はKoki,のインスタグラムアカウント『@kokiofficial_0205』より

    http://dailynewsonline.jp/article/1796503/
    2019.04.26 23:05 日刊大衆


    【【Koki】イメチェン姿が好評!「武井咲に見えた」の声も】の続きを読む


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー、AKB48派生ユニット元Not
    104キロバイト (14,301 語) - 2019年4月29日 (月) 13:49



    (出典 grapee.jp)


    そうね。一から作りなおした方がいいですよ。吉成さんの息のかかっていない人は全員脱退して新会社作って移籍すればいいのではないでしょうか。

    1 きゅう ★ :2019/04/29(月) 19:50:17.24 ID:JpyeJg5G9.net

     アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26)が28日、神奈川・横浜スタジアムで卒業コンサートを開催した。

     各スポーツ紙などによると、指原は自身初のセンター曲「恋するフォーチュンクッキー」、HKT48のデビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」など全38曲をパフォーマンスした。

     ステージ中盤では、指原が今年3月に亡くなった内田裕也さん(享年79)とコラボレートして2014年に発売した『シェキナベイベー』が流れる中、白髪のロングヘアにサングラス姿でステッキを持ち、内田さんに扮したダウンタウンの松本人志(55)バイクのサイドカーに乗って登場。大歓声が沸き起こったという。

    「『ワイドナショー』(フジテレビ系)で指原と共演する松本だが、よほどじゃないとゲスト出演することなどあり得ない。AKBの総選挙で史上初の3連覇を果たした指原だけに、いかに“大物”であるかを天下にアピールした」(芸能記者)

     終演後には報道陣の取材に対応。昨年12月に男性から暴行を受け、5月18日に卒業するNGT48・山口真帆(23)を巡る騒動に言及。AKBグループへの“心残り”を問われた指原は、「皆さんが知ってるように、今この状況で、タイミングが重なって…」と、NGT48の騒動が混迷を深めている状況について憂慮していることを告白。

     続けて、「それに対しては改善の余地どころか、すべてを一から作り直してやっていかないといけない」と、厳しい口調。運営会社・AKSの幹部に改善を直談判していたが、結果として実らなかったことを明らかしたというのだ。

    「自身の晴れ舞台で指原が言及したことは大問題。おそらく、48グループ総合プロデュサーの秋元康氏は運営に対する怒りが頂点に達していると思われるだけに、そのうち、幹部を総取っ替えして指原を裏方にトップに据える可能性もありそうだ」(テレビ局関係者)

     今やすっかり乃木坂46などの坂道シリーズに力を注いでいる秋元氏だけに、指原に諸々の権限を禅譲してしまうこともありそうだ。

    https://wjn.jp/article/detail/7406259/

    (出典 wjn.jp)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【指原莉乃】運営に苦言で今度は裏方のトップ就任の可能性が浮上した元HKT・指原】の続きを読む


    大橋未歩アナが「5時に夢中!」で"暗い過去"を告白 マツコ・デラックスらが出演 - ニフティニュース
    大橋未歩アナが「5時に夢中!」で平成を振り返り、自分の輝いている時代を語った ふかわりょうからの質問に、大橋アナは「学生時代は暗くて引きこもり気味」と告白 大橋 ...
    (出典:ニフティニュース)


    大橋 未歩(おおはし みほ、1978年8月15日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元テレビ東京アナウンサー。所属はプントリネア。 兵庫県神戸市須磨区出身。神戸市立北須磨小学校から神戸女学院中学部・高等学部に進み、一年の浪人を経て上智大学法学部法律学科に入学。
    25キロバイト (3,109 語) - 2019年4月26日 (金) 06:42



    (出典 quizjapan.com)


    いいとこ見つかったね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/30(火) 00:17:49.69 ID:5Fh7M/OX9.net

    フリーアナウンサーの大橋未歩(40)が29日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にアシスタントとして出演。
    まもなく終わる平成を振り返り、自分の輝いている時代を「今」と断言した。

    この日の番組では平成を(1)元年~10年、(2)11年~20年、(3)21~31年の3つに分け、「あなたが輝いていた時代はいつ?」と問いかけた。

    MCのふかわりょう(44)から「大橋さんはいつですか?」と振られた大橋は「私は(3)です。働き始めてからが輝いていたと思います。
    学生時代は暗くて引きこもり気味でしたから」と、2002年に上智大を卒業し、テレビ東京に入社した以降が自分の“黄金期”だと明かした。

    これに対し、タレント・マツコ・デラックス(46)が「テレ東からMXでしょ。それでも輝いているの?」とからかい気味に言うと、大橋は「テレ東とMXこそ自分の青春です」と言い切っていた。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-262216/
    2019年04月29日 17時31分 スポーツ報知


    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    (出典 image.yomidr.yomiuri.co.jp)


    【【大橋未歩アナ】「輝いているのは今、学生時代は暗くて引きこもりだった」】の続きを読む


    AKB48の「AKB48劇場」集客数激減で"過激演出"か 『AKBは終わった』の声も - ニフティニュース
    AKB48の「AKB48劇場」集客数激減で、下着姿になるようなステージもあるという 雑誌編集者は、HKT48指原莉乃を筆頭に地方のメンバーが中心になってしまったとも 昨年 ...
    (出典:ニフティニュース)


    AKB48(エーケービー フォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループ。 秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に東京・秋葉原を拠点として活動を開始した。運営会社および所属事務所はAKSで、所属レーベルはYou, Be Cool!/キングレコード。 子記事 以下は子記事で解説。 歴史
    259キロバイト (25,033 語) - 2019年4月27日 (土) 18:26



    (出典 www.generasia.com)


    評判落としてますからね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/29(月) 15:34:15.65 ID:CzxIs6bb9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    『AKB48』が落ち目だ。スター不在なところにきて、候補者も出てこない。その影響を直に受けているのが『AKB48劇場』。
    集客数の激減により、最近では下着姿になるようなステージもあるというのだ。

    「劇場では、どんどん肌を露出する過激な演出が進行しています。でも、そうでもしないと客が来ない状態なのでしょう。
    あまりに品のない露出に、ネット上では“AKBストリップ劇場”なんて言われる始末です」(AKBライター)

    実際、AKBグループの凋落ぶりは目を覆うばかり。昨年の「第10回AKB48世界選抜総選挙」では、1位が名古屋『SKE48』の松井珠理奈(22)、2位は同・須田亜香里(27)、3位が福岡『HKT48』の宮脇咲良(21)と、
    兼任を除けば、本家AKB専任での最高位は横山由依(26)の6位だった。

    「横山は3月まで総監督を務め、向井地美音(21)にその座を譲った。でも、その直後、“向井って誰なの?”“名前、なんて読むの?”という話になったのです。
    昨年の選抜総選挙が13位で“むかいち・みおん”と読むなんて、よほどのAKB通じゃないと知らないでしょう」(同)

    上位は名古屋や福岡勢ばかり。これでは、もはやAKB選抜総選挙といえるはずがない。こうした結果が影響したのか、今年の総選挙は中止となった。

    「もともと東京から立ち上がったプロジェクトなのに、地方のメンバーが中心になってしまった。その筆頭は5月で辞める『HKT』の指原莉乃(26)。よく考えると、こんなおかしな構図もない。
    AKBサイドもスター候補者がいない今、縮小したい方向のようです」(アイドル雑誌編集者)

    そうした中、集客数を上げようと積極的に始まったのが、AKBのセクシーバージョンだという。
    「下着のような姿だけでなく、女の子2人がステージの上で寝そべり、体を上下に重ね合わせているような格好で歌うシーンもあるんです。もはや、エロ集団でしかありません」(同)

    こうした場面は、正式な配信映像としてネット上で公式的に販売されている。
    「ファンたちも、呆れています。長年、AKB48を追っかけてきたファンは、こぞって『AKBは終わった』と嘆いてます」(同)

    アダルトAKBならオジサンにウケる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16390785/
    2019年4月29日 15時0分 週刊実話


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【AKB48】 集客数激減で様変わり まるで“ストリップ”劇場化】の続きを読む


    「顔面最強女子」メドウズ舞良が北海道ランウェイ - 日刊スポーツ
    「顔面最強女子」モデルのメドウズ舞良(18)が地元・北海道の札幌市で開催されたファッションイベント「札幌コレクション2019」に初出演した。平成のトレンドを振…
    (出典:日刊スポーツ)


    メドウズ舞良(めどうずまいら 2001年1月10日 - )は、日本の女性ファッションモデル。北海道名寄市出身。TWIN PLANET ENTERTAINMENT所属。講談社「VOCE」専属モデル。 恋ステバンド「Lilac」のメンバーでドラムを担当。 父はカナダ人で名寄市立大学で英語を教える准教授、
    5キロバイト (494 語) - 2019年4月29日 (月) 12:03



    (出典 www.imanonitatsu.com)


    いいじゃないですか。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/27(土) 23:27:10.71 ID:OT2iS8Hn9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「顔面最強女子」モデルのメドウズ舞良(18)が地元・北海道の札幌市で開催されたファッションイベント「札幌コレクション2019」に初出演した。

    平成のトレンドを振り返るオープニングではヒョウ柄に身を包むギャルファッションでウォーキング。
    名寄市で生まれ育ち、故郷での初ランウェイに「札幌さすがです。地元ということもあって本当に楽しい」と笑顔。
    会場の北海きたえーるは高校時代、バレーボールの大会で訪れた思い出の場所。「あれから2年ちょっとしかたってないのに不思議な感じ」と話した。

    昨夏、美容雑誌「VOCE」が開催したオーディション「BEAUTY MODEL AUDITION~顔面最強女子決定戦~」で2415人の頂点に立ち、11月に同誌でモデルデビュー。
    3月に地元の高校を卒業して上京した。環境の変化で肌が少し荒れたが「名寄に帰ったら治った。
    水と空気が良いのかも」というほど故郷愛が強い。名寄観光大使を務めており、芸能活動では全力でアピールしている。
    今後も地元での活動を熱望しており「北海道といったら、やっぱり食べ物。関わるお仕事をしてみたい」と声を弾ませた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16383524/
    2019年4月27日 18時58分 日刊スポーツ


    (出典 botibotiaruku.com)


    【【メドウズ舞良】「顔面最強女子」北海道ランウェイ】の続きを読む

    このページのトップヘ