ニューストゥデイ

今日の自分が気になった出来事やキーワードのニュース、画像、動画、スレをまとめたブログ。
毎日更新できるようにしたいと思います。
自分の気になる2chまとめご覧いただいている方々と共感できれば幸いです。
ツイッターでもご覧いただけます。フォローお願いいたします。

    2018年10月


    【女性の方々のために】『向井理』画像まとめ


    高橋英樹、新ドラマで共演の向井理と2ショット「デカ顔で申し訳ない!」 - ニフティニュース

    俳優の高橋英樹が25日に更新した自身のアメブロで、俳優・向井理との2ショットを公開した。 高橋と向井は新ドラマ『リーガルV?元弁護士・小鳥遊翔子?』(テレビ朝日系)で共演。米倉涼子演じる元弁護士に乗せられ、『京極法律事務所』の代表弁護士となった京極雅彦を高橋が ...
    (出典:ニフティニュース)


    向井 (むかい おさむ、1982年2月7日 - )は、日本の俳優。 神奈川県横浜市出身。ホリエージェンシー所属。妻は女優の国仲涼子。 2人兄弟の弟。父親の職は自営業で、母親は元英語教師。わがままで生意気で、サッカーなどのスポーツばかりしている少年だったという。大の動物好きで、それが高じて獣医師を目指すようになっていた。
    41キロバイト (5,209 語) - 2018年9月3日 (月) 07:04



    (出典 geinoutime.com)



    【【女性の方々のために】『向井理』画像まとめ】の続きを読む


    NHK『まんぷく』ヒロインの安藤サクラは過去に艶シーン 吉高由里子、尾野真千子も
    NHK『まんぷく』ヒロインの安藤サクラは過去に艶シーン 吉高由里子、尾野真千子も  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    まんぷく』は、NHK大阪放送局制作で2018年10月1日 - 2019年3月30日(平成30年度後期)にNHKで放送予定の第99作目の連続テレビ小説。 インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福とその妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした、フィクション(制作発表は2017年11月14日)。
    14キロバイト (1,300 語) - 2018年9月30日 (日) 23:49



    (出典 pbs.twimg.com)


    2chの方々の分析力がすごいてす。

    1 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2018/10/01(月) 08:38:22.03

    【放送】 平成30年10月1日(月) ~ 平成31年3月30日(土)
    【制作】 日本放送協会 大阪放送局
    【作】 福田靖
    【モデル】 安藤仁子(安藤百福夫人)
    【主演】 安藤サクラ
    【音楽】 川井憲次
    【主題歌】 「あなたとトゥラッタッタ♪」 DREAMS COME TRUE
    【OP】
    【ED】 坂根久美
    【ナレーション】 芦田愛菜
    【演出】 渡邊良雄/安達もじり/保坂慶太
    【プロデューサー】 堀之内礼二郎
    【制作統括】 真鍋斎

    ◇公式サイト
    http://www.nhk.or.jp/mampuku/

    ◇前スレ
    NHK連続テレビ小説「まんぷく」 part7
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1537759574/


    【【解説】NHK連続テレビ小説「まんぷく」】の続きを読む


    「カニで顔を殴られた」 客のモンスタークレームに悩む従業員7割
    「カニで顔を殴られた」 客のモンスタークレームに悩む従業員7割  livedoor
    (出典:livedoor)


    埼玉の保育所長の自殺、公務災害に認定 モンスターペアレント対応原因 - 中日新聞 2008年1月10日付 ^ 東京海上日動「教職員賠償責任保険」保険規約を参照のこと。 ^ 「読売新聞「理不尽な親、疲弊する先生 学校の苦情対応外注」」 ^ 本間正人著『モンスターアレント―ムチャをねじ込む親たち』中経出版
    26キロバイト (3,832 語) - 2018年9月21日 (金) 17:31



    (出典 www.meitoku-office.jp)


    みんなイライラしてますね。

    1 nita ★ :2018/10/01(月) 08:27:58.18

     客の横暴がますますエスカレートしている。産業別労働組合のUAゼンセンが、タクシーやホテル、病院などで働く従業員ら約3万人にアンケートをしたところ、約7割が客や患者からの「悪質クレーム」に悩んでいる実態が明らかになった。精神疾患を発症した人もおり、深刻な実態に法規制を望む声も高まっている。(社会部 天野健作)

    ■「水を入れて飲め、豚」と暴言

     「だしがぬるく、交換を提案したところ、『水を入れて飲め、豚』とののしられた」

     「客が完食後に『まずかったからタダにしろ』と言われ、断ったら怒鳴られた」

     アンケートの自由記述欄には、従業員らの悲痛な声がつづられていた。

     ゼンセンがこうしたアンケートをやるのは初めてではない。昨夏にはコンビニやスーパーマーケットなど流通・サービス業に限定して実施し、同じように約7割が悪質クレームに悩んでいた。さらに実態を解明するため、今回は対象業種を拡大して調査した。

     調査によると、悪質クレームを受けたことがあると回答したのは約3万人中、約2万2400人。最も多かった行為(複数回答)は「暴言」が約1万4千件だった。「威嚇や脅迫」(約1万2千件)、「何回も同じ内容を繰り返す」(約8500件)が続き、「土下座の強要」も約1200件あった。

     こうした行為への従業員の対応としては、「謝り続ける」(35・8%)か、「上司に引き継ぐ」(29・4%)が大半。「毅然と対応した」は24・4%で、4人に1人しかいなかった。

    ■セクハラも横行

     悪質クレームはとどまることを知らず、刑事事件になりかねない事例もある。

     「持ち帰りした天丼のたれが車のシートにこぼれたから洗浄代を払え」というクレームがあった。たれがこぼれないようにするのは客の裁量であり、金銭を要求するのは恐喝罪に当たるだろう。

     「焼きガニを提供していた従業員が、客に『焼きが悪い』と言われ、カニで顔を殴られた」というケースは、暴行罪にも当たる。

     セクハラも横行している。

     「性的な内容を我慢して聞いていたら、エスカレートして尻や胸などを触られたり、抱きつかれたりした」

     「『肩をたたくのはセクハラにならない』と言いながら、意味もなく肩をたたかれた」

     特に患者と接する機会が多い「医療・介護・福祉」の分野では17%の人がセクハラの被害に遭っていた。

     こうした悪質なクレーム行為に、9割が「ストレスを感じた」と答えており、そのうち189人が精神疾患を発症しているという。

    ■原因は「ストレスのはけ口」

     なぜこのような横暴が増えてきたのか。

     その原因について、約27%が「顧客のモラルの低下」を挙げたほか、「ストレスのはけ口になりやすい」(22・7%)、「従業員の尊厳が低く見られている」(17・9%)も多かった。

     ゼンセンは8月、加藤勝信厚生労働相に対し、約176万筆の署名を提出。労働者を守るために事業者が講じるべき措置を定める法律の制定や、悪質クレームの実態調査を求めた。加藤氏は、まず実態調査をすると応じたという。

     ゼンセン総合サービス部門の古川大事務局長は「クレームには企業の今後の発展に資するものも数多くある。しかし、度を超えた犯罪的なクレームを何とか抑止、撲滅したい」と強調した。

     関西大の池内裕美教授(消費心理学)は「法律を制定して全国的に統一ルールをつくるのは難しいかもしれないが、自治体が条例を制定するなり、業界でルールをつくるなり規制が必要だ。そのためには、まず国を挙げて悪質クレームが問題になっていることを周知徹底するべきだ。消費者自身が怒りを抑え、寛容な心を持つことや、『賢い消費者』を育成するための消費者教育なども必要といえる」と指摘している。



     「悪質クレーム」 明確な定義はないものの、業界団体には「社会常識や社会通念を大きく越える迷惑な要求」という共通認識がある。その中には、要求の内容自体は問題がないが、要求態度に問題がある場合▽要求態度に問題はないが、要求内容が受け入れられない場合▽これらの複合型-などさまざまな類型がある。脅迫や暴力、セクハラなど犯罪行為に該当するケースもある。


    2018.10.1 08:00
    https://www.sankei.com/affairs/news/180928/afr1809280028-n1.html


    【【モンスター】「水を入れて飲め、豚」「まずかったからタダにしろ」「カニで顔を殴られた」 客の“モンスター”クレーム 従業員7割が悩む】の続きを読む


    貴乃花親方と元若乃花の絶縁「異父兄弟説」が元凶か 花田虎上は花田満氏の実兄の子説
    貴乃花親方と元若乃花の絶縁「異父兄弟説」が元凶か 花田虎上は花田満氏の実兄の子説  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    若乃花、若ノ花(わかのはな)は、大相撲力士の四股名。 若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱。花籠部屋所属。栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。 若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。二子山部屋所属。初代の弟子。 花田虎上(若乃花勝) - 第66代横綱。二子山部屋所属。初代の甥で孫弟子。貴ノ花利彰の長男で弟子。貴乃花光司の兄。
    1キロバイト (179 語) - 2017年11月24日 (金) 05:31


    蒸し返しています。

    1 Egg ★ :2018/10/01(月) 06:25:16.39

    角界に大きな衝撃が走った。9月25日、貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出したと発表したのだ。

    「貴乃花は今年4月に、相撲協会の理事を解任されています。いわゆる“貴の乱”の責任を取らされた形で、2階級も降格。一番下の“年寄”にされる処分でした。正直、貴乃花は協会内で居場所がない孤立無援の状態だったので、退職せざるをえなかったんだと思いますよ」(ベテラン相撲記者)

     かつて角界のヒーローだった貴乃花親方だが、その栄光には暗い話題がつきまとっていたのも事実。

    「宮沢りえとの婚約破棄に始まり、洗脳騒動、そして兄・若乃花との確執……。特に若乃花と10年以上前に絶縁状態になってから、貴乃花は完全におかしくなってしまったようなんです」

     こう語るのは、貴乃花親方の後援会関係者だ。最近の貴乃花親方の言動も、すべて若貴の不仲が“元凶”と見る向きも多い。

    「あの兄弟、もともとは大の仲良しだったんです。貴乃花が15歳で相撲部屋に入ると決意するや、勝(若乃花の本名)は“光司(貴乃花の本名)を一人で行かせられない”と言って自分も入門。その後、2人は身体が小さい分、誰よりも厳しい稽古を積んで、貴乃花が第65代、若乃花が第66代の横綱となり、相撲界初の兄弟横綱まで上りつめたんです。加えて互いを思いやり、切磋琢磨してきた戦友でもありました」(前同)

     そんな“日本一の兄弟”が、なぜ絶縁してしまったのか。

    「そこには、若貴2人だけにしか分からない“深い闇”があるんです……。実は、あの2人が絶縁したのは、“父親が違う種違いの兄弟では……”という話が大きな原因だと聞いています」

     こう重い口を開くのは、若貴の出生の秘密をよく知る元藤島部屋の関係者だ。仮にX氏としよう。

     今回本誌は、このX氏から、若貴兄弟の間に渦巻く、兄弟仲を引き裂いた“新事実”を取材することに成功した。まずX氏の激白前に、角界では以前から囁かれていた“若貴は父親が違う”という説の概要を説明したい。

    「まったく……誰も裏が取りようのない、信じ難い“異父兄弟説”が相撲界で今も飛び交っているんだけどね。中でも、まず最初に言われたのが、“兄の若乃花は、初代若乃花である花田勝治氏(故人)と、実母・藤田紀子さんとの間にデキた子”という、耳を疑うような話だね」

     こう語るのは角界関係者。ご存じ、若貴の母親は元女優の藤田紀子だ。その夫は、元大関の初代・貴ノ花の花田満氏(故人)。初代・若乃花は、満氏の実兄だ。

    「つまり、この噂でいくと、“紀子さんは夫の兄である勝治氏と密かに通じあっていて、そこに生まれたのが勝氏”ということになる。当事者である若乃花の耳にも、この話は入っているようです。本人はどう思っているんでしょうか」(前同)

    「輪島との間にできた子」という噂も
     にわかには信じ難い若乃花の噂だが、角界では以前から、悪意のある、さも“本当の話”のように語り継がれてきたのだという。だが、それだけではない。

    「“弟の貴乃花は、紀子さんと元横綱の輪島の間にできた子ども”という噂もある。確かに紀子さんと輪島は昔から親しく、紀子さんと満氏、そして輪島は一時、一緒に住んでいたほど仲が良かったと言います。また、貴乃花の身体つきが輪島に似て肩幅がガッチリとしていたことから、“貴の父親は輪島だ”という説が、一気に信じられるようになってしまったんです」(同)

     当然、こうした噂話を耳にすれば、貴乃花が心を痛めるのがよく分かる。ここから兄弟仲は狂い始める。兄弟の不仲が表面化したのは、2005年。父であり、親方である花田満氏が55歳の若さで“口腔底癌”で亡くなったときだ。

    「満氏が亡くなる直前、病院で闘病中の際、貴乃花は若乃花に対して病室への出入りを禁止。お見舞いもさせないようにしていたそうです。満氏が死去すると、遺体のある霊安室で罵り合う兄弟喧嘩をしたとも報じられました。以来、2人は一切、口をきかず、“絶縁関係”になったといいますよ」(病院スタッフ

    つづく

    日刊大衆2018年9月30日06時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_61259/

    写真
    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【貴乃花親方】“若貴絶縁”の元凶「異父兄弟説」の驚愕の新事実】の続きを読む


    『安藤政信』について動画をまとめてみた


    安藤政信はギャップありまくり! クールなイメージから一転、気さくなトークに親近感 - スポーツ報知

    俳優の安藤政信(43)が、公開中の映画「きらきら眼鏡」で初のがん患者役を演じている。先日行った単独インタビューでは、予想以上に安藤の胸中や素顔を垣間見ることができた。 初対面で緊張していた記者に「安藤です。何でも聞いてください」と気さくな言葉をかけてくれた。
    (出典:スポーツ報知)


    安藤 政信(あんどう まさのぶ、1975年5月19日 - )は、日本の俳優。所属事務所はフロム・ファーストプロダクション。 神奈川県川崎市出身。神奈川県立向の岡工業高等学校卒業。身長175cm。おうし座。血液型O型。 1994年、高校卒業前にスカウトされる(安藤は高校を留年している)。199
    15キロバイト (1,724 語) - 2018年9月27日 (木) 06:55



    (出典 365funbox.net)



    【【女性の方々のために】『安藤政信』動画まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ